資格

NEW電気と資格の広場http://cgi.din.or.jp/~goukaku/ ☆★

このマガジンは電験,電気工事士,管理士を中心として電気の資格取得を目指す人の為のページ

全て表示する >

NEW電気と資格の広場http://cgi.din.or.jp/~goukaku/ ☆★11月21日号

2005/11/21

NEW電気と資格の広場http://cgi.din.or.jp/~goukaku/ ☆★11月21日号

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★電気と資格の広場は,電気を中心として,資格取得を目指す人の広場です.   ★
★就職・転職・給与UPにあなたも,資格取得を目指してください.            ★
★ホームページのアドレスは,                                           ★
★               http://cgi.din.or.jp/~goukaku/                       ★
★です.お薦めのCD−ROMや参考書もあります.                        ★
★CD−ROM http://cgi.din.or.jp/~goukaku/pr_denken/(予想問題付き) ★
★ 書籍http://cgi.din.or.jp/~goukaku/book.htm                         ★
★ 合格体験記を書いて、1万円をGET!!                              ★
★      ⇒ http://cgi.din.or.jp/~goukaku/pr_denken/#toku              ★
★ 電気のプロ:坂ちゃんが直接指導する通信教育は、下記です。           ★
★ http://media5.ne.jp/e-learning/kouza/itiran/gaiyo/gaiyo39.php      ★
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今回のコンテンツ:目次:

1,坂ちゃんの今日の気分:電気工事士の実技試験

2,岡ちゃんからの投稿(岡崎)←肩の凝らない読み物です.

3−1,前回【問題その372】の解説(坂林)←資格試験,合格のために
  【第372回問題1】
  【第372回問題2】
  【第372回問題3】
  【第372回問題4】

3−2今回の【問題その373】の問題(坂林)←資格試験,合格のために
  【第373回問題1】
  【第373回問題2】
  【第373回問題3】
  【第373回問題4】

4,模擬問題コーナー(青木)←ポイントを競って下さいね.継続は力なりです.

5,試験問題予想コーナー(伊藤)←今度試験に出る問題を予想するコーナーです.

6,発行,編集(坂林)←スタッフ一覧です.マガジンの解除アドレスもあります.

(このマガジンは等幅フォントでご覧下さい「等幅フォントは,半角が全角の
 ちょうど半分の幅の半角フォントのことです」"MS 明朝"がいいかもしれません)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

1,坂ちゃんの今日の気分:

みなさんこんにちはです。

今日は、電気工事士の実技試験について書いてみます。

電気工事の実技試験の実技練習は、皆さんどのくらい練習していますか?

私が試験を受けたときは、試験前1ヶ月から毎日練習しました。

幸いにして、私の親戚に電気工事士がいまして、その人から材料を分けてもらい
過去10年間分の実技試験問題を、1日に2〜3年分製作する練習をしていました。

初めのころは、1個作るのに1時間かかっていましたが、試験前には、10分あれば完成
できるまでになりました。

完成したものは、休日のたびに親戚の家へ持ち込んで、採点してもらっていました。

人間とは、スゴイですね。
練習の成果が2週間でハッキリでまして、試験直前では、余裕です。

試験のときは、周りの人の進め具合を見る余裕もあって、時間もたっぷり余りました。

もし皆さんも、電気工事士の実技試験を受けるなら、1ヶ月前から、練習すると良い
ですよ。

ではまた.

bybyです.(^^)/


                                    ByeBye\(*^_^*)(*^_^*)/

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

2,岡ちゃんからの投稿  2005.11.21


「歴史に学ぶこと」明治・大正・昭和の時代(16)

 皆さん、今日は、岡ちゃんでございます。
 歴史に学ぶということで、このメルマガを書かせて頂いておりますが、最近はどうも
 中国に偏り過ぎた内容になってしまっているように心配もしております。
この時代のアジアの歴史については、様々な歴史認識がありまして、大変デリケート
なところでございます。
また、このところ、日中関係はあまり良好とは言えず、一部反日運動などもありました。
 いずれにしましても、日本人は、どちらかと申しますと、この時代のアジアの歴史に
 ついて無関心であるように思いまして、多くを割きながら取り上げるようになりました。
 このメルマガの目的は、日本の人々が中国など近隣諸国をもっとよく理解することに
 よりまして、アジアの平和について考えていくことを願ったものです。

