文学

「気がきく人」になる方法

人を喜ばせて楽しい思いをさせるのは、それ程難しくは無い。相手の人に関心を持ち、相手の気持ちをちょっと推し測るだけでよい。しかし「滅私奉公」的であってはならない、相手が負担を感じるだけだ、ではどうすれば?


全て表示する >

気がきくと言われるものの言い方は?

2005/12/15

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       【 「気がきく人」になる方法 】 
                             第4号

─────── 気がきくと言われるものの言い方は? ───────

------------------------------------------------------------------

◆ ご 挨 拶 ◆

◆ 4.うれしい叱られ方、つらいだけの叱られ方がある! ◆

------------------------------------------------------------------

◆ご 挨 拶◆

”「気がきく人」になる方法”なるメルマガを発刊いたしました発行人の松下です。

この「気がきく人」とは、うまくいけば自分の評価を上げられること請け合いですが、

足りなかったり、はたまた、過ぎたりしては相手にとって不快であったり、自分の評価をすぐに

下げるというやっかいなシロモノです。こうすればいい、ああすればいいとか言われてもその場面で

いかに自分が、その事を実行できるかどうかは人様々ではないでしょうか?

たとえば仕事帰りに「お疲れさまでした」のあとに、「今日は忙しかったね」と付け加えれば

言われた方は気持ちが休まる。

こういった具合にちょっとした配慮や、相手の事を思いやることで自分の評価は

ずいぶんと違ってくるものです。

本当は問題はきわめて簡単なのです。それはお互いが相手に細かい自然な気配りをすればいいだけの事なのです。

★…………………………………………………………………………
あと5万!!毎月支払いに追われて生活費が足りない我が家でした。
どうしようかと途方にくれている時にこのHPに出会いました。
http://winsome.sakura.ne.jp/fkc/tml/index.htm
最初は主婦の私にできるかどうか不安でしたが、
今月は、滞納していた家賃2か月分支払っちゃいましたぁ〜!
…………………………………………………………………………★
────────────────────────────────────
  ◆ 4.うれしい叱られ方、つらいだけの叱られ方がある! ◆
────────────────────────────────────
****************************************************************
旦那には内緒ね!(*^_^*)
  http://winsome.sakura.ne.jp/fkc/kog/index.htm
****************************************************************
子供の教育は難しい。悪いことをしたときに叱ってばかりいると、委縮してしまって

子供らしい活発さを失ってしまう。逆に、まったく叱らないでいると、

善悪の区別もつかないわがままな人間に育ってしまう。したがって、上手に叱って、

バランスを取りながら育てていかなくてはならない。

仕事の場においても、「叱る」必要性については、あまり違いはない。

子供の場合と異なるのは、ある程度は善悪の区別がつく、ということである。

したがって、ビジネスの場で許されないことをしても、本人がそのことを

わかっていないときは、子供に対するのと同じような叱り方をしなくてはならない。

しかしながら、ほとんどの場合、間違ったことをしたときは、本人には悪いことを

したという自覚がある。そのとき、二度としないようにしようと反省しているのが

明らかであれば、わざわざ叱る必要はない。叱って追いうちをかけても、

単に反抗的になったり、恨みを買ったりするだけである。

ただし、反省すれば、それで事がすむと考えていてはいけないので、

間違いの内容によっては、厳重に注意しておく必要がある。

叱るときに忘れてならないのは、「人」ではなく、間違いを犯したという「事実」に

焦点を合わせることである。「叱る」というのは、間違いを犯したことに対する罰であるが、

それよりも重要なのは、将来に対する戒め、ないしは対策という面である。

「人」に焦点を合わせて叱ると、何とか罪から逃れようとする意識が働くので、

間違いの起こった原因の糾明がおろそかになる。罰を与える面が強調されるので、

悪いことをしたから当然であるとはいえ、本人も立つ瀬がなくなる。間違いという事実に

焦点を合わせて、その原因を好意的な角度から探していく。

たとえば、慎重さが足りなかったときに、「君の不注意だった」と頭ごなしに叱らないで、

「ちょっと勇み足だった」という言い方をしてみる。叱られた側も、全面的な人格否定ではないので、

救いを感じる。また、叱るのは「非公開主義」が原則である。重大な間違いのときには、

叱ったという「事実」を公表するのは、ときによっては必要であるが、「見せしめ」に

叱るのではないから、ほかの人たちの見えないところで叱るべきだ。

そんなことをされたら、本人も人に合わせる「顔」がなくなる。

****************************************************************
  資格・能力・人脈・コネが全く無い私が
  自宅で空いた時間に簡単なお仕事で
  給料の2倍頂いちゃいましたぁ〜♪ (*^_^*)
  ここで〜〜す⇒ http://winsome.sakura.ne.jp/fkc/itt/new.htm
****************************************************************
-------------------------------------------------------------------------
「気がきく人」になる方法は下記メルマガサイトを利用して発行しています。
     お問い合わせ:woodyline@hotmail.co.jp
-------------------------------------------------------------------------

購読の登録&解除は、下記URLよりお願い致します。

解除&登録&バックナンバー購読はすべてこちらから

RanSta     http://ransta.jp

メルマガ天国 http://melten.com/m/22161.html

E-Magazine  http://www.emaga.com/

melma!    http://www.melma.com/taikai/

Melcup      http://www.melcup.com/

めろんぱん  http://www.melonpan.net/mag.php?008993

カプライト  http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/11316.html

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-11-19  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。