語学

白き雫

これから、英語で官能小説の古典を読んでいきます。当面は19世紀末から20世
紀初頭までのヴィクトリア王朝時代のアングラ本が中心になると思います。

全て表示する >

 白き雫・・・NO.2

2006/05/04




○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

○ 白き雫・・・英語官能小説古典への誘い NO.2  
○    
○                  2006-5-4 発行 
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○


My Secret Life   by Walter       no.002

---------------------------------------------------------


ウォルターの幼い日の想い出もいろいろあるのだが、そういうのは大体省い
て、彼の家でパーティか何かがあったとき、彼が覗き見をする場面を選んでみ
る。彼はこうした盗み見に異常な興味を持っていたようである。当時としては
珍しかったかも知れない。

There was a girl, or young woman, with her back to me, brushing her 
hair, another was standing by her, one took a night gown off the chair,
shook it out, and dropped it over her head, after drawing off her 
chemise. As this was done I saw some black at the bottom of her belly, 
a fear came over me that I was doing wrong and should be punished if 
found looking, and I laid down wondering at it all; I fancy I again 
slept.

chemise: シュミーズ、シミース
fancy: 〜のような気がする

夜中に目覚めたら、2人の女性がカーテンの向こう側にいた。親戚の娘たちだ
ったのかもしれない。母からきつく言われていたせいもあるが、恥毛を見て怖
くなったのである。

しばらくしてウォルターはまた目が覚めた。するとどうやらおしっこをしてい
る音が聞こえてきた。これにも彼は興味があった。当時はトイレなどは一般的
ではなくて、どうやら室内便器を夜には使っていたらしい。

Then there was a shuffling about, and again it seems as if I heard a 
noise like piddling, the light was put out, I felt agitated, I heard 
the women kiss, one say "Hish! you will wake that brat," then one said,
 "Listen" then I heard kisses and breathing like some one sighing, I 
thought some one must be ill and felt alarmed and must then have fallen
asleep. I do not know who the women were, they must have been my 
cousins, or young ladies who had come to the dance. That was the first 
time I recollect seeing the hair of a cunt, though I must have seen it 
before, for I recollect at times a female (most likely a nursemaid) 
stand naked, but don't recollect noticing anything black between her 
thighs, nor did I think about it at an afterwards.


shuffle: 足を引きずって歩く
piddle: おしっこをする
hish: シッ!
brat: がき、子供、ちび、ウォルターのこと
cunt: 女性器
recollect: 思い出す

どうやらカーテンを隔てて2人の女がいるようなのだが、2人は愛人関係ででも
あったのだろうか?もちろん彼女たちが誰であったかは、ウォルターには最後
まで分らなかった。

恥毛を、それを通じて女を、はっきりと意識したのはこの時が初めてだったよ
うだ。それまでにも若い乳母とか家庭教師などから、いろいろと悪戯などをさ
れてはいたようであるが、それが何を意味するかは分らなかったのだろう。


---------------------------------------------------------

原文は次で読めます。
http://www.my-secret-life.com/

---------------------------------------------------------

このメルマガは、「メルマ」で発行しています。
登録・解除は次のサイトあるいは下記のHPから、お願いします。
『メルマ』   http://www.melma.com/     (ID:00159659)

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

メール : kyuuchan777@mail.goo.ne.jp
BLOG:     http://blog.goo.ne.jp/kyuuchan777/

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○





 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2006-04-22  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。