芸術

バウハウス・コスモロジー

近代デザインの基礎をつくった「バウハウス」について、ドイツ留学・研究滞在経験のある発行者がわかりやすく解説していきます。いっしょにバウハウスの宇宙を旅してみませんか。

全て表示する >

[バウハウス・コスモロジー No.41]

2002/10/25

 Design: Art & Technology            - 不定期発行 - 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●■■□□□■■□□●□□●□●□□●□□■■□□●□□●□□■■●
■□□■□■□□■□■□□■□■□□■□■□□■□■□□■□■□□□
■■■□□■■■■□■□□■□■■■■□■■■■□■□□■□□■■□
■□□■□■□□■□■□□■□■□□■□■□□■□■□□■□□□□■
●■■□□●□□●□□■■□□●□□●□●□□●□□■■□□●■■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○△□ バウハウス・コスモロジー (((bauhaus cosmology)))  No.41

                     発行者:ドクトル・ケンタ
──────────────────────────────────

●□□□(バウハウス・ナウ)□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

情報:
「バウハウス資料館登録協会会員」(mitglied im bauhaus-archiv e.v.)

上記会員である私には、資料館からの情報が送られてきますが、今年9月に
行われた会員会合の議事録の内容を少しだけお伝えしたいと思います。

──────────────────────────────────
○会員になるには?
──────────────────────────────────

バウハウス資料館のHPから申し込む:http://www.bauhaus.de/
独語版は「mitgliedschaft」、英語版は「bauhaus-archiv e.v.」。
(一般:50ユーロ、学生:20ユーロの貢献必要。)

注:送られてくる資料などは独語です。

──────────────────────────────────
○新館長の選出!
──────────────────────────────────

1985年以来の現館長であるペーター・ハーン博士の後任として、カール
スルーエ大学のアンネマリー・イェッギ博士が新館長として選出されていま
す。彼女は、2003年4月から着任の予定です。

イェッギ博士は、チューリヒとフライブルクにて美術史、古代ギリシャ・ロ
ーマ時代の考古学と歴史を学んだ後、実務に専心しました。彼女は、フリー
で9年間働き、複数の美術館に(バウハウス資料館の様々な展覧会にも)協
力しています。彼女は、建築事務所において働き、美術史家として出版に関
わり、ベルリンの文化財保護、そしてベルリンの建築・住居制度の評議員の
ために専門家としての鑑定書を作成しました。
1992年よりカールスルーエ大学美術史研究所の学術研究員となり、19
94年より大学助手となりました。この頃は教育や研究だけではなく、展覧
会にも参画することを試みています。そこで彼女はアドルフ・マイヤー(建
築家、家具デザイナー)の展覧会とカタログに関わり、博士論文のテーマに
もしています。数学期前からは大学の講座代表を務めています。
彼女の志願動機は、バウハウスに強く心をひかれたことにあるといいます。
館長としては、複線的なコンセプトを提示しました。それは、未着のバウハ
ウスに関するテーマであるといいます。一連の工房についてさらに先へ続け
るのとともに、ローター・シュライヤーやアルマ・マーラーなどの幾人かの
人物についても紹介したいと。また、同時代的なテーマも取り上げ、広く公
開してベルリン内外での論争を活発にしようと。

○△□

現館長に敬意。新館長に期待!

──────────────────────────────────
○プロジェクト2002、2003(企画展覧会)
──────────────────────────────────

□エクストラクト(抜粋):現代ドイツの若手装飾デザイナー
 2002年4月14日〜6月2日

□モンテッソーリ:教材 - 家具 - 建築
 2002年6月12日〜9月2日(延長:10月6日)

□バウハウス家具:伝説の検証
 2002年10月31日〜2003年3月10日

□バウハウス照明?:カンデム・ライト!
 2003年4月〜6月

□マリアンネ・ブラント:フォトモンタージュ1924-31
 2003年7月〜9月

□ヴェルナー・シュリーファースの芸術基礎授業
 2003年秋、特別展覧会


●□□□(バウハウス・カフェ)□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

研究、そして教育、そして制作、そしてまた研究、また教育、また制作!
果てしなく続く・・・。

○△□


メルマガ連携総合サイト:
 http://kenta.edu.iwate-u.ac.jp/bau-cos/bau-cos.html
──────────────────────────────────
このメールマガジンの発行システム
『まぐまぐ』:http://www.mag2.com/  (マガジンID: 0000044202)
『melma!』:http://www.melma.com/  (マガジンID: m00015619)
ご購読の「解除」は、登録されたシステムのほうでお願いします。
──────────────────────────────────
● 発行者:ドクトル・ケンタ(e-mail: vjdrkenta@hotmail.com)
ご意見・ご感想をいただければ幸いですが、特別な場合以外は個別の返答は
できないかもしれません。できるだけメルマガ上に反映させるつもりです。
──────────────────────────────────

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-09-04  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。