トップ > マネー・政治・経済 > 独立・起業 > くりえいてぃぶ・いろいろ

くりえいてぃぶ・いろいろ

RSS

「いきいきとした暮らしの中に、自分らしさを発見する」という「ブランド」の意味は企業経営者にも、そして個人生活者にも変わるものではありません。デザインの現場から、愛されるブランドづくりのために、少しでもお役に立つヒントをお届けします。



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


最新の記事リスト

  1. このメルマガはサンプル記事のみ表示されています

メルマガ情報

最終発行日:
2014-11-30
発行部数:
14
総発行部数:
415
創刊日:
2006-03-02
発行周期:
週刊
Score!:
-点

このメルマガはサンプル記事のみ公開されています(最新号を読むにはメルマガ登録が必要です)

━━━━━━経営者のための━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □■┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓■□ 
     ■ ベ ー シ ッ ク・ブ ラ ン ド 戦 略 ■  創刊号
    □■┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛■□ 2005/3/2発行
      〜見えない魅力をカタチにする〜竜玉コンセプト
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。ベーシッククリエイティブ代表の片桐敏雄です。
創刊号のご挨拶と共に、当メルマガのコンテンツをご紹介いたします。
あなたが現在起業している、あるいはこれから起業するブランドがある場合、その基本
をデザインの視点から再構築し、ブランドを元気にしてみませんか?お手伝いします。
価値ある魅力を引き出すための必須の要素、人の心に感動を呼ぶ魅力の素、そして
カタチにするための発想法を当メルマガにてお伝えしていきたいと思います。
ご質問やご不明な点などがありましたらお気軽にお問い合わせください。
─────────────────────────────────────── 

◆メルマガコンテンツの紹介〜メインコンテンツ◆━━━━━━━━━━━━━━━━

■竜玉コンセプト〜ブランド価値の創造
ブランディングを実現させる竜玉コンセプト。コンセプトキーワードからビジュアルづ
くりまで、その秘訣を分かりやすく解説していきます。

■ブランドの色彩力〜カラーブランディング考
色彩には<伝える力>と<雰囲気をつくる力>があります。その力を役立てる策とは?
ブランディングとの関わりについて解説していきます。

■魅どころHOT NEWS
ぶらり立ち寄った魅力的なスポット、ぜひ観ておきたい美術展、イベント、映画、書籍、
そして新しいショップ、商品など、オススメポイントと共に紹介していきます。

■発見!キラリ輝く ブランドの華
身近にあって、知る人ぞ知るブランドの物語。珠玉のコンセプトを秘めた感動のドラマ
を紹介していきます。地域に根付いた伝統工芸や物産の話などもお届け。

■デザインの現場から
制作現場の視点から、実務の中でのエピソードや、専門用語の解説等を少し肩の力を抜
いてお伝えしていくコーナーです。

上記コンテンツを毎回ピックアップして配信して行きますのでどうぞご期待ください。


◆Index◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■竜玉コンセプト〜第一回「ブランドは創るものではなく、創られるもの。」
 ■魅どころHOT NEWS
 ■デザインの現場から【デザイン】
 ■編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


───────────────────────────────────────
□□□□□□□□□□□□□□■ 竜玉コンセプト ■□□□□□□□□□□□□□□□
       〜 コンセプトをカタチにしていくための発想法 〜
───────────────────────────────────────
    〜今号のポイント〜「ブランドは創るものではなく、創られるもの。」
───────────────────────────────────────
■はじめに

ブランドは最初からあるものではありません。ましてや送り手であるあなたが、創ろう
として創るものでもありません。ブランドとは受け手である顧客から、あるイメージを
伴ってあなたの商品が、あなたの企業が、そしてあなた自身が、評価され、期待されて
創られるものです。つまり、
「ブランドは創るものではなく、創られるもの。」
ということを、まず認識してください。
では、あなたがどんなに優れた商品を開発しても、ブランドはできないのでしょうか?  
いえ、そうではありません。ブランドが創られるまでにはステップがあります。まず、
最初にブランドにこうあってほしいという、商品に寄せるあなたの熱意や思いを明確に
にしましょう。それが「コンセプト」の素になります。
この「コンセプト」は人の心をひきつける価値ある魅力になるもので、とても重要です。
その力の源泉には、最もベーシックな究極の「コンセプト」が潜んでいて、これが無け
れば「コンセプト」とは言えない!のです。
それをわたしたちは「愛」と「美」と「夢」の3つの要素からなる

 「竜玉(りゅうぎょく)コンセプト」

と呼んでいます。(これについては、次回から解説します。)
この3つの要素が合致したとき、わたしたちは感動し、共感を覚え、人に、商品に、
企業に、ブランドとしての価値ある魅力を感じるのです。

  あなたのブランドには「愛」と「美」と「夢」がありますか?

