冠婚葬祭

納得お得!お墓と仏事の特選情報源

消費者目線での霊園レポート、お墓や仏事に関するコラム、墓石を中心とした石にまつわるうんちく話、霊園実勢価格調査など盛りだくさんの記事内容。これから墓地をとお考えの人も、そうでない人も一読の価値ありです。

メルマガ情報

創刊日:2006-04-17  
最終発行日:  
発行周期:月間  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガはサンプル記事のみ表示されています。

このメルマガはサンプル記事のみ公開されています(最新号を読むにはメルマガ登録が必要です)

サンプル記事

2000/01/01

o○。
┏○━━━━━━━━━━━━━┓
○。知りたいあなたにこたえます。o0○
┗━━━━━━━━━━━━━━┛
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 

        納得お得!お墓と仏事の特選情報源 

                    第1号
                     06’4月20日発行
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

  ・゜'・☆・,。・:*:゜'・☆☆・,。・:*:・゜'・☆・,。・*'・☆・,。
目次
1*Go!Go!霊園見学レポート!
2*徳留佳之の「お墓だけとは限らない!」
3*Mr.大川「石のうんちく話」
4*首都圏霊園 実勢価格・
5*中国特派員  rin先生 中国石事情
*編集後記

:*:・゜'・☆・,。・:*:゜'・☆☆・,。・:*:・゜'・☆・,。・*'・☆・,。
 '・☆・,。・:*:'


皆様こんにちは!
今月新創刊となりました「納得!お墓と仏事の特選情報源」担当の植田です

「納得!お墓と仏事の特選情報源」では、皆様の知りたいに答えられる紙面作りを目指しています。
さて、新緑のさわやかな季節がやってきました。紫外線も日ごとに強くなる季節でもありますが、

今月も霊園情報、仏事情報もさわやか〜に(!?)お伝えしてまいります。


┏━┓
┃1┃ Go!Go!霊園見学レポート
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 今月のチェック霊園は、江戸川区松本の                              
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃○。o   ×○×霊園 o。。○┃ 
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━┛です

アクセス    ★☆
ロケーション  ★★
設備           ★★★★
管理体制       ★★★

┏━━━━┓
┃★ココに┃いつでもお花を絶やさない霊園を心がけているそうで
┃ 注目!!┃園内の墓所には、全てお花のポットが配置されていま
┗━━━━┛す。
      
      

■本日の支出 1,980円■■
  交通費 1,000円
     (電車290円×2 バス210円×2)
  その他 昼ごはん 980円


今回の霊園は、荒川から程近い×○×霊園に行ってきました。

“新宿駅”から出発しました。今回は都営地下鉄新宿線を利用
しましたが、JR総武線、営団地下鉄東西線も利用でします。

都営地下鉄新宿線では、「東大島」駅で下車後、バスで4分。
徒歩だと12分。ということで、思い切って徒歩で行ってみました。
日頃の運動不足を解消するためと、歩くのも天気がいいときは○
ですが、雨でも降っていたら、ちょっと考えちゃう距離ですね。
…やっぱりバスかな


0:00霊園に到着!
自分の家のお墓は、埼玉県のとある霊園で割りと大きい区画だったので都内の霊園の墓地の小ささには、ちょっとびっくり!!
でも、都内は殆どがこんな感じなんです。まぁ大きければいいというものでもない気はしますし。このコンパクトさが統一感があって、マッチしているので小さ〜い という印象もあまり感じませんでした


設備について
近代的な管理塔の中には、礼拝堂、会食場とちょっと一休みできるロビーもとてもきれいでした。

と ここでお昼時ですし、ランチにしようっと・・・・
この辺りで食事できそうなところは〜と探すことに


※以下、(霊園写真、残区画、管理体制、価格など)
 http://www.e-boen.com/tokutome.htm に続きます。



┏━┓
┃2┃ 徳留佳之の「お墓だけとは限らない!」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓○
 ┃○。「埋め墓」と「参り墓」の2つの       ┃
 ┃        墓を持つ「両墓制」を学ぶ 。。○ ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

日本でのお墓の歴史をひもといていくと、必ず遭遇する興味深い事実があります。両墓制(りょうぼせい)です。中世末から明治初期にかけて見られた風習で、いまでも一部地域で残っています。

 死体を埋葬した上に石塔を建て供養の場とするのが通常のお墓(単墓制)ですが、死体を埋葬した場所(埋め墓)とは別の所に石塔を建て、それを死者の霊を祀る対象(参り墓)とするのを両墓制と言います。

昭和4年に、柳田国男が「葬地」と「祭地」という分け方で言い出したのがきっかけ知られるようになり、昭和11年に両墓制と命名されました。埋め墓は、現地でも、埋け墓(いけばか)、捨て墓、身墓(みばか)、サンマイ(仏教用語の三昧)などさまざまな言い方があり、参り墓(詣り墓)も、祭り墓、空墓(からばか)、清墓(きよめばか)、ラントウ(卵塔)、石塔墓など、いろいろな呼称があります。

