語学

白き雫

これから、英語で官能小説の古典を読んでいきます。当面は19世紀末から20世
紀初頭までのヴィクトリア王朝時代のアングラ本が中心になると思います。

全て表示する >

 白き雫・・・創刊号

2006/04/29


○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

○ 白き雫・・・英語官能小説古典への誘い 創刊号
○    
○                  2006-4-29 発行 
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○


My Secret Life   by Walter       no.001

---------------------------------------------------------

これから、英語で官能小説の古典を読んでいきます。当面は19世紀末から20世
紀初頭までのヴィクトリア王朝時代のアングラ本が中心になると思います。姉
妹メルマガ「紅き雫」を発行するに当たって、ネットで古典といわれるこうし
た英語の官能文学を一応調べてみました。

当初ネットでの英文が余り手に入らないかと思いましたが、Walterの「我が秘
密の生涯」を初め、「ファニー・ヒル」や「アラビアンナイト」は手に入るこ
とが分りましたし、他にもいろいろあるようです。「紅き雫」は。現代物と古
典を両方扱うことに変わりはありませんが、「白き雫」の場合はテキストをも
っと丁寧に読んでいくかと思います。もしかしたら、最初の「我が秘密の生涯」
は1年くらいかかるかもしれません。

英文と、単語・語句・説明などと併せて、感想を書きつづるのも「紅き雫」と
変わりはありませんが、こちらは一応日本語訳を考えています。


My earliest recollections of things sexual are of what I think must 
have occurred some time between my age of five and eight years. I tell 
of them just as I recollect them, without attempt to fill in what seems
probable.

She was I suppose my nursemaid. I recollect that she sometimes held my 
little prick when I piddled, was it needful to do so? I don't know. She
attempted to pull my prepuce back, when, and how often, I know not. 
But I am clear about seeing the prick tip show, of feeling pain, of 
yelling out, of her soothing me, and of this occurring more than once. 
She comes to my memory as a shortish, fattish, young female, and that 
she often felt my prick.


書き出しの部分です。長い旅になると思いますので、最初の部分はそのまま載
せておくことにしました。

まずは短い文章だが、単語だけ上げておくと、

recollection: 思い出、追憶
nursemaid: 子守り女
prick: ペニス
piddle: おしっこ
prepuce: 包皮
soothe: 〜をなだめる、落ち着かせる
shortish: やや短い
fattish: 太りぎみの 

辞書は、必要なときには原則としてネット版の「英辞朗」を利用していきます。
適宜他の辞書もを使いますが、それらをあげることはしません。

訳は大意にするか、意訳にするか、まだ決めていません。

作者のウォルターは、若いときから自分の性行動に関してはかなり詳細なノー
トをつけていたようです。もちろんここに述べられているのは、まだ5歳くら
いのときでしょうからそんなわけにはいきませんが、後まで読むと従兄と話し
ていて幼かった時のことを思い出したと、何回か書いてありますから、思い出
としては後になって確認したのでしょう。

推測ではなく、事実だけを書いていくというのがウォルターの態度です。まず
最初は、子守娘から包皮のペニスを弄くられた思い出です。裕福な家の息子で
あったウォルターにとって、専用の子守とか家庭教師がいたようですから、多
くいた女の使用人も含めて、そうした女たちとの関係で性に目覚めていきます。


原文は次で読めます。
http://www.my-secret-life.com/

---------------------------------------------------------

このメルマガは、「まぐまぐ」と「メルマ」で発行しています。
登録・解除は各サイトあるいは下記のHPから、お願いします。
『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/     (ID: )
『メルマ』   http://www.melma.com/     (ID:)

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

メール : kyuuchan777@mail.goo.ne.jp
HP :      http://mahorobalove.hp.infoseek.co.jp/index3.html
BLOG:     http://blog.goo.ne.jp/kyuuchan777/

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○





 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2006-04-22  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。