その他インターネット

エクセル嫌いのための「趣味のエクセル」

数字ぎっしりの表計算ソフト、大事だとわかっていても、敬遠してしまう。そんなエクセルへの敵討ち。エクセルをおもちゃに遊んでしまいましょう。メルマガを見ながら、エクセルにひとつずつ入力していると、意外に可愛いやつになってくるかも。

全て表示する >

「趣味のエクセル」No.109 2013/3/3 リバイバル79

2013/03/03

★ 前回までにやったこと 

((( カレンダーで遊ぶ )))
(((  スタートリック  )))
((( 暑中見舞にひと工夫 )))「スピードくじ」を作る
((( 暑中見舞にひと工夫 )))気配り案内状を作ってみる
((( 暑中見舞にひと工夫 )))はがき裏表を作成する
((( グラフ機能を使って絵を描く )))グラフで作る幾何学模様
((( グラフ機能を使って絵を描く )))「帆船」を描く
((( ブロックくずしを作る )))一時休止です。しばらくお待ち下さい。
((( ナンバープレースを解く )))
((( 3択トレーナー ショートカットキー・マスター )))
((( 万華鏡もどき )))
((( ユーザー定義の書式を拡げる ))) 選挙啓発ポスター
((( セイムセットを解く )))
((( フエル・カレンダー )))
((( 「日報」作りを楽しむ )))
((( カレンダーの写真を自動変更 )))
((( 漢字ナンクロツール )))
(((えっちょ流「エクセルの基礎知識」)))
   A ワークシートとセル
   B 列と行
   C 表を作成する
     (1)項目を立てる
     (2)入力の仕方をイメージする
     (3)見栄えよく飾る
   D 表を作成する2(表計算の原理)
     (1)セルは値の格納箱
     (2)エクセルはデータを解釈して計算する
     (3)セル参照とはセルとセルを関係付けること
     (4)絶対参照と相対参照
     (5)相対参照ではコピーした時参照先が変わる
  (6)行・列を挿入した場合参照先は変わらない
  (7)セルを移動した時、移動したセルの参照先は変わらない

  はじめての方は申し訳ありませんが、バックナンバーを見てたどってみて
 ください。
                        ───→ http://homepage3.nifty.com/hcho/

===================================
┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌─┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐
┌┌───────────────────────────────┐┐
 │     「趣味のエクセル」REVIVAL(79)      │
└└───────────────────────────────┘┘
└└└└└└└└└└└└└└└└└─┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
===================================

         OOO 今回のお遊び OOO

********    「日報」作りを楽しむ    *********

1 日常私たちはいろんな形で「日記」をつけています。ただ「日記」という
 日本語はいかにも文学的で、ビジネスの場面では違和感があります。それで
 「日誌」とか「日報」とか言って、記録する項目を固定化し、記事の長さも
 できるだけ簡潔にして、文学的な感情移入が介在しないものにします。そし
 て選択した項目によって特定の目的に利用する「日報」としています。

  今回は「パレット管理日報」を材料に、楽しく入力できる日報を作ってみ
 たいと思います。

2 パレット管理の予備知識

 a パレット 輸送関係の職場では、常識語ですが、荷物を運搬装置で扱い
        やすいように載せる専用の台のことです。通常はハンドリフ
        トやフォークリフト等と呼ばれる荷役・運搬機械で取り扱わ
        れます。

        パレットですから当然「板」ですが、台の上面と底との間に
        隙間があります。それを取り扱う機械の方には、「爪」と呼
        ばれる細長い腕が前方に2本突き出していて、その「爪」を
        台の隙間に差し込んで、爪を上げることによって台を地面か
        ら引き離し荷物を移動させるようになっています。

        台の上には通常1トン程度の荷物が置かれますが、使われて
        いる材質そのものはその3倍以上の重量に耐えることができ
        ます。

        荷物を一つ一つ動かすのではなく、台の上にたくさん載せて
        台ごと動かす、物流の大量生産システムの基本単位です。
        (フォークリフトとパレットの具体的なイメージは
        http://www.lift.co.jp/
        http://www.sacl.or.jp/saigai/saigai02.htm
        http://www.wako-pallet.co.jp/lineup/woodpallet.html
        取り扱っている企業のサイトですが個人的にも営業的にも全
        く関係はありません。)

 b パレット管理の目的
        工場の中ではいたるところにパレットが使われています。製
        造工程では、原料や材料・部品が乗っかっていますし、時に
        は重い冶具・工具がおかれている場合もあります。

        倉庫には出荷を待って在庫している大量の製品が載っていま
        す。また出荷単位に足りない端数品が載ったパレットが仕掛
        品として製造倉庫の片隅に置かれていたりします。

        製造工程の最終部分(荷造り工程)では、出来上がった製品
        を載せるために、物の載っていない、空パレットと呼ばれて
        いるパレットが大量に用意されています。

        荷造りに使われたパレットは、製品を包装する材料の一部分
        として製品にくっついて倉庫の中に保管されていたり、客先
        へ運ばれていくことになります。

