格闘技

武術の世界へようこそ!

空手、中国拳法、日本古武道、古武術etc..珍しい裏話から誰でもできるテクニック、真面目な技術論からトリビアまで、武道・武術の様々な話題を、米国D.A社との提携と独自の情報源からお送りします!

全て表示する >

◆ 武術の世界へようこそ! ◆── 17本目!! 6/24/2006─

2006/06/24

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃                    
┃ ◆ 武術の世界へようこそ! ◆── 17本目!! 6/24/2006─

┃_____________________http://www.bujutsu.jp/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当「武術の世界へようこそ!」では、米国の武術・武道関連出版社である
Dragon Associates社との提携により、武術・武道に関する様々な話題をお届
けします!

★Dragon Associates社ホームページ(英語)
http://www.dragon-tsunami.org/dtorg/Pages/Home.htm

──────────────────────────────────

お断り:ご存じの様に、昨今の社会では子供達を狙った醜悪な犯罪が後を絶ち
ません。護身術や武道に関する情報を提供している者として、私たちも何かで
きないかと検討いたしました。そこで、しばらく「子供を守る防犯情報」とい
うテーマで記事をお届けすることに致しました。

「子供を守る」と言いましても、内容は決して子供に関してだけではありませ
ん。大人の方達にとっても充分役に立つものをお届け致します。(武術.JP)

┌──────────────────────────────────

│┌────────────────────
││【子供を守る防犯情報】防犯ブザーについて
│└────────────────────
│                マスター・マスター・ビル・キース
└──────────────────────────────────

ビル・キース氏(Master Bill Keath)は米国カリフォルニア州在住の拳法家で
す。氏は様々な流派で稽古を重ね、ナイトクラブの用心棒などもした後で、現
在は民間警護会社の第一線で働いています。本稿はキース氏が過去に道場便り
で発表されたものを、許可を戴いて日本語に翻訳させてもらったものです。

┌───────────────────

防犯ブザーというものは、およそタバコの大きさから様々な形状のものがあり
ます。ところで、このような調査があります。この道具を持つ人々の2/3は、
邪魔なので大抵カバンの奥底か車の中、または咄嗟には手の届かない所に置
きっぱなしであり、おまけに電池が切れるとこの道具は作動しないと言うこと
を「知らない」そうです。極端な人になると、買っていらい3年以上も放りっ
ぱなしで、現在作動するかどうかも確かめたことが無いそうです。

しかし、定期的に点検していて作動することは確認していると言って、それだ
けで安心してはいけません。

ある女性の経験談では、大勢人が居る郊外のショッピングセンターで、ある時
自分が誰かに尾行されていると思い、車の中にあった防犯ブザーを鳴らしたそ
うです。しかし人々はちょっと立ち止まって辺りを見回すものの、彼女の様子
を伺いに来ようとしたり、助けに来た人は居なかったそうです。

また、ある女性は夜の会社の帰り道、二人の少年に進路を立ち塞がれました。
彼女は防犯ブザーを鳴らしました。しかし一人の少年は素早く彼女の手からそ
れを奪うと、地面に落として足で踏みつけ壊してしまいました。そして彼女を
押し倒すと、カバンを奪って財布を抜き取っていったそうです。

みなさんは、何が問題だと思いますか? 

私が思うのは、防犯ブザーそれ自体だけでは不十分であるということです。

防犯ブザーを鳴らすまでは良しとしましょう。しかし、「その後」について、
どうするか、どうしたら良いのか考えていますか? または、子供達と話し
合ったりしたことがありますか?

ぜひ、考えてみてください。

逆の立場に立ったときにも、自分はどうするのかを時に考えてみましょう。
ショッピングセンターや自宅近くで、防犯ブザーの音が聞こえたらどうします
か? 音がした方に走っていって、何が起きているのか確かめますか? すぐ
に携帯電話を取り出して、警察を呼びますか(あなたが現在いる場所の住所は
分かっていますか?)?

