その他芸術

先週の展覧会

コレクターの目で見た展覧会の情報
絵画、版画、写真を中心に好みのままに先週回った展覧会

全て表示する >

先週の展覧会No0114

2001/04/02

3月31日 雪混じりの雨であまりまわらなかった。

銀座 ギャラリーミリュウ 根橋洋一展(3/23〜4/4)

妖精・チルドレンの副題のように、ちょっと太目の可愛い少女を鮮やかな
色彩で描く作家。小品展で値段も3万円ぐらいからで、まだ安いと思う。
花や、猫、金魚、トカゲ当と組み合わせた作品が多く、何しろ色が鮮やかで
POPな作品。アクリルのようだが油の作品。SMの猫少女を年末払いで
買うことにした。

京橋 ギャラリー椿 開光市展(3/26〜4/7)

NiCAFのギャラリーゆたかにもでていたが、良く売れていると思ったら
作品が無いので売れている作品を持ってきたらしい。今度のNiCAFは入
場者数はまずまずだが売れ行きのほうはいまいちらしい。椿の方の作品
は良く売れており、小さいサイズの25万円の作品はほとんど売れていた。
変わった板に書いているが、陶芸などで使う粘土を捏ねる板らしい。
開は、良い作家と思うが好みとちょっと違うので買わなかった。

京橋 東邦画廊 楊  展(3/12〜31)

日本に住む中国の作家だが、水墨画風のアルミ箔地の人物画に特徴が在る
風景のエンピツ画も出していたが、そちらは感心しなかった。人物画は独特の
雰囲気もあり良い作家と思うがちょっと好みと違うので、ずいぶん熱心に勧めら
れたが買わなかった。

最近コレクションについて考えていることは、1000、100、10と言うことである
コレクターとして400点以上集めたが、やはり1000点は集めないとそれなりの
コレクターとは言えないように思う。しかし数だけ集めれば良いと言うことではなく
その中で、100点ぐらいはどこの美術館に出しても恥ずかしくないような質の高い
作品を持ちたいと思う。さらにその内、10点くらいは、その作家の代表作と言える
作品を持てればと思う。現在持っている作品の中では、自己評価ではそれぞれ
30〜40点、2点と言ったところか。まだ先は長いようだ。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-09-07  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 95 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。