個人ニュース

追われる日本、追いつく中国

「お客さまーっ!」、、、ビザの申請者に叫ぶ麻布の中国領事部に仰天(初回)。何とも形容し難くて面白く、伸び盛りで目が離せない中国の実相を内側から伝える。招かれた内陸の大学で日本語教師を務める著者の身辺備忘録でもある。

メルマガ情報

創刊日:2006-04-25  
最終発行日:2009-09-21  
発行周期:3週間毎  
Score!: 90 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

最新記事

最新のコメント

  • 名無しさん2008-11-17 11:45:54

    小生も中国駐在経験者ですが、最終行の「日本側により大きい課題がありそう」とのご見解には、まったく同感です。

    隣人を理解して、その上に立った付き合い方と言うのは、本来の日本文化の良いところのはずですが、国際間には隣人意識が機能しないのでしょうかね。

  • 名無しさん2007-10-27 20:17:36

    納得できる視点での文章に満足です。

  • エトーシャ2006-12-17 00:46:24

    追加です。私は先月瀋陽に一人で旅行。空港やホテルで席を譲られたり、荷物を助けてもらったりと何度も親切にしていただき、国内出張時よりレディーファーストを多く経験し、これもまた中国なのだと学びました。老子さまのご健勝をお祈りします。

  • Laoshi2006-12-14 16:29:10

    私も中国で老師生活をしていたことがあります。日本では譲られたことは無いのですが、よく譲られましたよ。乗り込むときの無秩序さとのギャップがよくわかりませんね。

     老師さま、ご健闘をお祈りしています。

  • プー太郎2006-11-24 14:46:32

    中国人の悪口を言ってはいけないと思います。「タオ」の国に侵略者日本人ごときが評論する立場にない!!