ビジネス一般

失敗を大失敗にしない為の転ばぬ先の知恵

今の社会では一つの失敗が次のつまずきを誘発し、失敗を容易に取り戻すのが難しい環境になりつつあることは間違いないでしょう。そんな中にあって、この厳しい時代を力強く、かつ賢明に生き抜くためのヒントを著名な人たちの言葉を引用しながら紹介します。

全て表示する >

失敗を大失敗にしない為の転ばぬ先の知恵

2005/12/09

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

         【失敗を大失敗にしない為の転ばぬ先の知恵】
                            
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

いっぱい残業したので期待していたボーナスは下がっていました。
5万のローンの支払いにも困りました。もう限界でした。

そんなとき、このホームページに出会いました!

ローン2か月分の収入になり、支払いにも余裕が出来たので
家族で外食にも行けました。(^m^ )クスッ

本当に助かってます!


http://adv.ciao.jp/wy/index.html

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


【!)嫌われること″に臆病になるな】

 
私たちは多くの人から好かれたい、できれば知人友人の皆から
好かれたいと思う。

ところが、「われわれはいくら人から好かれようと努力しても、
すべての人から好かれるわけには決していかない。それは、われ
われがあらゆる人を分け隔てなく愛そうとしてもそうはいかないのと
同じである」。これは河盛好蔵さんの言葉である。

最近のことだが、四十代半ばという男性から電話をいただいた。
その人は、こんな質問をしてきた。

「私の勤務する会社の中で、どうも私を嫌っている人がいるようだ。
それを考えると最近は眠れなくて困っている。どうすればいいだろうか」
という内容である。

 よく聞いてみると社員が三百名ほどの会社で、この人は本社の
経理課に所属しているという。本社には五十名ほどの社員がいるそうだ。

 このくらい社員がいれば、表面は別にしても多少はこの人を嫌う人が
いてもしかたがないと思うのだが、この人はとても心配だというのである。

 そんな考え方でいると、職場では言わねばならないことも言えない。
人間誰でも、自己主張しなければならないときがあるのだが、それすら
できなければ、「どっち向いてもいい顔ばかりしやがって……」と言わ
れるに違いない。

 私がいた会社でも、この電話の男性ほどではないが、とにかく周囲から
好かれるとは言わないまでも、敵意だけは持たれたくないということを
信条とする男性がいた。彼は接触の少ない人には、最初のうちこそ、
「いい人だ」とか「温厚でイヤなことを人に言わない人」として好かれるが、
半年とか一年経ってくると、いわゆる毒にも薬にもならない人として、部下に
まで小馬鹿にされていた。

 なぜかと言うと、「これこれをどうしますか」と新人などが仕事の質問を
する。すると、「誰々さんに聞いてみて」と言うのである。爪の先ほどでも
責任が自分にかかりそうなことは、「逃げるにしかず」と考えるのであろう。
本人はそういう自覚はないと思うが、周囲はみな、そう思っていたものである。
だから会議ともなると、発言の番がくると、しかたなく「私も誰々さんと同じ
です」と右へならえの発言になる。

 ある月刊誌が、「沈黙は禁」という記事を載せていたが、周りにいい顔だけ
を見せたいための沈黙は、自分に対する周囲の評価をかえって軽薄なものに
するのではなかろうか。

 進んで敵をつくるのは愚かだが、日頃から個性ある仕事をしていれば万人を
味方になどできるはずはない。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

何をやっても駄目だったけど、これは違った!

健康的に楽に減量したいならお勧めです!
私の場合、2ヶ月で3号ダウン!
めちゃくちゃ嬉しい!

http://nourifusion.sakura.ne.jp/achieve/yasur/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
発行者:高橋勝文
このメールマガジンのお問合せは:katubunn@yahoo.co.jp
それぞれのメールアドレス宛に空メールを送ると、あなたのマガジンを登録・退会することができます。 
登録用メールアドレス: mob_add_3736@mail.ransta.jp 
退会用メールアドレス: mob_del_3736@mail.ransta.jp 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-10-03  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。