その他芸術

先週の展覧会

コレクターの目で見た展覧会の情報
絵画、版画、写真を中心に好みのままに先週回った展覧会

全て表示する >

先週の展覧会No0351

2003/12/25

祝日に少し回ったので今年最後のマガジンを送ります

23日 新橋 東京アートファクトリー 楽園の記憶2展(12/22〜28)

15人のグループ展。平面主体だが彫刻もあった。アウトサイダーアート系の
立島夕子を見に行ったのだが、他に同系統の伊藤洋子というサインペンと思
える作品の作家が出ていた。立島は小品3点と30号ぐらいを1点出していたが
インパクトの強い作風は相変わらずでなかなか良かった。伊藤はカラフルな
線描主体の具象だが夢の世界のような不思議な世界を描いていてなかなか
面白かった。

銀座 小野画廊? 竹島三樹展(12/22〜27)

横尾忠則のポスター作品のような感じの作風だが大きさが小さいのでパンフと
いった感じの作品。ちょっとレトロな感じの古い写真などのコラージュをパンフ
やポスター風に仕上げている。

小野画廊? 藤原秀之展(12/22〜27)

時計の部品などを組み込んだボックス作品。白く塗られた板の一部に穴があり
時計の部品などが埋め込まれておりそれが覗いているといった作品。

スペース KOBO&TOMO フランク・ロビション展(12/21〜28)

パースペクティブをテーマにした写真。海辺の突堤など遠くへ延びていくような
感じの風景を撮った写真。

巷房 出久根 育展(12/21〜28)

混合技法の暗い作品だが物語性のある作品で独特の味のある作品。油は
みんな売れておりファンがいるようだ。他にエッチングの作品

ギャラリー銀座フォレスト Sato Keeko展(12/22〜27)

淡いパステル調の作風でなかなかきれいな作品。人物はデザイン的だが
メルヘンチックな所もあり面白い作品。

神田 アートギャラリー環 環展(12/2〜26)

女性作家5人の人物をテーマにした展覧会。それぞれ特徴のある作風の
作家だったが日本画の小田恵理子の作品が線描や手型を使った作風など
技法的にも面白く良かった。他の作家も作品にそれぞれ個性があり良かった

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-09-07  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 95 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。