トップ > 学校・教育 > 語学 > JTECSタイ語コース・ニュース

JTECSタイ語コース・ニュース

RSS

(社)日・タイ経済協力協会(JTECS)タイ語コースの非公式メールマガジンです.「タイ語コース」・「タイ語検定試験」・「JTECS友の会」などや,その他タイ語やタイに関する情報をお届けします.



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


最新の記事リスト

  1. このメルマガはサンプル記事のみ表示されています

メルマガ情報

最終発行日:
2009-04-30
発行部数:
256
総発行部数:
6085
創刊日:
1999-09-07
発行周期:
不定期
Score!:
-点

このメルマガはサンプル記事のみ公開されています(最新号を読むにはメルマガ登録が必要です)

**********************************************************************
[JTECS TLC NEWS - 001]
                      
          「JTECSタイ語コース・ニュース」
             − Vol. 001 −
               1999/09/16
            
**********************************************************************

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 こんにちは,初めまして.
 JTECS((社)日・タイ経済協力協会)タイ語コースの水野と申します.
JTECSタイ語コースでは主任講師を務めています.
 このたびは,「JTECS TLC NEWS (JTECSタイ語コース・ニュース)」を
ご購読いただき,ありがとうございます.
 「JTECS TLC NEWS」では,JTECSの主にタイ語コース関係の情報をリアル
タイムで皆様にお届けする予定です.
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 今回は,JTECSタイ語コースの「受講案内」です.
 最初ですから,JTECSタイ語コースのことを何もご存知ない方を対象とし
ています.ちょっと長文になりますが,ご容赦ください.次回からは,変更
のあった部分のみになりますので,このような長文にはならないと思いま
す.
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

*目次 *
 1.JTECSタイ語コース受講案内
     <はじめに>
     <JTECS((社)日・タイ経済協力協会)の概要>
     <JTECS タイ語コースの特色>
     <受講申込手続き>
 2.受講の手引き
     <受講例チャート>
     <コースの変更および新コースについて>
     <受講時間等>
     <受講料・教材費一覧>
 3.コースの内容
 4.開講予定
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

||||||||||||||||||||||||||||||||||
1.JTECS タイ語コース受講案内
||||||||||||||||||||||||||||||||||

<はじめに>

 タイは現在,日本でもっとも人気のある国の一つです.一度タイを訪れて
からその魅力にとりつかれる方も多くいらっしゃることでしょう.また仕事
でタイに赴任される方,留学やスタディツアーへの参加などさまざまな交流
の機会が広がっています.タイをより深く理解するために,タイ語の学習は
欠かせないものです.
 そこで当協会では

  1)タイに関心のあるすべての人にタイ語を学ぶ機会を提供する
  2)さらに高度で実践的なタイ語を学べる機会を提供する
  3)タイ語の学習を通じてタイ社会や文化を理解し,両国の友好を促進
    する

という考えのもと,まったく初めての方からすでに学習経験をお持ちの上級
の方までを対象とした幅広いコースを設定し,タイ語コースを開講していま
す.クラスは担任制で,タイ人・日本人講師が交替で授業を行ないますので
体系的できめ細かい指導が受けられ安心です.20年にわたる指導実績によ
り,学生から社会人まで幅広い方々の支持を受け,現在日本有数のタイ語コ
ースとなっています.皆様のご参加をお待ちしております.


<社団法人 日・タイ経済協力協会の概要>
Japan-Thailand Economic Cooperation Society (JTECS)

 当協会は,『真にタイのためになる仕事を』という理念のもと,タイ国の
経済・技術の発展に貢献すると共に日本とタイとの友好関係の増進に寄与す
ることを目的として,1972年7月に設立された団体です.日本留学・研修経
験者を中心に設立されたタイ国の法人である泰日経済技術振興協会(TPA
)と提携し,日本からの技術移転や人材育成に関わる様々な事業を行なって
います.現在,TPAでは各種技術経営セミナー,工業計測機器の校正サー
ビスや技術経営情報の収集・提供,語学コース,通信教育,技術書出版,ロ
ボットコンテストなど幅広い活動を展開しています.
 JTECSの日本国内における事業としては,TPA事業の協力支援をはじめ
とし,タイ国の産業・社会情報を提供する機関誌『日・タイパートナーシッ
プ』や,タイの生活情報を紹介し日・タイ交流の場を広げる『JTECS友の会
ニュース』の発行,タイ語コース,タイ舞踊教室,タイ語能力検定試験の実
施,タイ事情講演会やセミナー,交流会の開催などを行なっており,日・タ
イ両国の友好関係に大きく役立っています.


