トップ > マネー・政治・経済 > 独立・起業 > プロを目指す学生たち〜学生時代にできること〜

インターンシップ制度で、SONYやNIKEのCMクリエーターに弟子入りした学生、自分の会社を興した学生。彼らの感動・成長ストーリー、時間の使い方・ポリシーを仕事版「Number」として豊富に事例紹介!

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



プロを目指す学生たち〜学生時代にできること〜

発行日:10/9

■ ■ ◆--------------------------------------------
■ ■      E T I C.      m a i l    m a g a z i n e
■ ■ ■
■ ■ ■        2003.10.08   Vol.75-3(全3話)
――――――――――――――――――――――――――

     密着取材!プロを目指す学生たち

   〜学生時代に出来ること〜
 
――――――――――――――――――――――――――
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        〜This week CONTENTS〜    
  
 今回3日連続でお届けする内容のご紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○第一話 :  貧しい国の人を幸せに
-----------------------------------------------------
○第二話 :  どうする村田早耶香!?
-----------------------------------------------------
●第三話 : 「腹をくくる」という事
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■今回の「プロを目指す学生」の横顔


□名前:村田早耶香さん

□所属:フェリス女学院大学 国際交流学部 4年

    カンボジア子ども買春防止支援
        かものはしプロジェクト代表

    http://www.kamonohashi-project.net/

□プロフィール:
   1981年生まれ 東京都出身。
   中学時代にテレビでみた国境なき医師団に感動。
   国際問題に興味を持つ。
   さまざまな行動を起こす中で買春問題と出会い、
   「かものはしプロジェクト」を立ち上げる。
   カンボジアの子どもたちの笑顔を増やすべく、
   彼女は今日も走り続ける。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         〜第三話〜 「腹をくくる」という事
____________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■本号のポイント

 自分の進むべき道を確かめるため、
 村田さんはカンボジアの地に訪れます。

 そこで出会ったカンボジアの子ども達の笑顔。
 徐々に村田さんの心境に変化が起き始めます。

 カンボジアで彼女は何を感じ、
 どのようなどのような成長を遂げたのか?

 本号では村田さんの「腹くくり」に注目します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■■
■■ 笑顔の裏に隠れた現実
■■


カンボジア滞在中、NGOが運営する児童保護施設で
彼女は3日間の共同生活を体験した。

言葉はわからない。気持ちは感情で伝えた。


「本当楽しかったんですよ。
 子ども達が『うさぎと亀』の劇やってくれたり
 現地の伝統的な踊りやってくれて。
 あっち向いてホイを教えたら凄くはやって。
 もう本当に楽しくて他の所に行きたくなかったです」。


