その他健康

健康と雑学

少しでも健康な生活づくりの折り目をつくってもらうために、毎月の努カ目標、チェックポイントをまとめたものです。ぜひ活用して下さい。

メルマガ情報

創刊日:2006-04-13  
最終発行日:2007-04-14  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガはサンプル記事のみ表示されています。

このメルマガはサンプル記事のみ公開されています(最新号を読むにはメルマガ登録が必要です)

サンプル記事

2000/01/01

 世は健康プーム花盛りです。
健康についての理解と関心がもたらしたのであれぱ心配はありませんが、
病気に対する不安の裏返しのような面も否定できません。
健康のためにジョギングしているというより、ジョギングができるのはガンにはなっていないからだと思いたいから走っている人もいるようです。飲み過ぎ、食べ過ぎをしたいために事前に消化剤を飲む人も似たりよったりです。
自分では健康な生活を送っているつもりでも、実像もあれぱ虚像もあるのが
現実です。虚像がブームになっては、なんのための健康づくりか分かりません。
 自らの健康は自ら守らねばならぬ時代です。先人が体に汗して明目のユートピアを夢見てがんぱって築いた日本で、わたくしたちは、先人が想像もしなかった豊かな生活をエンジョイしています。しかし、生活習慣病を筆頭に
いろいろな病気に悩まされ、弱くもろくなっています。
文明史が指摘するように"文明がすすめぱすすむほど人間は病のとりこになってしまう"のでしょうか。
 家族みんながすこやかで、生きがいのある生活が送れることは最高の幸せであるはずです。しかし、わたくしたちが当然だと思っているライフスタイルに安住することは、健康のレベルを低下させ不健康への道を歩いていることの
認識をもつ必要があります。いかに不健康な生活の枝を下ろし、
芽を摘みとるかがかぎになっているといっても過言ではありません。
 なんといっても、今のわたくしたちの生活に健康についての折り目がなくなっているのが一番の間題です。病気になって痛みに苦しむ時、健康のありがたみを感じ、これからは気をつけようと思いながら、痛みや不調から解放されると、のど元過ぎれぱのたとえのように、元の木阿弥になりがちです。

最新のコメント

  • 名無しさん2007-04-15 00:00:26

     もう4月です。時期的に遅い情報ですね。