 強まる日本の満州支配(3)
 先週は、張学良と関東軍の対立について書かせて頂きました。
 この時代、張学良は北洋軍閥を支配する中国北方の雄で、南方を統一していた中国
 国民党と激しく対立しておりました。
 しかし、張学良は、突如と致しまして、国民党に合流してしまいます。
 その目的は、中国国民党に合流して、その武力でもって、日本を満州から追い出す
 ことにあったと見るのが一般的な感じです。
 満州には、もともと、反軍閥、反張学良の立場に立つ、自治派が大きな力を持って
 おり、かねがね日本に満州に自治国家建設に向けて協力の要請がありました。
この自治派を保境安民派と言います。保境安民とは、治安の維持と民生の安定を図ると
言う意味なんだそうです。
 日本軍と張学良の関係が悪化するにつれて、満州の自治派は勢いを増していくことに
 なりまして、それに日本の事情が相まって、満州国の建国へと発展していくことに
 なります。
 その満州国建国に当たっては、清王朝の末代皇帝である「溥儀(ふぎ)」と言う人を
 満州国皇帝に迎えるという離れ業がありました。
当時の保境安民派が大変大きな力を持っていたことが伺い知れる事実のひとつであると
されております。

 この先のお話は、来週から詳しくさせていただきたいのですが、さわりの部分を書か
 せて頂きますと、
満州自治派の国家構想とは、国防はひたすら日本に委ねて、自らは満州の内政開発に
努めて、民主的で平和な国家を建設していこうとするものであったそうです。
非武装中立論を掲げて、理想に過ぎる面があったそうですが、長引く内戦からの反動で
あったと考えられます。
また、現在の日米安保体制に近い思想があったとも言われております。

一方、中国南部では、中国国民党が勢力をつけているのですが、この中国国民党内部の
内戦にも熾烈なものがありました。
国民党と言えば、蒋介石のように言われておりますが、現実には実力者が沢山おりまし
て、中でも「汪兆銘(おうちょうめい)」と「蒋介石(しょうかいせき)」の力が強く
て、この二人の人物を中心に長い間離合集散を繰り返しながら、力をつけてきたのです。
中国国民党の内戦とは、1925年頃から始まり、最大規模の戦いが1930年の中原大戦です。
この中原大戦で蒋介石が勝利しまして、国民党を支配するようになるわけです。
この内戦にも凄まじいものがあり、1925年から1932年までの7年間で、一般市民を巻き
込み、三千万人が死んだそうです。
また、この頃からソ連の後押しで、新たに共産党が力をつけるようになりまして、南京
政府(国民党)と武漢政府(共産党)との間にも、激しい抗争がありました。
このようなさなかに、突如としまして、張学良が国民党に服従するのです。
そして、柳条湖事件から満州事変、やがて、盧溝橋事件から日中戦争へと発展していく
のです。
あの有名な南京大虐殺にも、複雑な経緯がありまして、現実のところは、事実を突き
合わせて参りますと、南京で大虐殺があったと説明するには大きな矛盾もあります。

また、日中戦争中には、国民党は再度分裂しまして、反日の立場に立つ重慶政府
(蒋介石)と、親日的な南京政府(汪兆銘)が対立、ともに60万〜80万の兵力を持って
いたようです。
更には、これに延安政府(共産党)が加わり、三つ巴の戦いが展開されまして、重慶
政府も南京政府も、その最大の敵を共産党としていたようです。
重慶政府を支援するのは米国・英国、南京政府には日本、延安政府にはソ連がついて
おりました。
日中戦争では、日本と中国共産党が戦った事実はほとんどありません。
強いていうならば、百代大戦ぐらいなんですが、大戦と申しましても、日本の輸送部隊
を中国共産党が攻撃しまして、日本側に数百人の死者が出た程度です。
中国共産党が戦ったのは、日本ではなくて、中国国民党であったというのが現実みたい
です。
日本軍は、南京政府を支援して、重慶を5年間にわたって爆撃しているのですが、
この爆撃は一般市民を巻き添えにした世界ではじめての戦略爆撃であるとされており、
5年間の爆撃で、兵士・民衆合わせて3〜5万人を殺したとされておりまして、
我が国の大きな汚点になっております。

今週は、駆け足で書かせて頂きましたが、来週からは、この経過をもう少しゆっくりと
詳しくやりたいと思います。
来週は、柳条湖事件です。
ありがとうございます。

つづく。




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

3−1,前回【問題その372】の解説(坂林)



【第372回問題1】
66[kV]1回線送電線路の1線にインピーダンスが11[Ω]、電流が300[A]のとき、
%インピーダンス[%]の値として,正しいのは次のうちどれか.
(1)2.17      (2)4.33      (3)5.00      (4)8.66      (5)15.0
PDF形式問題:http://cgi.inv.co.jp/~denken/mag/Q/05111401q.pdf
PDF形式解答:http://cgi.inv.co.jp/~denken/mag/A/05112101a.pdf