埋め墓は、集落から離れた場所に設けられることが多いのに対し、参り墓は、
寺院やその周辺に多くつくられました。埋め墓は、簡単な墓標を建てたり自然
石を置くケースもありますが、多くは、土饅頭程度の印以外には何も残しませ
ん。
つまり、忘却にまかせ、年を経ればそこに別の死者を葬り、以前の埋葬者が
埋められた場所はわからなくなることが大半でした。

※以下、 http://www.e-boen.com/tokutome.htm に続きます。



┏━┓
┃3┃ Mr.大川「石のうんちく話」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 今月のテーマは
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃○。o 墓石の今昔違いは何?o。。○
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛です

 どんな方でも、祖先が有り先祖が祀られている墓があるはず。若しくはあった
はずです。代々の墓というと、怪談に出てくる様な傾いて、崩れかけた墓石を
思い浮かべる人も多いでしょうが、実際はそうなる前に直したり、新しく造りな
おしたりしますので、なかなかお目にかかれません。

 しかしこれから墓石を建てようとする方の中に、「古くなっても、崩れないよ
うな墓石が良い。」とおっしゃる方も少なくありません。これは前述したような
意識が根底に有るのと、実家の墓石がまさにそうだったという、実体験も少なか
らずあるようです。

 昔のお墓と今のお墓の大きな違い、それは素材です。機械がまだ単純作業をや
っとこなせる程度だった明治から昭和初期までは、ほとんど墓石の加工は人手頼
みでした。当然、非力な人力では、柔らかい石の方が加工し易く、硬い石ですと
、形にするだけで数ヶ月もかかってしまう様でした。現在、新規に建立される墓
石の99%を占める「御影石」など昭和初期までお大尽の建てる墓石だったので
す。

 今や、機械が墓石の研磨までこなせるようになり、ぴかぴかの御影石が全国各
地で古い墓石にとって換わろうとしています。堆積岩や大理石に代表される変成
岩に比べると、超高温、超高圧で造られた花崗岩である御影石は、数倍から数十
倍の強度を持ち、耐候性も申し分有りません。そのため艶持ちが良く、少しの変
化も気にする日本人には、ぴったりの素材なのです。自然な状態での耐久力は数
百年〜数千年と言われています。

 ただし、百種類以上もある墓石の素材が全て、未来永劫ぴかぴかで、いつも気
持ち良くお墓参りというわけにいかないのが難しいところです。完成した墓石の
運命は、素材の質と磨き加工によって大きく左右されてしまうのです。このうち
磨き加工は墓石会社に任せてしまうことになりますので、墓石会社の選択も重要
です。

 素材はリーズナブルなものもあれば、信じ難いような高値のものもあります。
概ね、高い素材であるほど質も高いのですが、ふつう同じ価格帯の中に何種類か
の素材があります。選択の基準は、艶持ち、色落ち等の経年変化への耐久力→好
みの順が良いでしょう。ここまで来ると、おのずとお勧めできる素材が決まって
きます。最新の墓石材に対する個別のご紹介は、次号でいたしますので、お楽し
みに!

┏━┓
┃4┃ ただいま売出し中 ○月にチラシの入った首都圏の霊園
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓





┏━┓
┃5┃ 中国特派員 linさん 「中国石事情」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 日本の皆さんコンニチワ!私は、林慶国と申します。
現在、日本で建てられている墓石の8割は、我が国で製品に加工されて輸入され
ているのを知っていますか?石の原産国は、広く世界に広がっています。アジア
では、我が中国以外にインドと韓国が有名です。フィンランドやノルウェーと言
った北欧の国でも綺麗な素晴らしい石が採れています。南アフリカといったアフ
リカの国も注目されています。中国では、こうした国からの原石も輸入して製品
として加工して日本へ輸出しているのです。そんな中でも中国の産出量は、抜き
ん出ています。

 


┏━┓
┃*┃ 編集後記
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

最後まで読んでくださり ありがとうございました 
いかがでしたか?納得お得!お墓と仏事の特選情報源創刊号は・・・ 
楽しんで頂けましたか?

私事ですが、花粉症とは無縁の私、花見の席では十二分に楽しんでしまいました。
その席で「天然微発泡の純米酒」を初めて飲みその華やかな味にとりこになって
しまいました。日本酒はきらいじゃない私・・・ 飲みすぎないよう気をつけねば

では
来月も皆さんに お会いできることを楽しみにしています

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<
 ■納得お得!お墓と仏事の特選情報源   No.000   2006/04/20
  発行:イオ(株)  発行人:上野国光   
 *本メルマガへのご意見等は  info@e-boen.com
 *変更・解除希望は、http://www.e-boen.com/mag/ 
>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<

最新のコメント

  • コメントはありません。