■ブランド構築のワークフロー

次に、そのコンセプトを基軸にして次のようなステップを踏みます。
「ブランド・アイデンティティ」の構築
「ブランド・シンボル」の設計
「ブランド・コミュニケーション」の展開
「ブランド・イメージ」の醸成
「ブランド価値」の創造
この段階を経過すれば、もう「ブランド」の活性化の条件は整います。
最後にあなた自身の手でその「ブランド」に魂をいれて、勢いよく昇らせてください。

『画竜点晴』

わたしたちはブランドを元気にするこの一連のワークを「竜勢ブランディング」と呼び、
「ブランド・シンボル」としてのロゴから、「ブランド・コミュニケーション」の展開
までそれぞれのステップごとにデザインのご提供をしています。
 
  次回からはこのステップを順を追って解説していきます。


───────────────────────────────────────
□□□□□□□□□□□□□■ 魅どころ HOT NEWS ■□□□□□□□□□□□□□□
───────────────────────────────────────
▼ 平成16年度(第八回)文化庁メディア芸術祭 受賞作品展 ▼

応募総数1,498作品から選ばれた、約170作品を展示・上映しています。
日時:2/25(金)〜3/6(日)
会場:東京都写真美術館 1F/2F/3F
http://plaza.bunka.go.jp/index.html

▼ 第1回国際オーニングフェア2005 ▼

『知っていますか。オーニング。』「可動式外付け日よけ」のことをいうそうです。そ
の国内初のトレードショーが東京ビッグサイトで開催されます。ファッション性や快適
性に加え、省エネ効果にも注目されています。自然との共生もテーマになる今日、環境
とのカラーコーディネートを考える場としても良い機会になるでしょう。
日時:3/2(水)〜3/4(金) 10:00〜17:00(最終日16:30まで)
会場:東京ビッグサイト 西3ホール
http://www.shopbiz.jp/pages/t_index.phtml?PID=0003&TCD=AF

 

───────────────────────────────────────
□□□□□□□□□□□□□■ デザインの現場から ■□□□□□□□□□□□□□
 〜 現場のエピソードや実務の話、専門用語の解説等をお伝えしていきます 〜
───────────────────────────────────────
【デザイン】    ──── デザイン=コトバ…? ────

デザインの現場第1回目は、タイトルにもあります「デザイン」というコトバについて
考えてみようと思います。
私たちには「心」というものがあります。そして心の中に膨らんだ考えや思いを誰かに
伝えるために「コトバ」が生まれ、コミュニケーションを繰り返すことで人は発達して
きました。
 
私たちは、主に「視覚」に強く関係するグラフィックデザインを仕事としているわけで
すが、「デザインって何だろう」と原点に立ち返ろうとしたとき、一つの考え方を見つ
け出しました。それは、「デザインは言葉と同じなんだ」という事です。「デザイン」
は皆さんもご存知のように日本語では「設計」を意味します。人が、誰かに何かを伝え
たいときに、その物や事柄や思いをなるべく正確に、よりよく、わかりやすくするため
にコトバを選び、形容詞も交えて、やや大きく(笑)話をするでしょう。まさにこの過
程も、実際に発せられたコトバも、心の中で膨らんだ思いを相手に伝えるために「デザ
イン=設計」されたものなのではないだろうか、ということです。
 