現代社会は、視覚的にも聴覚的にも様々な刺激にあふれているので、例え少々
異常な音を耳にしたり、後継を目にしても、それらについて真剣に受け取らな
かったり、見過ごしてしまったりするクセがついています。防犯ブザーの音
は、物によっては実はあまり人の関心を引かないものもあります。

防犯ブザーを鳴らしたら、次の行動としてはいかなる場合でもすぐに大声で助
けを求め、叫びながら逃げ出すように心構えを持っておけば、恐らくショック
で次の行動を起こすことが出来ず何もできないよりは、誰かの人目を引ける可
能性が高まり、あなたやあなたのお子さんの生存や安全の確率は高まるでしょ
う。

金品を奪われそうになったり誘拐されそうになったりしたとき、咄嗟に防犯ブ
ザーを鳴らすことはできたものの、その後の行動について何も普段から想定し
ていなかったり、教えて貰ったことが無かったのならば、残念なことに犯罪者
のなすがままにされる確率は高くなることでしょう。

犯罪者が銃を持っていることもあります。そのような者に精神的余裕が無かっ
たり、または薬物により精神的におかしくなっている場合には、あなたが
ぼーっとしている間に勝手に暴走をして引き金を引くこともあります。

普通の生活をしていれば、犯罪の種類や状況などについて思いを馳せることな
どは滅多にないことです。しかし、現実は今や、そんなことは言っていられま
せん(私達の税金はどこに行っているのでしょうか!!)

取り返しがつかないことが起きる前に、ほんのわずかな時間で良いですから、
自分自身あるいはあなたの家族と一緒に、いざ事件が起きたら、何をして、
「その次には」何をしてゆくのかを、考えてみてください。

関連記事についてはこちらをどうぞ。

武術図書館
http://bujutsu.jp/modules/xfsection/

または、まぐまぐバックナンバーページ:
http://blog.mag2.com/m/log/0000185396



◆◇◆………………………………………■ 広告:護身・健康大特集!■

メルマガ【護身のススメ】一般人にも役立つ達人の教え

現代人必携の書!『護身革命』この一冊の安心感があなたを守る! ストレス社
会を生き抜くために、自分を変えたいあなたに捧げます。日常の様々な危険か
らあなたと大切な人を守る。「天才空手家」芦原英幸の直弟子が伝授します!
メルマガ「護身のススメ」も配信中

マガジンの登録はこちら→http://www.mag2.com/m/0000126427.html
バックナンバーこちら↓
http://www.sdtornado.com/weblog/archives/221/index.html

護身セミナーや教室の案内はこちら→http://www.sdtornado.com

究極の護身の通信コースはこちら→http://tinyurl.com/lu9nb

<オススメ理由> 「芦原英幸」先生のお名前を聞いたことがありますか? 
「ケンカ十段」の異名を持ち、正面からの戦いをせずに側面や背後に回り込み
有利な位置から攻撃を加えたり、攻めを受けると同時に攻撃を加える「サバ
キ」という革新的な空手のシステムを創始された大名人です! その直弟子の
方が発信する護身情報は、必見です!

2
■広告■……………………………………………………………………◆◇◆

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 広告. ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

●好評発売中! m(_ _)m

    ★「DVD天眞正自源流居合術入門1&2」世界で一番分かりやすい居
合術の教科書!基本から仮想敵、目付、間合、一の太刀の極意まで。

    ★「DVD拳法術セミナー#1 入身とコンビネーション編」拳法術のセ
ミナー映像から、その特徴をよく表現し、かつ学びやすい要所のみをズバリ集
めて編集したものです

         各¥3,150です。詳しい内容はこちらにて。
http://www.bujutsu.jp

 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ◆ 武術.JP ◆
┃         
┃ 世界の武術・武道に関する話題や、特選オリジナルDVDを紹介していま
┃ す!
┃ 登録削除 : http://www.bujutsu.jp/
┃ ご感想・問い合わせ : youkoso@bujutsu.jp
┃ 発行日 : 隔週発行
┃ 発行・編集 : 武術.JP
┃         
┃ Copyright(C) 2006 BUJUTSU.JP. All rights reserved.
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2006-03-17  
最終発行日:  
発行周期:隔週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。