【第372回問題2】
600[V]ビニル絶縁電線の許容電流に関する次の記述のうち,適切なものはどれか.
(1)絶縁物が電流による発熱により変質しないように制限した値を言う.
(2)電線が電流による発熱により溶断するときの電流値をいう.
(3)電線が電流による発熱により溶断するときの電流値の50[%]の値を言う.
(4)電線温度が100[℃]となるときの電流値をいう.
(5)電線の定格電流を絶縁抵抗値で除した値を言う.
PDF形式問題:http://cgi.inv.co.jp/~denken/mag/Q/05111402q.pdf
PDF形式解答:http://cgi.inv.co.jp/~denken/mag/A/05112102a.pdf

【第372回問題3】
高電圧配電線路の電圧調整に関する次の記述のうち,誤っているのはどれか.
(1)電圧降下が大きいので,線路に自動電圧調整器を設置した.
(2)電圧降下が大きいので,変電所に送り出し電圧を重負荷時に高くする自動電圧調整装置を設置した.
(3)電圧降下が大きいので,電圧降下の大きい地域の柱上変圧器のタップを6600[V]から6750[V]に変更した.
(4)電圧降下が大きいので,一部の負荷を他の高圧配電線に切り換えた.
(5)電圧降下を小さくするため,高圧配電線を太いサイズに替えた.
PDF形式問題:http://cgi.inv.co.jp/~denken/mag/Q/05111403q.pdf
PDF形式解答:http://cgi.inv.co.jp/~denken/mag/A/05112103a.pdf

【第372回問題4】
受電設備に関する次の記述のうち,誤っているのはどれか.
(1)高圧受電設備の遮断装置は,電路に過電流を生じたときに自動的に電路を遮断する能力を有するものでなければならない.
(2)CB形受電方式は、主遮断装置として高圧交流遮断器を用い,過電流継電器,地絡継電器などと組み合わせることによって,過負荷,短絡、地絡等の保護を行う.
(3)PF/CB形受電方式は、高圧限流ヒューズと高圧交流遮断器との組合せによって受電設備を保護する.
(4)PF/S形受電方式では、限流ヒューズと高圧カットアウトの組合せによって受電設備を保護する.
(5)電流ヒューズには,限流形と非限流形の2種類がある. 限流形は,短絡時の限流効果を有する反面,一般には小電流遮断性能が劣る.
PDF形式問題:http://cgi.inv.co.jp/~denken/mag/Q/05111404q.pdf
PDF形式解答:http://cgi.inv.co.jp/~denken/mag/A/05112104a.pdf

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

3−2今回の【問題その373】の問題(坂林)
問題を,PDF形式にしました.
問題末尾にあるURLをクリックすると,PDF形式の問題を見ることができます.
PDFから,テキスト形式にした問題も書いてありますが,PDFで見ることをお勧めします.
★電気工事士の問題も加えています.★

【第373回問題1】
配電線路において,負荷の力率がcosθの場合の抵抗損は,同じ大きさの負荷電力で力率が
1の場合の抵抗損に比べて何倍となるか. 正しい値を次のうちから選べ.
(1)cos2θ    (2)cosθ     (3)2cosθ    (4)1/cosθ   (5)1/cos2θ
PDF形式問題:http://cgi.inv.co.jp/~denken/mag/Q/05112101q.pdf

【第373回問題2】
電線の抵抗に関する記述のうち,誤っているのはどれか.
(1)電線の抵抗は,断面積に反比例する.
(2)温度が高くなると,抵抗は大きくなる.
(3)交流電流に対する抵抗は,直流電流に対する抵抗より大きい.
(4)電線の抵抗は,長さに比例する.
(5)硬アルミ線は,硬銅線より導電率が大きいが,機械的強度は小さい.
PDF形式問題:http://cgi.inv.co.jp/~denken/mag/Q/05112102q.pdf

【第373回問題3】
CVケーブルやCVTケーブルに関する次の記述のうち,誤っているのはどれか.
(1)絶縁体に架橋ポリエチレンを用いている.
(2)CVTケーブルは,単心3本を介在物と一緒に円形により合わせた上に,一括して
ビニル外装を施したものである.
(3)耐熱性に優れている.
(4)耐薬品性に優れている.
(5)軽量で取扱性が良い.
PDF形式問題:http://cgi.inv.co.jp/~denken/mag/Q/05112103q.pdf