デザインの仕事に置き換えれば、プロダクト、グラフィック、服飾、空間、あるいは仕
事の進め方や生活スタイルといったことでも、伝えたい「モノ」は違えど伝えたい「コ
ト」は常に同じ「その物や事柄や思いを、伝えるべき相手に正確に、わかりやすく、最
良のカタチで伝える」ためなのです。その「モノ」が「コト」を通して相手に伝わり感
性をくすぐった時、デザインは成果として現れるのだと思います。
そして、デザインをコトバに置き換えたときにもう一つ感じたことがありました。それ
は「デザイン」と「アート」の違いです。アートには、実用性・実現性を伴いません。
そして「正確に、わかりやすく、最良のカタチで伝える」必要がありません。アートそ
のものが「モノ」であり「コト」だからです。
最近、デザイナーのアーティスト化傾向が目立ちます。伝えたい「モノ」の実用性と実
現性を無視したデザイン(デザインというべきではないですが)です。

私はやはりデザインの存在意義は、伝えたいと思う相手がいるからこそ成り立つものだ
と考えます。そして、相手(ターゲット)にとってそれが何かしらのソリューションと
なり、生活が豊かになることが大事なのです。「コミュニケーションデザイン」という
言葉がありますが、「デザイン」そのものがコミュニケーションなのだと思います。


───────────────────────────────────────
□□□□□□□□□□□□□□□■ 編集後記 ■□□□□□□□□□□□□□□□□
───────────────────────────────────────
■発行申請から約2ヶ月を経て、ようやく皆様の元へお届けする事ができ、大変嬉しく
思っています。今後も日頃のクリエイティブ業務の一環として活きたメールを皆様にお
届けできるよう、楽しみながらがんばろうと気合いを入れています。
『竜玉堂』という、企業のブランディングをサポートするサイトについても近日スター
トの予定。「ブランド」のもつ本来の意味を考えながら価値ある「ブランド」づくりを
志す経営者の方々のお役に立ちたい。そして「ブランド」の活性化を通して、健全な社
会の実現に少しでも貢献できたらと思っています。今後ともよろしくお願いします。
(片桐)
■皆様にとって有益な情報の提供と、デザインの視点からブランディング構築のお手伝
いをしたいと考えています。これからの私たちにどうぞご期待ください!(山美)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□発行元    : 株式会社ベーシッククリエイティブ
□購読中止・変更: http://www.basic-cr.co.jp/mailmagazine/
□発行システム : まぐまぐ(http://www.mag2.com/ ) ID:0000146401
□ご意見・ご感想は info@basic-cr.co.jpまで!
□Copyright(C) 2005 SO, All Rights Reserved.
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するはてなブックマークに追加del.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録/解除

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. ベストセラー「人生は逆転できる!」著者/小さな会社★天職起業の成功事例100連発!

    最終発行日:
    2016/11/28
    読者数:
    225人

    アマゾン<中小起業経営>で2002年12月〜5年連続ベストセラー第1位を続ける「小さな会社★儲けのルール」と「逆転バカ社長/天職発見」著者で、1992年〜現在まで大小1000回を越える日本最大級の起業勉強会「ベンチャー大学」主宰の栢野克己/カヤノカツミが贈る、小さな天職起業で人生逆転目指す人への応援歌!

  2. 営業職「誰もやらない」101の秘策

    最終発行日:
    2016/04/18
    読者数:
    172人

    営業担当の皆様、営業の上司の皆様、これから営業になりたい皆様向けにお送りしています。現在は、内気な人が営業をするにはどうしたら良いのか?ということで、「内気営業『中島』のマル秘営業テクニック」をお送りしています。明るさや話し上手をあきらめた「中島」のちょっとした工夫をこっそりお伝えしています。

  3. よくわかるNPO法人設立

    最終発行日:
    2015/03/14
    読者数:
    62人

    今やNPO法人は自分たちで手続きして設立するのが主流!役所のマニュアルや堅苦しい解説とは違って超気楽に読める、NPO法人についての連載。設立をめざす人はもちろん、そうでない人も知っておいて損のない内容です。

  4. アフィリエイトでガンガン稼ぐ

    最終発行日:
    2014/11/21
    読者数:
    153人

    初心者でも出来るアフィリエイトの紹介です

  5. ウォールストリートジャーナルから見た起業のヒント

    最終発行日:
    2016/12/06
    読者数:
    88人

    グローバルビジネスマンなら必読の米経済誌ウォールストリートジャーナル「THE WALL STREET JOURNAL」。この記事を読んで、新規事業・新商品のヒントを掴みましょう。英語の勉強にもなります。

発行者プロフィール