その他芸術

先週の展覧会

コレクターの目で見た展覧会の情報
絵画、版画、写真を中心に好みのままに先週回った展覧会

全て表示する >

先週の展覧会No0119

2001/05/14

5月19日 銀座 彩鳳堂画廊 榎 俊幸展(5/7〜19)

人物と植物や昆虫など、人物は大きな作品が多く植物などは小品だった。ややマットな色調の
細密描写に特徴があり比較的好きな作家である。今回も50Fの「ZONA」と言う裸婦がなかな
か良く特にその不思議な微笑の表情が気に入った。

銀座 柴田悦子画廊 松谷千夏子展(5/7〜19)

花と人物の日本画、人物が薄塗りで線を生かした表現で、イラスト的な印象もあるが面白かった。

京橋 ギャラリー戸村 小嶋悠司(5/14〜6/9)

暗い色調の日本画は、宗教の影響と言うか、生、死と言ったものを連想させる作品群。好みの
作品ではないが作家としての力は感じられる。

ギャラリー椿 高坂和子展(5/14〜26)

北海道の作家東京では初めての個展らしい。100号ぐらいの大作が主体で、小部屋に少し小品
がある。典型的な写実の作品と言うのか、森や叢の目に止まった場所をそのまま丹念に描いた
と言った作品。しかし、あまりに本人の感動が単純な性か、画面からこの光りに感動したな、と
言ったことが非常に素直に伝わってくる。そういった意味では、近年珍しい素朴な作品と言える。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-09-07  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 95 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。