占い

意外な「自分」を知る小さな心理実験室へようこそ

自分の事は自分が一番よく知っている…大抵の人はそお思っています。でもその一方で、私達は自分が自分でわからなくなることもしばしばです。「私はこんな人間」という先入観は捨て、自分の可能性を広げる旅に出ましょう。



全て表示する >

意外な「自分」を知る小さな心理実験室へようこそ

2006/04/07



*****************************************************************************
*****************************************************************************

【意外な「自分」を知る小さな心理実験室へようこそ!】  
                                  第10号   

*****************************************************************************
*****************************************************************************

こんにちは!メロンパンダです。

自分のことは自分が一番よく知っている…
大抵の人はそお思っています。

その一方で、私達は自分が自分でわからなくなることもしばしばです。
ほんとうの自分っていったい…
「自分」を次の4つに分類してみましょう。

1.明るい窓 →私にもわかっていて、他人も知っている自分
2.隠された窓→私はわかっているけれど、他人にはわからない自分
3.盲目の窓 →私にはわからないのに、他人は知っている自分
4.暗い窓  →私にも他人にもわからない自分

あなたという人間は、あなたが知っている自分がすべてではないということです。
「どうせ私はこの程度」と思うのは早とちりかもしれませんね。

自分をもっとよく知って、自分の可能性を広げる旅に出ましょう。

******************************************************************************

■新聞の下段によく載っている週刊誌の広告。
 あなたは、それをどのように読みますか? 

1.最初の見出しから順々に全部読む

2.気になる見出しだけ拾い読みする

3.大きな見出しだけ見る

4.注意して見たことがない



↓解説

*****************************************************************************

人は孤独や不安を覚えると、家庭や同僚、恋人など自分と似た境遇の人や自分を理解
してくれる人と一緒にいたい、という気持ちが強くなります。
余程の人間嫌いでない限り人はだれか自分を理解してくれる人と親密な関係になりた
いと望みますが、問題はその欲求の強さ。
同じ人間でも状況に応じて親和欲求は強くなったり弱くなったりします。

このテストは、あなたの親和欲求度をチッェックするとともに、異性との接し方を診断
します。

1.相手のことをすべて知ってから好きになる慎重派。
  一度親しくなると親和欲求が急に増すタイプ。

2.異性にすぐ一目ぼれしてしまう熱愛派。
  異性に対する親和欲求は一番強い。

3.ほかの異性と本人を見比べてから選ぶタイプ。
  親和欲求は高めだが八方美人的なところがあり、だれにでも愛想がいいので、
  求愛された異性は戸惑うかも。

4.異性に対して無頓着なタイプ。
  総じて親和欲求は低い。
 

*****************************************************************************

  資格・能力・人脈・コネが全く無い私が
  自宅で空いた時間に簡単なお仕事で
  給料の2倍頂いちゃいましたぁ〜♪ (*^_^*)
  ここで〜〜す⇒ http://winsome.sakura.ne.jp/REO/tml/myfinp.htm

***************************************************************************** 
                               
【意外な「自分」を知る小さな心理実験室へようこそ!】

お問い合わせ:angel523jp@yahoo.co.jp

*****************************************************************************

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-10-15  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。