<JTECS タイ語コースの特色>
 1.タイに姉妹団体があり,タイの最新情報に強い機関です.
 2.初級から上級まで豊富なコースを設定しています.(受講例チャート
   を参照してください)
 3.豊富な開講曜日を用意しました.
 4.授業は講義形式ではなく,可能な限り受講者が参加する形式で行ない
   ます.
 5.中級以上のコースは,原則としてタイ語で授業を行ないます.
 6.「仮登録制度」により設定されていないコースも受講可能です.(受
   講申込手続を参照してください)
 7.受講予定者は,受講希望コースの授業を見学することができます.
 8.「JTECS友の会」に入会すると,受講料,教材費の割り引きがありま
   す.
 9.時間のない方には,夏・冬・春の集中コースがあります.
 10.「JTECSタイ語能力検定試験」で学習の成果を計ることができま
    す.
 

<受講申込手続>

[通常の手続き]
1.電話・e-mailなどで,ご希望コースの予約を受け付けております.下記
  の<開講の延期>により開講日が予定よりも遅れることがありますので
  必ずご予約ください.コース選定に際しては,お気軽に係まで電話・
  e-mailなどでお問い合わせください.お申し込みは,コース開始1週間
  前までにお願い致します. 
   (受付時間:火〜金 13:00〜20:00, 土 10:00〜16:00)
   * 日曜日・月曜日はお休みをいただいております.
     TEL. 03-3946-4974    FAX. 03-3946-0896
     e-mail: aikjtecs@mb.infoweb.ne.jp

2.案内書添付の「JTECSタイ語コース申込書」に必要事項をご記入の上,
  当協会タイ語コースまで郵送くださるか,直接窓口までご提出くださ
  い.(ファクスでも結構です)

3.開講1週間前までに受講料のお支払いをお願い致します.
  お振込には,添付の郵便振替の用紙をお使いください.
  [郵便振替口座]
    口座番号 00170−4−255524
    口座名義 「JTECS タイ語講座」
  [銀行預金口座]
    富士銀行 本郷支店 普通預金口座
    口座番号 1602104
    口座名義 「社団法人 日・タイ経済協力協会」

[開講の延期]
・初級コースについては7名,中級・上級コースについては6名に満たな
 いコースは,原則として人数がそろうまで開講を延期いたします.開講が
 決まった段階でご連絡を差し上げます.(開講を延期する場合は,開講予
 定日4日前までにご連絡いたします.連絡を差し上げない場合,コースは
 予定通り開講されます.)

[特別コース]
・上記の最少開講受講者数がそろえば,設定されているコース以外のコース
 でも開講することが可能です.ご相談ください.

[仮登録制度]
・ご自分で最少開講受講者数をそろえることができない場合は,「仮登録」
 を行なってください.ご希望のコースと曜日を承ります.仮登録者数が最
 少開講受講者数に達した時点で開講いたします.

[コースの見学]
・原則として受講を前提とされている場合に限り,受講ご希望のコースを見
 学していただくことができます.あらかじめ電話等でご予約ください.見
 学の時間はその日の最初の1時間です.なお,授業時間途中からの見学は
 お断わりいたします.


||||||||||||||||
2.受講の手引き
||||||||||||||||

 1999年度より,より柔軟に受講者の方々のニーズに対応し,小回りの
利いた開講を可能にするため,開講予定等変更の可能性のある情報について
は,案内書本体より切り離し,短いスパンで更新していくこととしました.
 受講者の方々のご意見等を参考にして,順次「発音矯正コース」,「文字
復習コース」,「ディクテーションコース」,「検定対策コース」など,従
来ないコースも開講していく予定です.
 また,8回のハーフコース,4回のクウォーターコースなども検討してい
ます.
 ご意見,ご要望等はご遠慮なくお気軽にお寄せください.


<受講例チャート>

                会話1
                 |
  エクスプレス1        |
     |          会話2
     |           |
     |           |
  エクスプレス2       文字     
                             初級コース
----------------------------------------------------------------------

                    リスニング1
 エクスプレス3   会話3              講読1
    |       |   特別会話1        |
    |       |     |    総合1   |
 エクスプレス4   会話4    |         講読2
                特別会話2
                             中級コース
----------------------------------------------------------------------

  会話5      総合2   リスニング2
                  
      翻訳                 講読3
                             上級コース
----------------------------------------------------------------------


<コースの変更および新コースについて>
 下記のコースについては98年度までとはコースの内容が異なっています
ので,ご注意ください.

