トップ > ニュース&情報 > 個人ニュース > 追われる日本、追いつく中国

追われる日本、追いつく中国

RSS

「お客さまーっ!」、、、ビザの申請者に叫ぶ麻布の中国領事部に仰天(初回)。何とも形容し難くて面白く、伸び盛りで目が離せない中国の実相を内側から伝える。招かれた内陸の大学で日本語教師を務める著者の身辺備忘録でもある。



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


メルマガ情報

最終発行日:
2009-09-21
発行部数:
58
総発行部数:
2218
創刊日:
2006-04-25
発行周期:
3週間毎
Score!:
90点

最新のコメント

  1. 小生も中国駐在経験者ですが、最終行の「日本側により大きい課題がありそう」とのご見解には、まったく同感です。
    隣人を理解して、その上に立った付き合い方と言うのは、本来の日本文化の良いところのはずですが、国際間には隣人意識が機能しないのでしょうかね。

     2008/11/17 このコメントがついた記事>>

  2. 納得できる視点での文章に満足です。

     2007/10/27 このコメントがついた記事>>

  3. 追加です。私は先月瀋陽に一人で旅行。空港やホテルで席を譲られたり、荷物を助けてもらったりと何度も親切にしていただき、国内出張時よりレディーファーストを多く経験し、これもまた中国なのだと学びました。老子さまのご健勝をお祈りします。

    エトーシャ 2006/12/17 このコメントがついた記事>>

  4. 私も中国で老師生活をしていたことがあります。日本では譲られたことは無いのですが、よく譲られましたよ。乗り込むときの無秩序さとのギャップがよくわかりませんね。
     老師さま、ご健闘をお祈りしています。

    Laoshi 2006/12/14 このコメントがついた記事>>

  5. 中国人の悪口を言ってはいけないと思います。「タオ」の国に侵略者日本人ごときが評論する立場にない!!

    プー太郎 2006/11/24 このコメントがついた記事>>

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. ワールド・ニューズ・メール

    最終発行日:
    2016/11/25
    読者数:
    1094人

    国内・海外のライターが、現地の目と日本人の目で多角的に分析したレポートです。毎週1回の配信で、世界を一つかみして下さい。

  2. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2016/12/02
    読者数:
    23725人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  3. 週刊 なるほど!消費税

    最終発行日:
    2016/11/13
    読者数:
    3009人

    消費税をきちんと理解していれば、納税義務が出ても慌てる事はありません。このメルマガでは消費税の仕組みから「この取引は課税?非課税?」といった実務的な内容まで、わかりやすく解説していきます。

  4. 3分で読めるアメリカ経済情勢ニュース

    最終発行日:
    2010/04/05
    読者数:
    880人

    外資系通信社で日米の政治、経済、マーケット、金融のニュース速報の最前線で活躍してきた筆者がアメリカの株・債券・為替市場やホワイトハウスや米議会、米連邦準備理事会の要人コメント、経済指標を分析します。

  5. 世界の新聞「101紙」の視点

    最終発行日:
    2015/07/05
    読者数:
    1161人

    「社説を読み比べる」という概念を日本で初めて提案した媒体。国内主要新聞の本日の朝刊一面トップ記事と社説、中国・韓国主要紙の社説、他世界各国の日本語版メディアをご紹介しています。表題のみ広く浅く眺めるもよし。気になる記事を深く読むもよし。自由にご活用下さい!

発行者プロフィール

過去の発行記事