文学

【殺気ある文学】……見沢知廉を読む

稀代の純文学作家見沢知廉を顕彰し追悼するファンクラブのメールマガジン。見沢知廉の未発表作品に関する最新情報や、見沢文学への書評などを掲載する。

メルマガ情報

創刊日:2005-11-13  
最終発行日:2011-09-02  
発行周期:月一回  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

最新記事

最新のコメント

  • 福田2009-08-26 20:44:29

    「かれ、ときどき、テロリスト」は、見沢さんがモデルですが、フィクションですから実際とは少々違うのでしょう。しかし私は読んでいる間見沢さんと一緒にいられた気持ちがしてとても嬉しかったし、一気に読み終わりました。どんどん先を読みたいと思いながら小説が終わってしまうのが嫌だと言う思いを持ちました。見沢さんの「天皇ごっこ」は教科書の文学史年表にのるべきだ!と思ってる私は、見沢さんに対する世間の過少評価にいつも怒っています。今回このような形で見沢さんがモデルの小説がでた事は私に喜びとともに希望を与えてくれました。この物語は異質なものを理解してゆく過程を描いた小説、自分のアイデンティティと向き合う小説と言えるかもしれません。本山さんの意見には賛成ですが、私は「千と千尋」でハクが千と一緒に自分の名前(アイデンティティ)を思い出す場面さえ麗しいラブシーンと思ってしまい、はりはらと涙を流してしまうので、この小説もラブストーリーだと思って読んでいました。「蒼白の馬上」や「調律の帝国」に象徴されるような重苦

    しい見沢さんの(一面の)イメージとは違い明るめの文体で書かれており、逆に対象と距離感を持って描けたように感じました。もちろん暗く書こうとすれば著者はいくらでもそうできたでしょう。題材が題材だけに難しいでしょうが、「かれ、ときどき、〇〇イスト」で続編が読めると嬉しいです。

  • 岡崎一郎2007-09-25 07:22:54

    メールマガジンの編集、発送ご苦労さまでした。また、ありがとう。



    今号のメールマガジンは、とても、感動して読みました。



    タカユキ君の書かれた、分骨埋葬富士登山記は、統一戦線義勇軍HPリンクの針谷議長のブログでも感激する文章が読めます。



    野村秋介先生の分骨を埋葬した平成6年夏の時のことはいづれ機会があればメールマガジンに文を寄せたいと思います。



    生前野村先生とお会いする機会の無かった見沢君の喜ぶ顔が目の前に浮びます。



    今後も無理なく末永くファンクラブの活動を続けて下さい。陰ながら祈っております。合掌。

  • りん2006-08-01 03:03:48

    ?m?lから見沢?m廉さんの事を聞いていましたが?Aどんな?lなのか?cまったく?mりませんでした?B



    今日?Aこちらの?yー?Wを見てほんの少しですが?Aわかったような?Cがします?B



    ?m?lを通じて?H事でも?cとお?Uいがあった時に?sっておくんだった!という?C持ちです?c



    これから本を読んでみようと?vいます?B

  • 南郷美輝2006-03-06 08:42:49

    執筆者の文章内容が、かなり異なっており、面白く読めた。

    しかし、その根底には、三者に共通する「見沢知廉」という素晴らしいキーワードが生きている。