文学

「気がきく人」になる方法

人を喜ばせて楽しい思いをさせるのは、それ程難しくは無い。相手の人に関心を持ち、相手の気持ちをちょっと推し測るだけでよい。しかし「滅私奉公」的であってはならない、相手が負担を感じるだけだ、ではどうすれば?


全て表示する >

気がきくと言われるものの言い方は?

2006/03/26

**********************************************************************
★☆★ ♪自宅で空いた時間で副収入♪ <借金生活脱出だぁ〜> ★☆★
 
           普通の人がたくさん、副収入で! ≪無借金≫ w(^O^)w
           『年収』みたいな≪月収≫にぃぃ〜! ホントびっくりですぅぅ!
★☆★ 事実です→http://winsome.sakura.ne.jp/fkc/go1/index.htm  ★☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       【 「気がきく人」になる方法 】 
                             第7号

─────── 気がきくと言われるものの言い方は? ───────

------------------------------------------------------------------

◆ ご 挨 拶 ◆

◆ 7.二つ返事で応じたくなる、ものの頼み方、命令の仕方 ◆

------------------------------------------------------------------

◆ご 挨 拶◆

”「気がきく人」になる方法”なるメルマガを発刊いたしました発行人の松下です。

この「気がきく人」とは、うまくいけば自分の評価を上げられること請け合いですが、

足りなかったり、はたまた、過ぎたりしては相手にとって不快であったり、自分の評価をすぐに

下げるというやっかいなシロモノです。こうすればいい、ああすればいいとか言われてもその場面で

いかに自分が、その事を実行できるかどうかは人様々ではないでしょうか?

たとえば仕事帰りに「お疲れさまでした」のあとに、「今日は忙しかったね」と付け加えれば

言われた方は気持ちが休まる。

こういった具合にちょっとした配慮や、相手の事を思いやることで自分の評価は

ずいぶんと違ってくるものです。

本当は問題はきわめて簡単なのです。それはお互いが相手に細かい自然な気配りをすればいいだけの事なのです。

★…………………………………………………………………………
あと5万!!毎月支払いに追われて生活費が足りない我が家でした。
どうしようかと途方にくれている時にこのHPに出会いました。
http://winsome.sakura.ne.jp/fkc/tml/index.htm
最初は主婦の私にできるかどうか不安でしたが、
今月は、滞納していた家賃2か月分支払っちゃいましたぁ〜!
…………………………………………………………………………★
────────────────────────────────────
  ◆ 7.二つ返事で応じたくなる、ものの頼み方、命令の仕方 ◆
────────────────────────────────────
****************************************************************
旦那には内緒ね!(*^_^*)
  http://winsome.sakura.ne.jp/fkc/kog/index.htm
****************************************************************

人に強制されて働くのは奴隷である。しかし、あちらこちらの職場で、

部下を奴隷と同じようなかたちで使っている上司は少なくない。

そのような上司は、部下を奴隷のように扱っているとは思っていない。

しかし、特定の仕事を、「やれ」と命令していれば、労働を強制していることにほかならない。

もちろん、部下としても、上司から言われた仕事をするのが義務であることは、

十分にわかっている。それは、職場におけるお互いの了解事項である。

しかしながら、義務であるからといって、頭ごなしに強制してよいとはかぎらない。

命令される側にしてみれば、「強制」というニュアンスが感じられるときは、

自分の「自由に対する侵害だ」と受け取る。自由を拘束されたと思ったとき、人は反抗する。

反抗するためには、多大のエネルギーを要する。

仕事の場では、仕事そのものにできるだけのエネルギーを傾注するのが理想的である。

部下に反抗のためのエネルギーを使わせることは、できるだけ避けるのが、

上司の務めでもある。自主的に働く環境をつくり出さなくてはならない。

「命令」は強制であるから、してはいけない。仕事をしてもらえるように「頼む」のである。

それも、「頼み込む」のではなく、部下と「交渉」をして仕事をしてもらうようにする。

ただし、実際に交渉をしたのでは、まだるっこくて仕事にならない。

交渉をするという心構えで、仕事をしてもらおうとするのである。

部下の自主性を認めるような言い方をしたり、ソフトな前口上を言うのも、

人の神経を和らげるのに役立つ。「午前中でよいから」とか「忙しいのはわかっているのだが」とか、

ちょっとした前置きを言うだけで、強制の響きが薄らぐ。

ふだんから、部下の仕事に対する行動様式をよく観察しておくことも重要だ。

一週間とか一日とか、一定期間内において、人はそれぞれ特有のリズムに従って動いている。

「朝型」とか「夜型」とか言われている行動のパターンは、その一例である。

それを完全に無視したのでは、効率的な働きも期待できない。

そこまで部下のことを把握したうえで、部下の立場に立って、

部下と一緒に仕事をしていく心構えが重要だ。

****************************************************************
  資格・能力・人脈・コネが全く無い私が
  自宅で空いた時間に簡単なお仕事で
  給料の2倍頂いちゃいましたぁ〜♪ (*^_^*)
  ここで〜〜す⇒ http://winsome.sakura.ne.jp/fkc/itt/new.htm
****************************************************************
-------------------------------------------------------------------------
「気がきく人」になる方法は下記メルマガサイトを利用して発行しています。
     お問い合わせ:woodyline@hotmail.co.jp
-------------------------------------------------------------------------

購読の登録&解除は、下記URLよりお願い致します。

解除&登録&バックナンバー購読はすべてこちらから

メルマガ天国 http://melten.com/m/22161.html

E-Magazine  http://www.emaga.com/

melma!    http://www.melma.com/taikai/

Melcup      http://www.melcup.com/

カプライト  http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/11316.html

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-11-19  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。