[「エクスプレス3〜4」コース]
 98年度までの「エクスプレス3〜4」コースは,「会話3〜4」コース
としました.新しい「エクスプレス3〜4」は,「エクスプレス2」までと
ほぼ同じような形式で,さらに文法事項や語法などを学びます.「エクスプ
レス4」を終えれば,中級までの文法事項等は網羅されるはずです.テキス
トは,「エクスプレスタイ語」と同様のものを作成します.語や文法的な説
明を受けた後,会話を理解し,簡単な作文によって学んだことを自分のもの
としていきます.

[「会話3〜4」コース]
 98年度までの「エクスプレス3〜4」コースを「会話3〜4」コースと
しました.内容的には全く同じではありませんが,かなりの部分が重複しま
す.授業の進め方は98年度までの「エクスプレス3〜4」とほぼ同じです
が,文法事項等の説明は省き,会話により重点を置きます.なお,97年度
までの「会話3〜4」コースとは全く異なります.

[「特別会話1〜2」コース]
 発音記号を使った中級会話コースです.テキストにはタイ文字も併記して
ありますので,文字を学んだ方も受講いただけます.このコースでは,状況
や相手に応じた適切なことばや言い回しを使い分けることを目標とし,場面
別に会話を練習していきます.これらを身につけることで,自然なコミュニ
ケーションが取れるようになります.テキストは,97年度までの「会話3
〜4」コースと同じ「プリヤーのタイ語会話」(めこん)を用います.

[「リスニング1〜2」コース]
 テープを使って実際にタイ人の話すタイ語を聞き取るコースです.「リス
ニング1」では簡単な文章や会話,「リスニング2」ではより自然で長い文
章などを聞き取っていきます.言い換え練習をしながらテープを繰り返し聞
くことで,タイ語が耳に慣れ,発音のコツもつかめるはずです.
 
 
<受講時間等>
 *時間:<(火)・(木)>  18:30〜20:30 2時間/日,2回/週
          <(火)>       18:30〜20:30 2時間/日,1回/週
          <(水)・(金)>  18:30〜20:30 2時間/日,2回/週
          <(水)>       18:30〜20:30 2時間/日,1回/週
          <(木)>       18:30〜20:30 2時間/日,1回/週
          <(金)>        18:30〜20:30 2時間/日,1回/週
          <(土)>        10:30〜12:30 2時間/日,1回/週
                        14:00〜16:00 2時間/日,1回/週
 土曜日のコースは,コースによって時間帯が異なりますので,ご注意くだ
さい.コースNo.の末尾の数字が「6」のコースは午前,「7」のコースは
午後の開講となります.
 「エクスプレス集中コース」は10:00〜17:00(ただし,12:00〜13:00は昼
休み)です.

 *回数:全コース16回(除く,「エクスプレス集中コース」)
 *休講期間:1999年8月6日(金)〜1999年8月31日(火)
       1999年12月24日(金)〜2000年1月6日(木)
       その他,祝祭日も休講となります.
 *定員: エクスプレス1〜2,会話1〜2,文字  20名
      エクスプレス3〜4,作文1,講読1〜2  15名
        会話5〜7,講読3,翻訳        12名
      エクスプレス集中          12名


<受講料・教材費一覧>
               受講料      教材費
            会員   一般    会員  一般
エクスプレス1,2  46,880円 49,960円  1,890円 2,100円
会話1,2      46,880円 49,960円  3,670円 4,077円
文字         46,880円 49,960円  2,040円 2,243円
エクスプレス3,4,会話3,4,総合1,講読1,2
特別会話1,2,リスニング1
           48,920円 52,000円  2,600円 3,150円
会話5,総合2,リスニング2,講読3,翻訳
           51,980円 55,050円  2,600円 3,150円
エクスプレス集中・特別会話集中
           51,980円 55,050円  1,890円 2,100円

  *既にテキストをお持ちの場合は,教材費は必要ありません.
  *受講料,教材費とも上記金額は税込みの金額です.
  *当協会作成のテキストには,原則としてテープが添付されます.


