資格

NEW電気と資格の広場http://cgi.din.or.jp/~goukaku/ ☆★

このマガジンは電験,電気工事士,管理士を中心として電気の資格取得を目指す人の為のページ

全て表示する >

電験三種には、出題傾向がある。 ★05月08日号

2018/05/08

電験三種には、出題傾向がある。 ★05月08日号


Twitter始めました。@denkitoshikaku
ホームページ: http://e-denki.jp/
ワンコイン・セミナー https://e-denki.jp/newsschool/1coin/

<今日のマガジン>


★★★★★★★★★★★★★★★★マガジン本文★★★★★★★★★★★★★★★★



【コラム本文】電験三種には、出題傾向がある。


電験三種の問題は、区分やテーマ別に出題傾向があります。


例えば、理論の場合、区分と出題量を見ると次の4区分です。

 1、電磁気 30%
 2、直流・交流回路 40%
 3、計測 10%
 4、電子理論・回路 20%

見てわかるように電磁気と直流・交流回路で70%を占めます。


もし100%の満点合格を狙うのでなく、55%の合格点狙いであれば、電磁気と
直流・交流回路を勉強するだけで合格できます。


さらにそれぞれの区分では、出る問題が決まっています。


電磁気で出題されるのは、電磁現象・電界・電束密度・電荷に働く力・電流と磁界の
関係・コンデンサの諸計算・磁気回路・起磁力・コイルのインダクタンスの計算です。


他の区分も同じです。


よって、電験三種で満点合格を狙うのは、大変ですが、55%の合格点狙いであれば、
比較的簡単です。


貴方も出題傾向を分析して一発合格を目指してください。


もし、出題傾向分析ができ無い人は、「電気と資格の広場」のワンコインセミナー
に参加してください。


私が出題傾向をお教えいたします。



ワンコインセミナーは、下記URLから申込みできます。


https://e-denki.jp/newsschool/1coin/  (←ここをクリック)

私(坂林)が、貴方の最適な勉強方法をお教えします。


では、最速合格テクニックで、最短合格を目指しましょう。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



がんばれニッポン.

     日本赤十字社   http://www.jrc.or.jp/

                          電験一種 合格
                     理工学研究所 客員研究員
                   中央大学 理工学部 兼任講師
                  技術士(電気電子部門):坂林和重
                        http://e-denki.jp/






規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-07-19  
最終発行日:  
発行周期:週1回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。