        客先で製品が使用されて空になったパレットは、時には客先
        で自家用に使用されたり、廃棄物として処理されたり、解体
        して材木として使われたりする事もありますが、大部分は出
        荷元に返送されてきます。

        客先で不要になったパレットを帰り荷として運ぶのは、特に
        予定がない場合は、トラックにとってはおいしい仕事です。

        こうして戻ってきたパレットは一つずつ検品されてそのまま
        再使用できるものは倉庫に保管され、修理が必要なものは修
        理場に運ばれ、修理不能のものは廃棄されることになりま
        す。

        パレット管理というのはこうしたいろいろな場面で物が載っ
        ていたり、空になったりしているすべてを総括的に管理する
        ということなのですが、生産場面で特に重要なのは、空パ
        レットの管理です。

        例えば10トンの製品を生産するためには、最終工程で10
        枚のパレットが必要です。1ヶ月900トンの生産計画で
        あったとすると30日間連続稼動するとして1日30枚が必
        要で、最低1週間分210枚のパレットが確保できないと生
        産計画が狂ってしまうことになります。実際には常に1週間
        分の空パレットが確保されていないと安心して生産にかかれ
        ません。

        もし、必要な枚数を確保できないとなると、新しく購入した
        り、業者からレンタルしたりして枚数を確保しなければなり
        ません。どちらにしても費用のかかることですから、客先に
        眠っているものを返してもらうことを最優先します。そのた
        めには客先にどの程度行っているか、どのくらいのペースで
        返品されてくるかと言った動きも把握しておく必要がありま
        す。

        こうしたパレットの動きを的確に把握するための基礎データ
        を蓄積するのも日報の役割です。

 c パレットの動き

        管理するパレットの範囲を無制限に広げるわけにはいきませ
        ん。メインの管理は構内にある製品荷造り用の空パレットに
        絞ります。構内というのは塀に囲まれた工場の敷地内という
        感じです。

        構内には工場が二つあり第1工場(略して「1工」)、第2
        工場(「2工」)と呼ばれています。1工が前工程で2工が
        後工程です。1工で作られた半製品が2工に運ばれて完成品
        となり、隣接した包装場で荷造りされます。

        1工でできた半製品は20個ずつダンボール箱につめられ2
        0箱を1枚のパレットに積んでフォークリフトで2工に運び
        ます。2工では半製品の主に外装部を装着して完成品にしま
        す。製品はそのままベルトコンベアーで包装場に流れて行
        き、一つずつクッション材と一緒にダンボール製の化粧箱に
        つめられます。化粧箱12個ずつを一つのダンボールにつめ
        て1段6箱を3段積みして1枚のパレットに積みつける形で
        荷造りします。最後に荷崩れしないように、積みつけた箱と
        パレットを透明なフィルムで包んで熱風で締める、シュリン
        ク包装をして荷造りは完成します。

        1工から2工へ半製品を運ぶのには、5枚のパレットを専用
        で使っています。1工で積み付け用に3枚を準備します。積
        み付けが終わったパレットをフォークリフトで運んでいる間
        に、もう一枚のパレットに積み付けを始めます。2工に持っ
        ていった半製品のパレットを置くと、前に持って行って2工
        のコンベアに半製品を乗せて空になったダンボールの載った
        パレットをフォークリフトは持って帰りますが、このとき2
        工には、もって行ったばかりの半製品が20箱乗ったパレッ
        トとコンベアに乗せている途中のパレットの2枚がある、と
        いうわけです。

        単純に言えば1工で積み付けるためのパレットが2枚、2工
        でコンベアに積む半製品を乗せているパレットが2枚、間を
        つなぐフォークリフトに1枚という形で、途中でトラブルの
        ない限りこの5枚でどちらの工場も手待ちなしに仕事を進め
        ることができます。

        この5枚は一時的に空になる状態があるとしても、出荷用の
        荷造りに使用されることはありませんから、直接的な管理対
        象から外れ、1工用のパレットとして付属的に計上されま
        す。ただし破損して取替えが発生したり、2工でトラブルが
        あって1工の半製品が滞留したりして臨時に補充が発生した
        時などに空パレットの移動が記録されます。

        その日荷造りに使用されるパレットは、包装場に準備されま
        す。生産計画に従って、必要な枚数と若干の予備が、前日の
        終業時までに運び込まれます。

        製品と一体化したパレットは、製品倉庫に運ばれますが、こ
        れは「空パレット」ではありません。空パレット管理の取り
        扱い上は空パレットの消費とします。

        製品倉庫には倉庫用の空パレットが用意されています。この
        パレットは主として「積み替え」用に使われます。積み替え
        が発生するのはいくつかの事情があります。(1)受注の都
        合により、出荷のダンボールの数(ケース数)が18で割り
        切れない場合(1枚のパレットにダンボール18個が乗って
        いる)、(2)作業中に破損させたり汚したりした場合、
        (3)クレームがあって製品を再チェックする場合などで
        す。

