その他芸術

先週の展覧会

コレクターの目で見た展覧会の情報
絵画、版画、写真を中心に好みのままに先週回った展覧会

全て表示する >

先週の展覧会No0121

2001/05/29

5月22日 千駄ヶ谷 七彩ショールーム 江面日出男展(5/9〜23)

マネキン会社のショールームなのでガラス張りの変わった空間。宗教画風の天使やキリストを
描いた大作、やや小さい50号ぐらいの作品だけが99年の作品で、あとは100号以上の作品
新作は、旧作に比べて明るくなっており光のイメージが強い。ヘヤメイクやメイクアップをやって
いた作家でショールームらしくマネキンも飾っており、その髪と、顔のメイクもやったとのこと。

26日 高円寺 イル・テンポ マリオ・A展(5/12〜6/9)

ネオ・ジャポニズムという外国人から見た日本の女性と言ったシリーズの展覧会。ヌードが多く
好みの作品もあったが買うほどではなかった。

九段 空木 韮澤朋広展(5/14〜26)

写真をもとにした水彩とエンピツなどの作品。小さい作品が多かったが独特なマチエールでな
かなか良かった2点ほど気に入った作品があったので安ければ買おうと思ったが、学生で今
回は売らないとのこと。プロとしてやって行くつもりなら、作品は何時でも金に換える気概が必要
と思う。

銀座 望月画廊 EXIT展(5/21〜26)

独立に出している作家のグループ展。コレクションしている田口貴大さんが出しているので見る
立体と組み合わせた日本画は独特の技法で相変わらずだが面白い。裸婦と蛇の組み合わせ
なども好みなのだが、独立に出す作品なので100号と大きく買う作品ではない。

銀座 東邦アート 栗原一郎展(5/14〜26)

ドローイングの展覧会でかなりの作品があった。いつもの作品と言った感じだが線の表現には
それなりのものがある。

銀座 ギャラリーNike Nikeの会(5/21〜6/2)

混合細密系の4人展、馬場京子、中川奈哥子は作品ももっているので知っているが、佐藤真生、
西川正美は知らない作家。佐藤は有元風のフレスコで素朴な感じ。ばばの作品に1点気に入った
作品があったが今回は自重しておく。

27日 渋谷 美蕾樹 成田尚哉展(5/19〜6/3)

北川健二に習っていると言う、ボックスの作品。確かにかなり似ている印象ボックスにしては3万
から8万ぐらいと値段は安かった。

石川町 パストレイズ 森本洋充(5/12〜6/5)

銀座の西村などでもやっているニューヨークにいる作家、実家が横浜にありパストレイズでもやる
ようになったようだ。4×5のプラチナプリントの作品で和紙とトレーシングペーパーのような紙に
プリントしている。人物と室内風景、静物と言った作品で静かで落ち着いた印象の作品。プラチナ
プリント独特の粒子が浮くような独特の味があり面白い作品。以前薄い和紙にプリントしたゼラチ
ンシルバーの作品を買っておりプラチナの作品も欲しいと思っていたが、今回コレクションの系列
に合う作品があり無理して買うことにした。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-09-07  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 95 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。