雑学

縦横無尽の知的冒険

知的刺激を必要とする方、思索力を鍛えたい方、教養を幅広く求める方のために、毎月様々なテーマでレクチャーをお届けします。本誌をガイドに、エキサイティングな学問のジャングルを縦横無尽に冒険してみませんか。

全て表示する >

縦横無尽の知的冒険 冠詞はなぜ誕生したのか

2009/12/06

8888888888888888888888888888888888888888888888888888888888888888888888

         縦横無尽の知的冒険   2009/12/06  発行者:永井俊哉

8888888888888888888888888888888888888888888888888888888888888888888888


☆ 今月の記事


◎ 冠詞

冠詞は中世ヨーロッパの共通言語であったラテン語には存在しなかったし、英
語をはじめとするヨーロッパの近代言語でも、最初から独自の品詞として存在
したわけでもなかった。定冠詞は「あれ」を意味する指示形容詞から、不定冠
詞は「一つの」を意味する数量形容詞から分離独立した後発の品詞である。こ
のうち、定冠詞は古典ギリシャ語やアラビア語にも存在するが、不定冠詞は、
近代の西ヨーロッパで発展した特異な冠詞である。不定冠詞の誕生は、西ヨー
ロッパで発展した個人主義と関係があると考えることができる。

http://www.generalsystemics.com/ja/%E5%86%A0%E8%A9%9E


◎ 進行形

英語における進行形は、継続や進行や反復を表す相と一般には認知されている
が、もっと本質的なことは、他のようでもありうる不確定性を示すための相で
あるということである。英語における進行形の現代的用法は、18世紀の末、産
業革命が進行する中、確立され、かつその使用頻度が急速に伸びた。これは、
社会が急激に変化し、他のようでもありうる不確定性が増大するにつれて、そ
れを表現する言語需要が増えたからである。 

http://www.generalsystemics.com/ja/%E9%80%B2%E8%A1%8C%E5%BD%A2


◎ 永井俊哉ドットコムのアクセス統計

2007年1月から2009年9月までの永井俊哉ドットコムのアクセス統計です。サー
バーの移転により、データが失われるので、ここに保存しておきます。この期
間での毎月の平均訪問者数は、40527人、訪問回数は、68388回、ページ閲覧数
は、209827ページでした。また、2008年10月から2009年9月までの直近1年間の
毎日の平均訪問者数は、2263人、ページ閲覧数は7436ページでした。

http://www.nagaitosiya.com/c/statistics.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


☆ 注意事項


◎ 私と非公開で連絡を取りたい方は、以下のメールフォームを使ってくださ
い。

http://form1.fc2.com/form/?id=72184

このメルマガに返信を書いても、私のところに届きません。

◎ 発行者が他人のメールアドレスを登録/解除することは、原則としてできま
せん。登録と解除は、トラブル防止のために、自分自身でおこなってください。
メールアドレスを変更した場合にも、自分で、旧メールを解除した後、新メー
ルで登録し直してください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


☆『縦横無尽の知的冒険』は、以下のシステムにおいて発行されています。
解除と登録は、以下の各サイトで直接できます。


◎ まぐまぐ
http://www.mag2.com/m/0000044252.htm
◎ カプライト
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/751.html
◎ メロンパン
http://www.melonpan.net/mag.php?000338
◎ E-Magazine
http://www.emaga.com/info/culture.html
◎ Melma
http://www.melma.com/backnumber_1576/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                          − 以 上 −

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-09-14  
最終発行日:  
発行周期:月刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。