        積み替えはめったに発生しませんので、製品倉庫の空パレッ
        トは製品包装用の空パレットに含めて管理します。

        空パレット管理のメインはパレット倉庫にあります。ここに
        は常時500枚程度のパレットが在庫するように調整されま
        す。2工に準備される空パレットはここから運ばれますし、
        客先から帰ってくるパレット、新規購入のパレット、業者か
        らレンタルするパレットもここでいったん集約されます。1
        工で使っているパレット、製品倉庫で用意しているパレット
        もここから運び出されます。

        日報はその日の終業時(午後5時)の時点でパレットの数を
        その置かれている場所ごとに算出し、実数を数えて(実質上
        のたな卸しです)その差異の有無を確認して記入します。
        「算出」というのはパレットを取り扱う作業者がそれぞれ作
        業日報でパレットの受け入れ、移動を記録していますのでそ
        れを集計するのと、包装作業で使用されたパレット数、その
        間に発見されたり発生した破損パレットの数、それを廃棄し
        たり、修理に回したりした数、めったにないですがレンタル
        したパレットを返却した数などをそれぞれ作業日報から集め
        てきて差し引きすることです。

        実際、パレットの管理は簿記と変わりません。毎日たな卸し
        するのは、計算上の数字ではいざという時架空のパレットは
        役に立たないのと、目の前にあるものだけを管理するだけで
        よいので、つまり現金管理と同じ性質を持っているものと理
        解すればイメージは近いと思います。

 次回からこの想定に基づいて管理台帳、日報、移動伝票等を作成していきま
す。

===================================

編集後記:最後までおつきあい下さりありがとうございます。

毎週金曜日の反原発の市民行動は、次第に広がって来ています。

一方で、政権に返り咲いた自民党は、自らの政策が引き起こした現状に対する
反省もなく、原発0への基本政策から原発推進へ回帰しようとしているようで
す。

2012年年末の衆議院選挙で、若手自民党員の看板であった小泉進一郎議員
はこれまでの自民党の原発推進政策の見直しを語って、市民の希望を掻き立て
たものでしたが、自民党主流とそのバックにある財界は、もはや進一郎は不要
とばかり、小泉家のスキャンダルと称する暴露記事を週刊誌に書かせる始末で
す。

2月28日の朝日新聞「声」欄に、日米会談の中で『首相は首脳会談で、30
年代に「原発稼動ゼロ」を目指す野田政権のエネルギー政策を「ゼロベース」
で見直す」と伝えた。米国側には民主党政権のエネルギー政策への懸念があっ
た』という24日の朝日新聞記事に関して、『「原発稼動ゼロ」は、民主党の
方針なのではなく、多くの国民が支持する政策だ」と、自民党の原発政策に対
する怒りの声が掲載されています。

朝日新聞のこの記事は、アメリカの政策のバックに、アメリカの原子力発電機
製造メーカーの要望があることを指摘しています。安倍首相の発言は日米の原
発企業の利益を配慮したものであり、このことは、原発ゼロの実現のために市
民は全世界の原発企業と闘わなければならないことを示唆しています。

国家という強力な組織を操る巨大企業を相手に、今原発ゼロを掲げて行動する
市民は、意思を持ったばらばらな個人の週一回の連帯感の共有を対置して闘っ
ています。

1950年、アメリカの水爆実験の犠牲となった第5福竜丸事件の発生と、久
保山愛吉さんの死をきっかけに、東京杉並の主婦たちが自然発生的にはじめた
原水爆反対署名運動が燎原の火のように広がり、原水爆禁止世界大会の開催に
結実する過程には、労働組合や政党組織だけでなく国民各層の中に存在したい
ろいろな組織が参加して行きました。そして何よりも歌がありました。

「原爆許すまじ」(今は「原爆を許すまじ」という名前で流布しているようで
すが、これは原題ではありません)。

この種の歌は、関心のない人、敵意を持っている人にとっては、ただ政治的ス
ローガンに節をつけただけのようにしか聞こえませんが、心からそれを願って
いる人にとっては、お互いの気持ちを結びつけ気持ちを高めるかけがえない歌
であり、行動に秩序をもたらすものです。

今、「原発許すまじ」という思いを心からぶつけることのできる歌の出現が待
たれています。

こう書くと、理屈を言わずに自分で作ってみろ、という反論が来るに違いあり
ません。しかし詩心のない私です。一所懸命考えて、「原爆許すまじ」の替え
歌を作ってみました。


原発許すまじ

ふるさとを連れ出され
家族と暮らした家をすて
今は遠い町を想う
ああ許すまじ原発を
永遠(とわ)に許すまじ原発を
われらの国に

海揺れて流された
暮らしを戻すつもりだった
迫る危険も知らされず
ああ許すまじ原発を
永遠(とわ)に許すまじ原発を
われらの国に

ふるさとの空重く
目には見えない敵放射能
今も町に居座って
ああ許すまじ原発を
永遠(とわ)に許すまじ原発を
われらの国に

はらからのたえまなき
労働にきずきあぐ富と幸
今はすべてついえ去らん
ああ許すまじ原発を
永遠(とわ)に許すまじ原発を
世界のうえに


第4聯は「原爆」を「原発」にする以外、全く替えることはできませんでし
た。原子力の「平和」利用といいながら、原発事故は、核兵器を落とすのと同
じだということをあらためて思いました。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-07-19  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。