||||||||||||||||
3.コースの内容
||||||||||||||||

エクスプレス1コース(タイ語入門1)
 対象:初めてタイ語を学ぶ方.タイ語についての予備知識はまったく必要
    ありません.
 内容:まず,発音と文字を勉強し,それから簡単な会話,基本文型などを
    学んでいきます.「タイ文字は難しい」と誤解されている方が多い
    のですが,タイ文字からタイ語に飛び込んでみましょう.タイ文字
    の読み書きができるようになれば,タイ語もいっそう楽しくなりま
    す.
 教材:「エクスプレスタイ語」(第1課〜第8課)(白水社発行)

エクスプレス2コース(タイ語入門2)
 対象:「エクスプレス1」終了,あるいはそれに準じたタイ語力の方.
 内容:「エクスプレス1」の続きです.もうタイ文字でタイ語のテキスト
    が読めるようになっています.文法的には,日常会話で必要な比
    較,可能,使役などの表現を学びます.このコースで会話と文字の
    基本は終わりです.
 教材:「エクスプレスタイ語」(第9課〜第20課)(白水社発行)

エクスプレス集中コース
 対象:初めてタイ語を学ぶ方.タイ語についての予備知識はまったく必要
    ありません.
 内容:「エクスプレス1〜2」で勉強する内容を1日6時間,5日間で集
    中して勉強します.復習さえしていただければ,必ずマスターする
    ことが可能です.
 教材:「エクスプレスタイ語」(第1課〜第20課)(白水社発行)

エクスプレス3コース(タイ語入門3)
 対象:「エクスプレス2」あるいは「文字」終了,あるいはそれに準じた
    タイ語力の方.
 内容:エクスプレス3に引き続き,同じ形式で文法事項や語法などを学び
    ます.
 教材:「エクスプレス3テキスト」(当協会作成)

 エクスプレス4コース(タイ語入門4)
 対象:「エクスプレス3」終了,あるいはそれに準じたタイ語力の方.
 内容:エクスプレス3に引き続き,文法事項や語法などを学びます.
 教材:「エクスプレス4テキスト」(当協会作成)

会話1コース(初級会話1)
 対象:初めてタイ語を学ぶ方.タイ語についての予備知識はまったく必要
    ありません.
 内容:発音の基礎から,数字,基本的な文型,簡単な会話などを学びま
    す.このコースではタイ文字は学ばず,発音記号を用いて授業を進
    めます.
 教材:「実用タイ語会話1」(第1課〜第16課)(泰日経済技術振興協
    会編)

会話2コース(初級会話2)
 対象:「会話1」終了,あるいはそれに準じたタイ語力の方.
 内容:「会話1」の続きです.文法的には,類別詞,助動詞,比較,使
    役,可能,前置詞,接続詞などの内容を学びます.このコースでは
    タイ文字は学ばず,発音記号を用いて授業を進めます.
 教材:「実用タイ語会話1」(第16課〜第29課)(泰日経済技術振興
    協会編)

文字コース(タイ文字の基礎)
 対象:「会話2」終了,あるいはそれに準じたタイ語力の方.
 内容:タイ文字を基礎から勉強します.母音字,子音字の書き方,母音字
    と子音字の組み合わせ方,文字と声調との関係などを,「会話1,
    2」の復習的内容を交えながら,順次学んでいきます.今まで苦労
    して覚えてきたことばが,文字によってしっかりと頭の中に定着し
    ていきます.
 教材:「書いて覚えるタイ語の初歩」(白水社発行)

会話3コース(実戦会話1)
 対象:「エクスプレス2」あるいは「文字」終了,あるいはそれに準じた
    タイ語力の方.
 内容:実戦的な会話を訓練します.初級コースではあまり練習に時間をと
    ることができませんでしたが,このコースでは「実戦」を念頭に,
    受講者のみなさんになるべく多く「話して」いただきます.発音も
    できる限り矯正します.ロールプレーやテキストの実演,言い換え
    練習などを通して理屈抜きで「話す」ことが目標です.
 教材:「会話3テキスト」(当協会作成)
 
会話4コース(実戦会話2)
 対象:「会話3」終了,あるいはそれに準じたタイ語力の方.
 内容:「会話3」の続きです.「会話3」同様,「実戦」を念頭に,使え
    るタイ語をとにかく話す,という点に重点を置きます.
 教材:「会話4テキスト」(当協会作成)
 
