資格

NEW電気と資格の広場http://cgi.din.or.jp/~goukaku/ ☆★

このマガジンは電験,電気工事士,管理士を中心として電気の資格取得を目指す人の為のページ

全て表示する >

電験三種の出題側の制約 ★09月24日号

2018/09/24

電験三種の出題側の制約 ★09月24日号


<今日のマガジン>

コラム本文:電験三種の出題側の制約


★★★★★★★★★★★★★★★★マガジン本文★★★★★★★★★★★★★★★★


【1】コラム本文:電験三種の出題側の制約


電験三種では、90分間に17問を解答する必要があります。

(a)(b)に分かれている問題を2問とすると90分間に20問を解答する必要があります。

これは、1問を4.5分間で解答する事になります。

解答後の見直しなどを考えると1問4分間で解答すると考えるのが適正です。

すると出題者に制約が出ます。

制約とは、電験三種の実力がある人が解答を考えた時に4分間以内に正解できる難易度の
問題とすることです。

さらに実際にあり得そうな問題とする必要があります。

答えは、五指択一の中にある必要があります。

以上を考えると、過去問題が繰り返し出題されるのも納得です。

新しい問題を考えることが難しいのです。

出題問題の6割は、過去5年間の類似問題です。

最短合格を目指す貴方は、過去問題を勉強しましょう。

では、最速合格テクニックで、最短合格を目指しましょう。


もし勉強方法が解らない人は、電気と資格の広場のワンコインセミナー
に参加してください。

ワンコインセミナーは、下記URLから申込みできます。
https://e-denki.jp/newsschool/1coin/


電気と資格の広場が、全力で支援します。


また、遠方の人は、動画サイトでも勉強できます。

動画サイトは、下記URLです。

https://movie.e-denki.jp/

では、最速合格テクニックで、最短合格を目指しましょう。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



がんばれニッポン.

     日本赤十字社   http://www.jrc.or.jp/

                          電験一種 合格
                     理工学研究所 客員研究員
                   中央大学 理工学部 兼任講師
                  技術士(電気電子部門):坂林和重
                        http://e-denki.jp/






規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-07-19  
最終発行日:  
発行周期:週1回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。