文学

「気がきく人」になる方法

人を喜ばせて楽しい思いをさせるのは、それ程難しくは無い。相手の人に関心を持ち、相手の気持ちをちょっと推し測るだけでよい。しかし「滅私奉公」的であってはならない、相手が負担を感じるだけだ、ではどうすれば?


全て表示する >

気がきくと言われるものの言い方は?

2006/06/22

**********************************************************************
★☆★ ♪自宅で空いた時間で副収入♪ <借金生活脱出だぁ〜> ★☆★
 
           普通の人がたくさん、副収入で! ≪無借金≫ w(^O^)w
           『年収』みたいな≪月収≫にぃぃ〜! ホントびっくりですぅぅ!
★☆★ 事実です→http://winsome.sakura.ne.jp/fkc/go1/index.htm  ★☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       【 「気がきく人」になる方法 】 
                            第10号

─────── 気がきくと言われるものの言い方は? ───────

------------------------------------------------------------------

◆ ご 挨 拶 ◆

◆ 10.「彼女は元気?」 ◆

------------------------------------------------------------------

◆ご 挨 拶◆

”「気がきく人」になる方法”なるメルマガを発刊いたしました発行人の松下です。

この「気がきく人」とは、うまくいけば自分の評価を上げられること請け合いですが、

足りなかったり、はたまた、過ぎたりしては相手にとって不快であったり、自分の評価をすぐに

下げるというやっかいなシロモノです。こうすればいい、ああすればいいとか言われてもその場面で

いかに自分が、その事を実行できるかどうかは人様々ではないでしょうか?

たとえば仕事帰りに「お疲れさまでした」のあとに、「今日は忙しかったね」と付け加えれば

言われた方は気持ちが休まる。

こういった具合にちょっとした配慮や、相手の事を思いやることで自分の評価は

ずいぶんと違ってくるものです。

本当は問題はきわめて簡単なのです。それはお互いが相手に細かい自然な気配りをすればいいだけの事なのです。

★…………………………………………………………………………
あと5万!!毎月支払いに追われて生活費が足りない我が家でした。
どうしようかと途方にくれている時にこのHPに出会いました。
http://winsome.sakura.ne.jp/fkc/kog/index.htm
最初は主婦の私にできるかどうか不安でしたが、
今月は、滞納していた家賃2か月分支払っちゃいましたぁ〜!
…………………………………………………………………………★
───────────────────
  ◆ 10.「彼女は元気?」 ◆
───────────────────

上司と部下、この一言で心の距離は縮まるものである。

「仕事の鬼」と言われている人がいる。仕事ひとつに打ち込んでいて、

仕事を取り上げたら何も残らないような人だ。

つきあいも取引先や社内だけで、仕事上のものしかない。

友人との交流もあまりなく、同窓会があっても、仕事上の会合を優先する。

趣味は何かと聞くと、「仕事」という答えが返ってくるぐらいで、

何の趣味もない。それだけに、仕事に関しては、上司に対しても部下に

対しても非常に厳しい。どこまでも自分の筋を通していくので、

上司に対しても敢然と食ってかかる。

もちろん、自分自身に対しても、情け容赦なく厳しい態度に徹している。

しかし、そのような人にも弱みはある。

家族の話になると、途端に、普段の態度は一変する。

論理もまったく通用しない世界になり、身を乗り出して話しはじめたかと思うと、

相手の言ってくれるコメントに目を細めて耳を傾ける。

どんな人にとっても、家族が最も大切だ。

仕事一筋で、家族をまったく顧みないように見えても、家族のことは

最優先事項である。大切な家族の生計を立てていくために、一所懸命に働き、

会社に尽くしているのである。

ただ、人によっては、仕事に一心不乱になっていくにつれて、

「家族のため」という当初の目的を忘れてしまうだけである。

****************************************************************
旦那には内緒ね!(*^_^*)
  http://winsome.sakura.ne.jp/fkc/LW/index.htm
****************************************************************

「手段」である要素のほうが多かった仕事が、いつの間にか「目的」自体に

なってしまうのだ。本末転倒と言うほかはない。

「家族と仕事とどちらを大切にするべきか」という点は、

よく考えてみれば明らかである。

家族を取り替えるのは、不可能に近い。たとえ取り替えることができたとしても、

相当な「痛み」を伴う。仕事のほうはと言えば、いざとなれば、

それほど取り替えが難しいものではない。実力さえ備えておけば、

人材流動化の時代における転職は容易である。,

とにかく、家族の重要性は否定できない。したがって、上司にときどき

家族のことを聞かれると、うれしいと思う。特に、子供について、

「何年生になったのか」とか、「相変わらずバレエをやっているのか」などと

聞かれると、聞いてくれた上司に対して人間味を感じる。

上司が、自分の子供の名前やだいたいの年齢などを覚えていて、

それを口にしてくれれば、部下としては感激する。

「そんなにまで自分や自分の家族に関心を持っていてくれたのか」と思い、

人間的な親しみを覚える。

部下を招いて食事をするのもよいが、たまには家族も一緒に招いてみる。

家族ぐるみのつきあいになれぼ、上司と部下との親密度や信頼度も、

さらに高まるのは間違い

ない。本人同士だけではなく、本人の背後にある家族同士の結びつきも

できるからである。

自分自身のことよりも、自分の家族のことを気遣ってくれるほうが、

ありがたみが大きい。

****************************************************************
  資格・能力・人脈・コネが全く無い私が
  自宅で空いた時間に簡単なお仕事で
  給料の2倍頂いちゃいましたぁ〜♪ (*^_^*)
  ここで〜〜す⇒ http://winsome.sakura.ne.jp/fkc/itt/new.htm
****************************************************************
-------------------------------------------------------------------------
「気がきく人」になる方法は下記メルマガサイトを利用して発行しています。
     お問い合わせ:woodyline@hotmail.co.jp
-------------------------------------------------------------------------

購読の登録&解除は、下記URLよりお願い致します。

解除&登録&バックナンバー購読はすべてこちらから

melma!    http://www.melma.com/taikai/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-11-19  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。