特別会話1コース
 対象:「エクスプレス2」または「会話2」終了,あるいはそれに準じた
    タイ語力の方.
 内容:場面や会話の対象に応じて,自然なコミュニケーションを取れるよ
    う練習します.いつ,どこで,誰に,どのような状況で話をしてい
    るのかを明確に設定し,言葉づかいの違いを覚えていきます.テキ
    ストにはタイ文字・発音記号の両方が書かれていますので,タイ文
    字がわからない方でも大丈夫です.
 教材:「プリヤーのタイ語会話」(第1課〜第6課)(めこん発行)
 
特別会話2コース
 対象:「特別会話1」終了,あるいはそれに準じたタイ語力の方
 内容:「特別会話1」の続きです.「特別会話1」同様,より自然なコミ
    ュニケーションを目指します.テキストはタイ文字・発音記号の両
    方が書かれていますので,タイ文字がわからない方でも大丈夫で
    す.
 教材:「プリヤーのタイ語会話」(第7課〜第12課)(めこん発行)

総合1コース
 対象:「エクスプレス2」あるいは「文字」終了,あるいはそれに準じた
    タイ語力の方.
 内容:5〜6行程度の短い文章を聴き取り,書き取ります.その後,その
    文章の内容を理解した後,文章中の表現を用いて作文をします.最
    後に同様に文章中の表現を用いた言い換え練習を行ないます.聴
    き,読み,書き,話すことによって総合的なタイ語力のアップを目
    指します.
 教材:「総合1テキスト」(当協会作成)
 
リスニング1コース
 対象:「エクスプレス2」または「文字」終了,あるいはそれに準じたタ
    イ語力の方.
 内容:テープを使って,実際にタイ人の話す簡単なタイ語を聴き取りま
    す.また,そこに出てきた言い回しを使って言い換え練習などをし
    ながら,繰り返し聞いて話すことで生きたタイ語を身につけます.
 教材:「リスニング1テキスト」(当協会作成)

会話5コース(応用会話)
 対象:「会話4」終了,あるいはそれに準じたタイ語力の方.
 内容:練習中心の「会話3〜4」の方式をさらに推し進め,講師の説明よ
    りも受講者のみなさんに話していただくことにできるだけ多くの時
    間を割きます.「応用」を念頭にしゃべれるタイ語を訓練します.
 教材:「会話5テキスト」(当協会作成)
 
リスニング2コース
 対象:中級レベルの各コース終了,あるいはそれに準じたタイ語力の方.
 内容:テープを使って,タイ人が普通に話すタイ語を聴き取ります.「リ
    スニング1」よりもさらに自然で長い文章が出てきます.言い換え
    練習などの他,教室ではすべてタイ語で授業を行ないますので,聴
    いて話す力がつきます.
 教材:「リスニング2テキスト」(当協会作成)

講読1コース(タイ文講読1)
 対象:「エクスプレス2」あるいは「文字」終了,あるいはそれに準じた
    タイ語力の方.
 内容:タイの小学校1年から3年までの国語の教科書を読みます.難しい
    ことは何もありません.文字が読めるようになったら,どんどんタ
    イ人が読んでいるタイ語を読んでいきましょう.希望により同程度
    の異なったテキストを用いる「講読1B」も開講可能です.
 教材:「講読1テキスト」(当協会作成)

講読2コース(タイ文講読2)
 対象:「講読1」終了,あるいはそれに準じたタイ語力の方.
 内容:タイの小学校4年から6年までの国語の教科書を読みます.テキス
    トの内容や文の構造を正確に把握することが目標です.希望により
    同程度の異なったテキストを用いる「講読2B」も開講可能です.
 教材:「講読2テキスト」(当協会作成)

講読3コース(タイ文講読3)
 対象:「講読2」終了,あるいはそれに準じたタイ語力の方.
 内容:主にタイの雑誌の中からタイの文化,タイの現況に対する理解を深
    めるのに役立つ記事を読みます.タイ語でタイ語を理解することに
    重点を置きます.さらに,リスニングや,読んだ内容についての意
    見交換など会話的要素も加え,統合的なタイ語力の増強を目標とし
    ます.原則としてテキストは毎コース別のものを用います.
 教材:随時配布

翻訳コース(日タイ翻訳)
 対象:中級レベルの各コース終了,あるいはそれに準じたタイ語力の方.
 内容:日本人のために書かれた日本文,あるいは受講者の方がタイ語に訳
    したい日本文をタイ語に訳します.原則としてテキストは毎コース
    別のものを用います.
 教材:随時配布

