その他のスポーツ

コーチングダイアリー@メールマガジン

好評連載中のブログ『コーチングダイアリー』をメールにてお届け!

全て表示する >

【コーチングダイアリー@メルマガ】

2007/02/25



□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
-------- □■コーチングダイアリー@メールマガジン■□---------

------------------◇   2007年02月25日号   ◇------------------
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

皆さん、こんにちは!
TOTAL-Conditioning Lab.代表&パーソナルトレーナーの野口です。

いつもご購読頂きありがとうございます☆

今後とも宜しくお願い致しますね。。。

では本日のコーチングダイアリー/スポーツライフハックをどうぞ!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◇不発・・・   - 2007-02-25
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今月22日に開幕した2007年FISノルディックスキー世界選手権
札幌大会・・・

大会3日目となる24日には、大倉山ジャンプ競技場にて注目の
ジャンプ競技個人ラージヒルが行なわれた。

低迷が続く日本ジャンプ陣の巻き返しが期待される今大会では
あったが、1回目117メートル、2回目121メートルを飛んだ17歳
の栃本翔平選手の16位が日本勢の最高順位となり、復活が期待
されるベテラン岡部孝信選手と葛西紀明選手は、それぞれ21位
と24位、伊東大貴選手は29位に終わった。

優勝は、ソルトレークシティー五輪にて個人種目2種目で金メダ
ルを獲得したスイスのシモン・アマン選手で世界選手権初優勝
を飾った。

長野五輪後に身長の低い日本人選手にとって不利ともいわれる
ルール改正が行なわれ、低迷が続く日本ジャンプ陣ではあるが、
今大会の優勝者アマン選手の身長も172cmと日本人選手と
それ程変わらない。

また、長野五輪後のルール改正以降に大躍進したポーランドの
アダム・マリシュ選手の身長は169cmということで、今や
「日本人選手に不利なルール改正」というのは言い訳にしかな
らない状況もある。

最近では、ルール改正後の日本ジャンプ陣の対応が遅れたのが
日本ジャンプ陣不振の最大の原因であるという声も挙がってい
るようだが、事実、マリシュ選手は徹底したストレングストレ
ーニングによってフィジカル面の強化を図り、踏み切りの改善
によって大躍進した・・・

いずれにしても、日本ジャンプ陣の復活を期待したいところで
ある。

→ http://plaza.rakuten.co.jp/coaching/diary/200702250000/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■
■□  TOTAL-Conditioning Lab. ウェブネットワーク&サービス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【TCLパーソナルトレーニング】
http://athlete-web.com/personal/index.html

【TCLストレングス&コンディショニング】
http://athlete-web.com/tcl/s&c.html

【athlete-web.com〜総合スポーツ情報サイト〜】
http://athlete-web.com

【ブログ「パーソナルトレーナーNOGUCHI’S Eye」】
http://blog.livedoor.jp/athleteweb/

【恵比寿で活動するパーソナルトレーナーのブログ】
http://personaltrainerstyle.seesaa.net/

【生活体力向上塾】
http://www.athlete-web.com/adl/

【リアル☆ダイエット】
http://rdp.athlete-web.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■
■□  編集後記&独り言
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トレーニング指導を行なう上で、説得力を高めるためにも(?)
自らのカラダを創っておかなければならないとの想いから、
なるべく自分自身のトレーニングを怠らないようにしている
パーソナルトレーナー野口ですが・・・

たまにトレーニングのし過ぎで、身体が動かず、
指導中にアタフタしてしまうことも少なくありません!?

本末転倒というか・・・
なんというか・・・

ま、そんな日常を送っているパーソナルトレーナー野口です!

【パーソナルトレーナー野口プロフィール】

野口克彦(Katsuhiko Noguchi)− 体育学修士・CSCS・NSCA-CPT −

大学卒業後某大手スポーツメーカーに7年間勤務.

1998年スポーツメーカー退職後,筑波大学大学院修士課程体育研究
科に進学.持久系スポーツ時における疲労とパフォーマンスの低下
に関する研究活動を行なう.

2001年修士課程修了後,パーソナルトレーナー・ストレングス&コ
ンディショニングコーチとして活動中.

<<メッセージ>>

トレーニングは基本的に自分自身で行なうもの・・・
そう考えている方は意外に多いのではないでしょうか??
もちろん!その考えは間違いではありません!! 

でも・・・ 

適切なトレーニングプログラム,正しいフォーム,適切なトレーニ
ング強度,その日の体調に合わせたトレーニング内容の修正・変更
・・・等をお一人で管理しながらトレーニングを続けていくことは,
とても大変な事です.

パーソナルトレーナー・ストレングス&コンディショニングコーチ
は,皆さまの目的や目標に合わせて皆さまのトレーニングをしっか
りマネジメントし,より効果の高いトレーニング指導を提供する皆
さまのトレーニングパートナーなのです!! 

皆さまの目標達成をお約束致します!!! 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行 :TOTAL-Conditioning Lab. 代表 野口克彦
webサイト :http://athlete-web.com/tcl/

お問い合わせ・ご感想はこちらへ :nogu@athlete-web.com

購読の解除はこちらまで :「us-155715@mc.melma.com」へ空メール
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2006-03-16  
最終発行日:  
発行周期:不定期(ですが・・・ほぼ毎日!?)  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。