【第373回問題4】
地絡点を検出するために,ケーブル端末を短絡し,図のようなブリッジ回路を作り抵抗R1
及びR2を調整したところR1/R2=4でA、Bが同電位になった. 地絡点までの距離x[km]は
いくらか。 正しい値を次のうちから選べ.
(1)1.0       (2)1.5       (3)2.0       (4)2.5       (5)3.0
PDF形式問題:http://cgi.inv.co.jp/~denken/mag/Q/05112104q.pdf

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

4,模擬問題コーナー(青木)

     《《《《《《 重要 》》》》》》
★★正解しているのにポイントが増えていない人は,集計時間以降にメールが
★★届いたか,または,集計ミスです. 次回の応募の時にお知らせください.
★★お願いします.
★★それから,1ヶ月以上応募されていない方は,整理させていただきます.
★★もし間違っていたら,教えて下さい.訂正します.
     《《《《《《 重要 》》》》》》

   応募先:denken@inv.co.jp(青木まで)
   メールの件名は、 模擬問題応募 としてください。
                       ↑↑↑↑↑↑
なお、応募条件は、特にありません.
正解と思う選択肢を、下記のように、毎週日曜日までに青木まで、
E-mailしてくだされば、OKです.

【第361回問題1】
(1)
【第361回問題2】
(2)
【第361回問題3】
(3)
【第361回問題4】
(4)

応募者名簿

第4回目以上
        B&B(3-442)
        せいじ(4-440) PPP(3-432)
        誠一(3-420) ガンバ(5-413) 寛太(3-404)
        源(3-391) 山崎英治(5-391) たかし(3-384) masato(4-380)
        kaoru(3-380) KEN(4-369) 高野(3-369)
        和田孝(6-357)
        mariko(4-356) 斉藤博(5-331) emiko(5-311)
        岩の介(4-302) den(4-293) ハロハロ(5-273)
        多美子(5-257) 真(4-243) kkk(4-225) 佐藤尚喜(4-219)
        弘幸(5-211) 亀(4-211) メイ(5-177) 純(5-161)
        Big1(4-154) プーさん(7-153)
        ソフィア(6-139) ベジタブルマン(3-121)
        tetuo(5-116) よっちゃん(5-114) ハブ(4-108)
        健二(8-80) えんちゃん(7-73) 川合利広(3-68) マガモ(3-58)
        ニンジン(4-58) あいちゃん(3-47)  ポチエナ(3-54)
        ブツチョ(8-44) 晶生(3-37) マム(4-09) 桃原(2-08)
第3回目挑戦者
第2回目挑戦者
        てくてくぱぱ(1-13) 川崎俊宏(1-11)
        山崎智幸(1-10) ミー&ユー(1-08)
        りょう(1-04) Giants(1-04) mikado(1-02)
第1回目挑戦者   弟子(23)  一休さん(05)  甲木茂也(07) マスダ(04)
        真治(03)  シマネのキョン(04)  ゴン(02) 新里正基(02) 真治(02)
        竹内(02) 河野(02) ぷーさん(02)

長期未応募者
        雄飛(2-00) 広瀬智文(3-109) しんちゃん(4-116) 俊太(3-19)
        萌優(2-00) 秀吉(00) kenshi.com(1-00) hiroyasu_eguchi(1-00)
        hiro_iribo(00) ffsatoru(00) AKIRA(00) Y_SIDE(00)
        イッペコッペ(1-67) meijiro(3-04) わっしー(1-64)
        マスダ(05) 及川(04) さだちゃん(1-49) HTanoue(3-56)
        大江@自宅(3-12) ハミミ(1-32) M_tsu(4-152) おりもと(04)
        kiyonori h.(01) uranium235(01) ohcha(1-21)
        mosubi(01) ari-ori-haveri-imasokari(01) Takashi Nogawa(1-18)
        Yoshitaka Kubo(01) Shigehito(01) あか(01)
        吉田義昭(1-16)

応募されていない方も,応募条件を読まれて,ふるって応募して下さい.(^_^)/
〆切は,毎週日曜日の夜24:00です.

★2005年10月度の優秀者は,下記でした.

第4回目以上  マム            このコーナーのトップクラスです
第3回目挑戦者 (該当者なし)     いよいよ最高ランクの仲間入りです
第2回目挑戦者 (該当者なし)    常連の仲間入りです
第1回目挑戦者 (該当者なし)        さらに,上のクラスを目指して下さい

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

5,試験問題予想コーナー(伊藤)

試験問題予想コーナーは,,電気の資格試験問題を予想するための資料を
集計するものです.

