その他芸術

先週の展覧会

コレクターの目で見た展覧会の情報
絵画、版画、写真を中心に好みのままに先週回った展覧会

全て表示する >

先週の展覧会No0126

2001/07/02

6月30日 目白 目白ギャラリー 内宇宙の鼓動展(6/16〜6/30)
 
この展覧会の前にやっていた松岩邦男を中心にした7人のグループ展。谷神健二、小野田維
など知っている作家が出ていたので見る。谷神さんは、珍しく30Sの大きな作品を出していた
混合技法の幻想系の作家が多いが、彫金のアクセサリーもあり雑多な展覧会
 
恵比寿 スタジオエビスフォトギャラリー 池尻清展(6/21〜7/10)
 
千葉節子を撮った写真と彼女の詩のコラボレーション。詩は写真の表面に書かれている
以前にも四谷のMoleでやっていたが、池尻は好きな作家だがこのシリーズはあまり面白くない。
 
銀座 Space Kobo & Tomo 榊原斎展(6/18〜30)
 
赤外線写真のような不思議なハレーションの有る風景写真。独特の静けさが有るなかなか
良い写真だった
 
銀座 ギャラリー田中 花岡和夫展(6/21〜30)
 
ガラス彫刻と言えるグラヴィールの展覧会。コップなどの1万円以下の作品もあるが
良い作品は20万円前後でなかなか高い。2、3好みの作品もあったので手頃な作品
があれば今後買っても良いかもしれない。
 
銀座 ギャラリー・アート・ポイント 玉木之子展(6/11〜30)
 
ゴム・ひもをワックスで圧着したドローイングやモノタイプの展覧会。人物のような作品が
主体だったが独特の技法で変わった感じのする作品で面白かった。
 
青山 ときの忘れもの 瑛九展(6/15〜30)
 
油と版画・写真の展覧会。油は30号の作品もあり良い作品が出ていた。瑛九はこのところ
評価が高まっているようであるが、あまり良い作品は見ないので良い展覧会といえる。
 
神宮前 スカイドア・アートプレイス青山 森田恭通展(6/29〜7/14)
 
ボックスの中に写真(ポジ)を入れて赤いライトで照らした作品。展示スペースを通路状にしており
怪しい雰囲気。写真自体は室内風景と言った写真でこれと言ったものは無かった。
 
神宮前 ミズマ・アートギャラリー 加藤好弘展(6/26〜7/14)
 
立体夢タントラと言う、4面を襖絵で作った部屋の作品がメインの展覧会、他に版画の小品多数と
10〜20号ぐらいの作品。サイケ超の色彩と過激な作品に特徴があるが、2、3面白い作品も
あったが買うほどではなかった。
 
神宮前 フェアリー 大野幸生展(6/29〜7/10)
 
バレリーナ・ドールの展覧会。人形を大野さんが作り、衣装は別に作っているらしい。同じ人形が
数点有り、別の衣装を着ている。30CMぐらいだが細密に出来ており、立体作品は買わないが
興味深い作品。値段も7、8万ぐらいで意外と安い。
 
石川町 ギャラリーパストレイズ 須田一政(6/8〜7/7)
 
RUBBERというラバーフェチのポラロイド写真のシリーズの写真展。ポラロイドの独特の色彩と
ラバーの独特の輝きが不思議な世界を作っている。ただし、普通のサイズのポラロイドのため
1点ずつの作品ではあまり面白味が無い。展示も何点か組にして額装して展示していた。
とわ言え値段が高く買う気にはならない。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-09-07  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 95 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。