ビジネス一般

失敗を大失敗にしない為の転ばぬ先の知恵

今の社会では一つの失敗が次のつまずきを誘発し、失敗を容易に取り戻すのが難しい環境になりつつあることは間違いないでしょう。そんな中にあって、この厳しい時代を力強く、かつ賢明に生き抜くためのヒントを著名な人たちの言葉を引用しながら紹介します。

全て表示する >

失敗を大失敗にしない為の転ばぬ先の知恵

2005/11/08

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

         【失敗を大失敗にしない為の転ばぬ先の知恵】
                            
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

いっぱい残業したので期待していたボーナスは下がっていました。
5万のローンの支払いにも困りました。もう限界でした。

そんなとき、このホームページに出会いました!

ローン2か月分の収入になり、支払いにも余裕が出来たので
家族で外食にも行けました。(^m^ )クスッ

本当に助かってます!


http://adv.ciao.jp/wy/index.html

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


【後思案、居計らい】

 
「腰抜け武士の後思案」という言葉は、祖父母あたりから聞かさ
れたとは言え、昭和一ケタ生まれの世代くらいまでの記憶にしか
ないだろう。

 実戦では、からっきし役立たずのくせして、後でああだこうだと
後講釈や思案をするへっぴり腰の武士という意味である。

 似たような言葉は他の国にもあるもので、諸葛孔明の軍談と
言われるものに、「腰抜けの居計らい」というのが記されている。
自ら動こうとはせずに、頭の中だけでいかにも賢そうなことを
しゃべる臆病者という意味である。

 昨今の政治家たちは、腰抜けの居計らいと言えなくもない。自らの
利害得失や派閥抗争前哨戦に汲々としているのではないか。

 さて、政治家のことは置いておいて、私たちの身辺にも、こう
した人たちが少なくないのではあるまいか。

 こういう後思案タイプの特徴は、とにかく過去をよく語るのである。
未来を建設的に語るのではなく、過ぎたことを、しかも多くの場合、
人への批判を交えて、「だから、あれではダメなんだ」とか、
「あのやり方ではなく、これこれのやり方をすればうまくいったはずだ」
という言い方である。

 Aさんは、一流大学を出た、いわゆる学(歴)あり、金ありの人である。

 しかし彼は、四十歳の頃も、五十歳になっても、自ら行動して物事の
渦中に飛び込むことはせず、渦の外からあれじゃダメだとか、「彼ら
には、行動哲学というものが育ってないよ」
などと言い続けて、とうとう六十歳になってしまった。

 親から遺された土地はとうとう人手に渡り、同じく親から引き継いだ
会社も小さく縮んでしまった。Aさんを社長として仕えるに足りずと
見限った部下たちが、優秀な順に離れていったのである。

なぜそうなるかと言うと、たとえば「新規客を開拓せよ」と部下たち
には指示する。しかし一方で、根気よく自分に売り込みをかける他社の
営業マンを、「しつこい奴だ」と部下たちの前で一蹴する。それで部下
たちはA社長の真意を計りかねるのである。本来、「感心な営業マンだ、
彼を見習え」と言うべきことにAさんは気づかないのである。

 居計らい型の人というのは、人心に鈍感なのも共通するようだ。
他人の気持ちを推し量れない者には、賢策はなかなか生まれない。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

何をやっても駄目だったけど、これは違った!

健康的に楽に減量したいならお勧めです!
私の場合、2ヶ月で3号ダウン!
めちゃくちゃ嬉しい!

http://nourifusion.sakura.ne.jp/achieve/yasur/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
発行者:高橋勝文
このメールマガジンのお問合せは:katubunn@yahoo.co.jp
解除は空メール:mob_del_3736@mail.ransta.jp 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-10-03  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。