よく言われているように,電験の試験は,過去問題が,繰り返し出題されています.
そこで,次の試験に出る問題を予想しようと言うものです.

予想方法は,皆さんからの情報を元にします.

頂いた資料は,【伊藤肇】がデータベースにして,分析します.

又,情報を下さった方には,もれなく最新の情報をお届けします.
みんなで,情報を寄せ合い,一発合格しましょう.

以下は,コーナーの主旨です.
試験出題傾向分析趣旨:

 電験1種〜3種,エネルギー管理士を攻略するにあたり,相手を知ることが
攻略の第1歩だと考えます.

 どのような範囲のどの程度を勉強すれば合格できるかを,定量的に分析し
自分の力を把握しどのように勉強したら,短期間で合格に近づけるかを理解する
道しるべとして利用して戴きたく考えております.

 是非とも,一度は自分で受験しようとしている資格の前5年分(10年ならなおさ
らよい)位の問題集を下記分類キーワードに従って分類してみると,

 全く見当のつかなかった試験範囲やある法則が見えてきて,次に試験作成者に
なった気持ちで眺めなおして見ると今度出題される問題がおぼろげに見えてきます.

 その閃きを試験問題集計に登録しましょう.セミナー等の情報も歓迎します.

1人1人ではなく,全受験者で力を合わせればお互いの不足分を補え,より確率の
高いデータに成長させられると信じています.

予想集計資料は情報を送付いただいた方に最新情報をExcel95 Ver7形式で添付
ファイルとして送付します

 私も一受験者として,他資格の受験経験を基に情報を共有する為のパイプ役をさせ
て戴きますので宜しくご協力お願いいたします.

URLは http://cgi.din.or.jp/~goukaku/webmail/webmail.cgi です.

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

6,発行,編集(坂林)

電験2種担当
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
◇wakatsuki Teruhiko                       ◇
◇若月  輝彦  ( 電験1種合格 )                 ◇
◇電験2種担当    mailto:denken@goukaku.club.ne.jp       ◇
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

電験3種担当
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
○Aoki kennichi                          ○
○青木 健一  (電験1種合格)                    ○
○電験3種担当    mailto:denken@inv.co.jp           ○
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

予想問題担当
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆Itou hajime                          ☆
☆伊藤 肇    (INSアソシエイツ所長)             ☆
☆予想問題担当    mailto:YB1Y-ITU@asahi-net.or.jp       ☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

アドバイス担当
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
◎      高橋 野 (Hiro Takahashi)              ◎
◎      E-Mail:hiropooh@nyc.odn.ne.jp            ◎
◎  経験にもとずくアドバイス担当                ◎
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

読み物担当
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆Okazaki yasushi                                                 ◆
◆岡崎 靖          (書籍出版社の編集長)                           ◆
◆資格以外の読み物担当                                            ◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ホームページ担当 (編集責任者)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★Sakabayashi Kazushige                     ★
★坂林   和重  ( 電験1種合格 )                ★
★電験3種担当    mailto:goukaku@din.or.jp           ★
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 「電気と資格の広場」代表幹事 坂林和重
 ホームページは http://cgi.din.or.jp/~goukaku/index.htmlです.
 「電気と資格の広場」は,電気の資格を取得する方を支援するために開きました
 電気の資格を あなたもとりませんか ?
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

マガジンの購読申し込みは,こちらです.
http://www.mag2.com/m/0000004445.html

マガジンの購読を解除するときは,下のページでIDとE-mailアドレスを入力して下さい
   項  目   参加者  ID    URL(解除するときのURL)
まぐまぐ      6,140名 0000004445 http://kaijo.tegami.com/
ミニ電気と資格の広場 660名 0000059466 http://www.mag2.com/
ミニ電気と資格の広場2 156名 M0002659  http://mini.mag2.com/pc/
melma       366+24名 m00000149 http://clickincome.net/
RanSta        149名 00003267  http://ransta.jp/
E-Magazine     1,293名 goukaku  http://www.emaga.com/
メルモ        158名 00000063 http://merumo.ne.jp/reader/main_nf.html
MailuX         08名 ID無し  http://www.mailux.com/
めろんぱん       39名 005587      http://www.melonpan.net/mag.php?005587
めるまる        13名 http://www.melmal.com/
メルマ         33名 m00042813 http://www.melma.com/
ポケットメルマ     33名 m00042813 http://www.melma.com/pocket/
めるぱら        07名      http://www.mapa.jp/main/index.php
       合計  9,363名

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-07-19  
最終発行日:  
発行周期:週1回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。