総合2コース
 対象:中級レベルの各コース終了,あるいはそれに準じたタイ語力の方.
 内容:15行程度の文章を聴き取り,書き取ります.その後,その文章の
    内容を理解した後,文章中の表現を用いて作文をします.最後に同
    様に文章中の表現を用いた言い換え練習を行ないます.聴き,読
    み,書き,話すことによって総合的なタイ語力のアップを目指しま
    す.原則としてテキストは毎コース別のものを用います.
 教材:「総合2テキスト」(当協会作成)


||||||||||||
4.開講予定
||||||||||||

 ※9月〜12月の開講コースです.
 ※1月以降のコースについては,接続する上のレベルのコースは,原則とし
  て設定されます.

<エクスプレス1>
 曜日  コースNo.        開 講 日              終 了 日 
水.金  99E1635   1999年 09月17日(金)    1999年 11月12日(金)  
        99E1735   1999年 11月17日(水)    2000年 01月21日(金)
 木     99E184    1999年 10月14日(木)    2000年 02月17日(木)
 土     99E196    1999年 09月18日(土)    2000年 01月15日(土)
        99E1A6    1999年 11月20日(土)    2000年 03月18日(土)

<エクスプレス2>
水.金  99E2635   1999年 09月17日(金)    1999年 11月12日(金)
        99E2735   1999年 11月17日(水)    2000年 01月21日(金)
 木     99E284    1999年 09月30日(木)    2000年 02月03日(木)
 土     99E296    1999年 09月18日(土)    2000年 01月15日(土)
        99E2A6    1999年 11月06日(土)    2000年 03月04日(土)

<エクスプレス集中>
 冬     99E0315   1999年 12月06日(月)    1999年 12月10日(金)

<エクスプレス3>
 水     99E313    1999年 09月22日(水)    2000年 01月26日(木)
 土     99E326    1999年 09月18日(土)    2000年 01月15日(土)
        99E337    1999年 09月18日(土)    2000年 01月15日(土)
<会話1>
火.木  99S1424   1999年 09月14日(火)    1999年 11月09日(火)
 水     99S153    1999年 10月20日(水)    2000年 02月23日(水)
 土     99S167    1999年 09月18日(土)    2000年 01月15日(土)

<会話2>
火.木  99S2324   1999年 11月11日(木)    2000年 01月25日(火)
 水     99S243    1999年 10月27日(水)    2000年 03月01日(土)

<文字>
 土     99N027    1999年 10月16日(土)    2000年 02月12日(土)

<会話3>
水.金  99S3535   1999年 09月17日(金)    1999年 11月12日(金)
        99S3635   1999年 11月17日(水)    2000年 01月21日(金)
 土     99S376    1999年 09月18日(土)    2000年 01月15日(土)
        99S386    1999年 10月09日(土)    2000年 02月05日(土)
        99S397    1999年 10月16日(土)    2000年 02月12日(土)

<会話4>
水.金  99S4435   1999年 11月17日(水)    2000年 01月21日(金)
 土     99S456    1999年 09月18日(土)    2000年 01月15日(土)
    
<特別会話1>
水.金  99SP1135  1999年 09月17日(金)    1999年 11月12日(金)
        99SP1235  1999年 11月17日(水)    2000年 01月21日(金)
 木     99SP134   1999年 09月16日(木)    2000年 01月27日(木)
 土     99SP146   1999年 09月18日(土)    2000年 01月15日(土)
        99SP157   1999年 09月18日(土)    2000年 01月15日(土)

<特別会話2>
水.金  99SP2135  1999年 11月17日(水)    2000年 01月21日(金)

<特別会話集中>
 冬    99S0115   1999年 12月06日(月)    1999年 12月10日(金)

<総合1>
 火     99R132    1999年 09月14日(火)    2000年 01月18日(火)
 土     99R147    1999年 09月18日(土)    2000年 01月15日(土)

<リスニング1>
 火     99F112    1999年 10月26日(火)    2000年 02月29日(火)
 金     99F125    1999年 09月17日(金)    2000年 01月14日(金)
 土     99F136    1999年 10月09日(土)    2000年 02月05日(土)

<会話5>
 木     99S544    1999年 11月18日(木)    2000年 03月23日(木)

