資格

まだ間に合う!司法書士受験生必見!2次試験対策

激化する司法書士試験。いち早く合格するために、特に2次試験を対象にした内容にしました。自分の理解度をチェックしましょう!今からでもまだ間に合いますよ!

メルマガ情報

創刊日:2006-04-10  
最終発行日:2006-04-28  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガはサンプル記事のみ表示されています。

このメルマガはサンプル記事のみ公開されています(最新号を読むにはメルマガ登録が必要です)

サンプル記事

2000/01/01

☆============================☆ 
    司法書士受験者必見!これで受かるぞ!二次試験対策                                                                                                          4月11日号

☆============================☆

平成18年度司法書士試験受験

筆記試験の期日及び時間割等 
 
1  期   日  平成18年7月2日(日曜日) 
 
2  試験の内容 
  (1 ) 憲法,民法,商法及び刑法に関する知識 
  (2 ) 不動産登記及び商業(法人)登記に関する知識
    (登記申請書の作成に関するものを含む。) 
  (3 ) 供託並びに民事訴訟,民事執行及び民事保全に関する        知識 
  (4 ) その他司法書士法第3条第1項第1号から第5号まで
    に規定する業務を行うのに必要な知識及び能力 

試験の時間割等 
 試験集合時間 午前9時   

 ◎午前の部  午前9時30分から午前11時30分まで 
        試験の内容 上記2の(1) 

 ◎午後の部  午後1時から午後4時まで 
        試験の内容 上記2の(2)から(4)まで 

  
 詳しくは法務省のHPでご確認ください    
 
 
      法務省ホームページ http://www.moj.go.jp/

==============================

不動産登記法
 
 第三条  登記は、不動産の表示又は不動産についての次に        掲げる権利の保存等
    (保存、設定、移転、変更、処分の制限又は消滅をいう。     次条第二項及び第百五条第一号において同じ。)        についてする。 
 
  一  所有権 
  二  地上権 
  三  永小作権 
  四  地役権 
  五  先取特権 
  六  質権 
  七  抵当権 
  八  賃借権 
  九  採石権

==============================

民事訴訟法

 第一節 管轄 (普通裁判籍による管轄) 
 
 第四条  訴えは、被告の普通裁判籍の所在地を管轄する         裁判所の管轄に属する。 
   2  人の普通裁判籍は、住所により、日本国内に住所        がないとき又は住所が知れないときは居所により、       日本国内に居所がないとき又は居所が知れないとき       は最後の住所により定まる。  
   3  大使、公使その他外国に在ってその国の裁判権         からの免除を享有する日本人が前項の規定により        普通裁判籍を有しないときは、その者の普通裁判所
     は、最高裁判所規則で定める地にあるものとする。 
   4  法人その他の社団又は財団の普通裁判籍は、その        主たる事務所又は営業所により、事務所又は営業所       がないときは代表者その他の主たる業務担当者の        住所により定まる。 
   5  外国の社団又は財団の普通裁判籍は、前項の規定        にかかわらず、日本における主たる事務所又は         営業所により、日本国内に事務所又は営業所がない       ときは日本における代表者その他の主たる業務担当者      の住所により定まる。 
   6  国の普通裁判籍は、訴訟について国を代表する官庁       の所在地により定まる。

  
 第七条(併合請求における管轄)
    一の訴えで数個の請求をする場合には、第四条から前条     まで(第六条第三項を除く。)の規定により一の請求に     ついて管轄権を有する裁判所にその訴えを提起すること     ができる。ただし、数人からの又は数人に対する訴えに     ついては、第三十八条前段に定める場合に限る。

 
 第三十八条(共同訴訟の要件) 
    訴訟の目的である権利又は義務が数人について共通       であるとき、又は同一の事実上及び法律上の原因に       基づくときは、その数人は、共同訴訟人として訴え、      又は訴えられることができる。
     訴訟の目的である権利又は義務が同種であって        事実上及び法律上同種の原因に基づくときも、同様       とする。 

  *第7条の適用の有無
    
    客観的併合→有り
     
    主観的併合 第38条前段の場合→有り
          第38条後段の場合→無し



最後まで読んで頂きありがとうございました。
試験まで時間も少なくなってきましたが頑張って下さいね。
==============================

 最新法のチェックは、総務省の「法令データ提供システム」                       をご利用ください。

     http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgi

==============================

 最高裁判例集の検索にはこちらのサイトをご利用ください。
 
       
http://courtdomino2.courts.go.jp/schanrei.nsf/FormQry? OpenForm

==============================

マガジンタイトル  
 「司法書士受験者必見!これで受かるぞ!二次試験対策」

==============================

最新のコメント

  • コメントはありません。