施設を離れる日。センター長が車で送ってくれた。
その車内で彼女は思いもよらない事実を知る。

施設での生活中、
彼女と特に中の良かった12歳の少年と13歳の少女。

12歳少年は小さい時から農夫として仕事をしていた為、
小学校に行けなかった。

だから今施設で学んでいる。


13歳の少女は農村でお寺に母親と住んでいたが、
貧しさから学校へも行けなかった。

今は施設で預かり学校へ通えているものの
お母さんの行方は分らない。


もう一生母親に会えないかもしれない。


笑顔の裏にあった哀しい事実。
自分は何も気がつかなかった。

次の訪問先にいったものの、
そこでの説明は何も耳に入らなかった。


「もう一度あの子ども達に会いたい」。


彼女はもう一度、児童保護施設を訪れた。



■■
■■ カンボジアでの熱い夜
■■


施設の玄関をくぐる。

突然戻ってきた彼女に、
子ども達は多少の驚きを見せた。


「先生!先生が帰ってきたよ!」


まっさきに駆け寄ってきたのは、
特に仲の良かった12歳の少年だった。

彼女の重い荷物を必死に運んでくれる子ども達。


「もう自分の子どものように感じ始めて。
 この子たちの将来が明るいと良いなぁ。
 支えたいなぁと思ったんですよ」。


カンボジアに滞在する残りの一週間を
彼女はその施設で過ごした。

施設での日々は楽しく充実した日々
一週間はあっという間に過ぎていった。

帰国が間近に迫ったある日。
施設の一角に彼女と、
あの12歳の少女が語り合う姿があった。


「あなたは凄く頑張っているし力もある。
 絶対に将来は開けるから」


彼女は自分の素直な思いを日本語で少女に伝えた。


「先生…わたし泣きます」


日本語の意味が正確に伝わったかは今でも分らない。
その少女が彼女の前で泣いたのは初めてだった。


日本に帰る飛行機の窓からカンボジアの大地を眺めた。
浮かぶのは子ども達の笑顔。


「ここでだったら良いかもな。子どもと一緒にいたいなぁ」。



初めて自分の事業の意味・必要性に実感が持てた気がした



■■
■■ 腹をくくるという事
■■


東京に戻るとNPO法人ETIC.が主催する、
「STYLE」の準備に追われた。

STYLEは「社会的な課題を事業で解決しよう」
というテーマが設定された、ビジネスプランコンテスト。


かものはしプロジェクトは彼女がカンボジアに滞在中に、
日本に残ったメンバーがエントリーし、
決勝プレゼンテーションまで選考が進んでいた。


「ここで優勝したからって
 すぐに子どもたちが救えるわけではない。
 ただ、自分の感じていること、思いを
 一人でも多くの人に伝えたい」。


日本にいると有名になることや、
お金を稼ぐことなどに目移りしてしまい。
本当にしたいこと、すべきことがあやふやになる。


「地位や名誉なんてどうでも良い。
 本当に目の前にいる子どもが笑えるかどうかだ」。


カンボジアに行って彼女は変わった。



スタイル当日。

彼女は舞台の上で、圧倒的な存在感を発揮した。
今まではメンバーが作っていたプレゼンの原稿も
すべて自分で考え、思いを伝えた。

苦手だったIT分野についても自分の言葉で語った。

彼女のプレゼンテーションに、
多くの審査員・観客が共感し涙した。


質疑応答でこんな質問がとんだ。


「カンボジアに骨をうずめる覚悟はありますか?」


一瞬のまもなく彼女が答えた。


「あります!」


そこには「迷い」も「うそ」もなかった。

会場内のどこからか拍手が起こった。



■■
■■ エピローグ
■■


審査の結果「かものはしプロジェクト」は優秀賞を受賞。
カンボジアから帰国後、彼女の熱意にうたれ
支援者の数も劇的に増加しました。

買春防止支援団体「かものはしプロジェクト」

今日も現地での本格的な事業化にむけて
村田さんは走り続けています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

今回のストーリーはいかがだったでしょうか?
「腹をくくるという事の意味」それが本号のテーマでした。

スタイルでの村田さんを見て、
私は一種の『凄み』を感じました。

それが象徴的なのがSTYLE質疑応答の場面です。
「当たり前」と言わんばかりの即答っぷり。

その場にいた私は鳥肌が立ち、思わず涙しました。

一体何が彼女をそうさせたのでしょうか?
迷っていた村田さんがなぜ凄みを持ったのでしょうか?

私は村田さんが「決めた」のではないかと思います。


「私がカンボジアの子どもを守っていこう」と。


そう「決めた」ことで
彼女は「腹をくくった」のだと思います。


もし、あなたが今何かに迷っているなら、
「自分がやりたい事がわからない」と悩んでいるなら、

何かしらの行動を起こし、自分に、周りに変化を起こすことを
「決めて」みてはいかがでしょう?

                 ライター  安富悠介

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼読者アンケートのお願い -----------------------------

メールマガジンをさらにより良くしていくために
みなさんのご意見を是非お聞かせ下さい!!
ご協力、よろしくお願いします。

【 宛先 】info@etic.or.jp 
【 件名 】メルマガ アンケート

.........【コピー&ペーストしてご利用下さい】.........

1−1. 今回のメールマガジンの内容について、
      総合的な満足度をお聞かせください。

      1)非常に満足している
      2)まぁ満足している
      3)どちらともいえない
      4)やや不満である
      5)非常に不満である

1−2. 1-1で「やや不満である」「非常に不満である」 
     と答えた方のみお答えください。

     あたなが不満に感じる点はどのような点ですか?
     具体的にお書きください。

2. 今回のメールマガジンを読んで
          どんなことを感じましたか?
     自由にお書きください。

3. 心に残ったシーンはどこですか?
   また、なぜそのシーンが心に残りましたか?

.............【コピー&ペースト終わり】.............
以上で、アンケートは終了です。
ご協力頂きありがとうございました。
――――――――――――――――――――――――――
____________________________

▼購読申込み・購読中止・配信先変更 -------------------
      購読申込み・購読中止 URL :
      http://www.etic.or.jp/care/index.html

▼『まぐまぐ』の読者の方は
        (http://www.mag2.com/)から。
▼『melma!』の読者の方は
        (http://www.melma.com/
▼『 ココデ・ニュース』の読者の方は  
          (http://mail.cocode.ne.jp/ )から。
▼『 Pubzine 』の読者の方は
          (http://www.pubzine.com/)から。
▼『Macky』の読者の方は
        (http://macky.nifty.com/)から。

配信先変更は、一度購読を解除されて再度お申込みください。
------------------------------------------------------
ETIC.メールマガジン
「プロを目指す学生達〜学生時代に出来ること〜」
発行/編集  ETIC.コンテンツチーム
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1
渋谷マークシティ WEST 17F
発行人/編集長:安富 悠介
本メールマガジンに掲載された記事を
許可なく転載することを禁じます。
Copyright (c) ETIC. All rights reserved.
------------------------------------------------------

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/21
    読者数:
    13243人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 経営戦略考

    最終発行日:
    2017/05/24
    読者数:
    4455人

    第一線のコンサルタントが毎日、日経新聞の記事を題材として経営戦略の原理原則を解説します。経営者はもちろん、キャリアアップを狙うサラリーマン、OLの方は必読!毎日発行だから、話のネタ仕入れにも最適です。

  3. NPO/NGO Walker 市民活動の情報誌

    最終発行日:
    2012/06/20
    読者数:
    7566人

    NPO/NGO、ボランティア、コミュニティ・ビジネスなど幅広い市民活動をテーマにした週刊情報誌。イベント情報や書籍紹介に合わせて、様々なNPO/NGOの活動を紹介する。

  4. 当たる懸賞 TOKUTOKU

    最終発行日:
    2009/12/17
    読者数:
    51370人

    豪華商品を当てた人はみんな読んでる?。毎日、厳選したお徳懸賞・プレゼント情報を探し出してき、それをメールマガジンでお届けする。ひと目で分かりやすいので,ラクラク応募できます。豪華購読特典あり。

  5. 【起業家精神・人生を変えた言葉】

    最終発行日:
    2017/05/25
    読者数:
    4025人

    苦難を乗り越え人生を変えるきっかけになる言葉を、ほぼ毎日贈ります。

発行者プロフィール

過去の発行記事