<リスニング2>
水.金  99F2135   1999年 09月17日(金)    1999年 11月12日(金)
        99F2235   1999年 11月17日(水)    2000年 01月21日(金)
 木     99F234    1999年 10月28日(木)    2000年 03月02日(木)
 土     99F247    1999年 09月18日(土)    2000年 01月15日(土)
        99F256    1999年 11月06日(土)    2000年 03月04日(土)

<講読1>
 火     99A132    1999年 09月14日(火)    2000年 01月18日(火)
 土     99A147    1999年 09月18日(土)    2000年 01月15日(土)

<講読3>
 火     99A332    1999年 09月14日(火)    2000年 01月18日(火)
 土     99A347    1999年 11月06日(土)    2000年 03月04日(土)

<翻訳>
 金     99P035    1999年 09月17日(金)    2000年 01月14日(金)
 土     99P047    1999年 09月18日(土)    2000年 01月15日(土)

<総合2>
 木     99R234    1999年 09月16日(木)    2000年 01月27日(火)
 土     99R247    1999年 09月18日(土)    2000年 01月15日(土)
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 今回の内容は,冊子として用意してある「受講案内」を元にしました.説
明や表現など,メールマガジンには相応しくないものなどありましたら,ご
指摘くださいますようお願いいたします.
 このメールマガジンは,できる限り皆様のニーズに合ったものにしていき
たいと思います.ご意見やご要望などもどうぞお気軽にお寄せください.
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 次は,JTECSタイ語コースに関わるコース以外の業務について,JTECS友
の会について,コース申込状況などを順次お届けする予定です.
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
**********************************************************************
「JTECS TLC NEWS(JTECSタイ語コース・ニュース)」 発行者: 水野 潔
 
 このメールマガジンは「まぐまぐ」( http://www.mag2.com/ )によって
配信されています.(ID= 0000017554)

 登録・解除はこちらでどうぞ.
   http://member.nifty.ne.jp/YSNKYKYS/
   
 JTECS公式URL  http://village.infoweb.ne.jp/~jtecs/
 タイ語コースに関するお問い合わせは
   mailto:aikjtecs@mb.infoweb.ne.jp (Yuko Shimohira)
 このメールマガジンに関するご意見・ご要望・お問い合わせ等は
   mailto:mkiyoshi@gol.com (Kiyoshi Mizuno)
**********************************************************************
 JTECSタイ語コース・非公式ML(メーリングリスト)「きよぴんのタイ
語情報」もよろしく!   
 登録・解除は http://member.nifty.ne.jp/YSNKYKYS/ で.
**********************************************************************

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するはてなブックマークに追加del.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録/解除

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. らくちんイタリア語会話

    最終発行日:
    2015/09/05
    読者数:
    2088人

    エッセー風イタリア語講座です。イタリア人・サッカー・映画・音楽・F1・文化・社会・政治・経済等イタリアに興味がある方は、イタリア語のレベル問わず、どうぞ楽な気持ちでお読み下さい。英語の語源も学べます。

  2. ハングルの達人になろう

    最終発行日:
    2014/12/28
    読者数:
    1528人

    韓国語を学ぶ人のために通訳の現場で活躍する筆者がハングルマスターまでのノウハウや学習方法、ハングルのポイントなどを紹介・解説します。

  3. サワディータイ情報

    最終発行日:
    2014/12/12
    読者数:
    2433人

    タイミュージック(タイポップス、ルークトゥンなど全ジャンル)・タイ映画の最新情報を中心にプラクルアン、タイ雑貨、BlackBerry、タイの熱帯魚・ベタ、タイイベント情報などを紹介しています。タイに興味がある方は是非購読下さい!

  4. 激安!バンコク発格安航空券!

    最終発行日:
    2015/07/01
    読者数:
    5919人

    バンコクで発券する航空券は非常に安いことをご存知でしょうか?特に日本向け、日本経由北米・ハワイ、中東向けなどは一見の価値ありです。弊社は在バンコクの日系旅行代理店です。是非HPもご覧くださいね。

  5. ロングステイ-癒しの大地・タイ王国に暮らす-日刊・バーンタオ通信

    最終発行日:
    2016/10/25
    読者数:
    717人

    在タイ20年の筆者が、バンコク、チェンマイでのスローライフ・ロングステイを支援します。海外暮らしのイメージが湧く現地直送、熱帯アジアからの新鮮メッセージが毎週貴方のお手元に。タイ人看護助手も常駐しリハビりツアー、バリアフリーツアーも実施中!

発行者プロフィール