その他カルチャー

怪談「逢魔が時物語」携帯版

携帯で読める怪談メルマガです。怪談系メルマガ読者数では日本一の人気メルマガ。毎回3話、選りすぐった実話投稿をお届けします。

メルマガ情報

創刊日:2000-10-08  
最終発行日:2017-12-15  
発行周期:毎月1、15日  
発行部数:45  
総発行部数:41421  
Score!: 非表示   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

携帯怪談・逢魔が時物語【葬儀にかかわる怪談】

2017/12/15

 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
  ∵   ∵   ∵   ∵
 …★ 怪談 逢魔が時物語 ★…
      2017.12.15
   【葬儀にかかわる怪談】
 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ※11月30日号は都合で休刊しました。



 人はこの世から旅立つとき、何かの爪痕を残すことがあるようだ。

 今回は『葬儀』にかかわる怪異譚を集めました。

 どうぞ今宵、そんな怪奇と不思議の世界に身を置いてください。



 なお、逢魔が時物語メルマガは、年末年始のお休みになります。

 来年は一月半ばから発行する予定です。いいお年を。雲谷斎




 ∵∵∵【葬儀にかかわる怪談】三話∵∵∵


 ★…「 他人の葬式 」…★ 


 冬になるにつれ、霊的なものを感じることが多くなった。

 そう、私は多少なりとも霊感が備わっている。

 これは、そんな時に起こった出来事。



 ある日、富山県高岡市の祖母の姉が亡くなった。

 会ったこともない人なので、悲しいとか寂しいとか、

 特に何も思わなかった。



 葬式から一週間後、祖母が自分の妹に電話をした。

 すると、いつもと違い別人のような口調。

 まるで、男のように「うるせぇ!」と言ったそうだ。



 どうやら、霊にとり憑かれたような感じ。



 祖母の妹に会うと、必ず背後に何かがいるのがわかる。

 よく話を聞いてみて、原因らしきことがわかった。

 祖母の姉の葬式の会場で、もう一件他人の葬式があったそうだ。



 どうやら、その故人が成仏できず、祖母の妹に憑いたらしい。

 そんなことって有り得るのだろうか……?

 祖母の妹は霊媒体質はないはずなのだが……。


 ★★★☆☆(Level3.5)
 投稿:海樹希さん(女性・富山県)


 ◆雲谷斎のイッチョ噛み
 「これは難儀やなぁ……他人やで他人、勝手に憑くなっちゅうねん」


 ◆採点してください(あなたの★の数は?)
  http://form.mag2.com/niauareara


 ━━━━━━━━━━━━━━


 ★…「 角を曲がれば 」…★


 これは大正生まれの祖母が体験した話。

 もう20年以上前になるが、当時、神奈川県横須賀市に住んでいた。

 家から歩いて十分ほどのところに住む祖母の友人が亡くなった。



 お通夜の日、当然のごとく祖母は出かけた。

 しかし、出て行ったきり、いつまでたっても帰宅しない。

 もうかなり時間が経つので迎えに行こうか、と家族は心配した。



 そんな雰囲気になってきた頃、やっと祖母が帰宅した。

 祖母はお茶を飲みながら、こんな不思議なことを話してくれた。



 亡くなった友人の家へは、いつも通る道を歩いていった。

 この角を曲がれば友人の家に着く。



 迷うことなく曲がったが、なぜか家がない。



 だが、その道はよく知った道。おかしい……。

 とにかく、そんな感じで、ひたすら歩き回った。

 いつまで経っても着かないが、歩いている道は知っている道。



 どこまで歩けばいいのだろう、と不安に思いはじめた。

 それでも仲の良かった友人にお焼香をするため、祖母は歩き続けた。



 友人の家にやっと着いたのは、とうに焼香が終わった時間。

 家に上げてもらい焼香だけは済ませた。

 不思議なことに、帰り道はごく普通に帰って来ることができたそうだ。



 決して祖母はボケていた訳ではない。

 大学の講師まで勤めた、非常に合理的で聡明な人だった。

 オカルトをまったく信じない祖母が一言、呟いた言葉。



 「あの人、死んだ顔を見られたくなかったのかねぇ……」

 聞いていた家族は、一瞬みんな凍りついた。



 ★★★☆☆(Level3.5)
 投稿:なみたつさん(男性・神奈川県)


 ◆雲谷斎のイッチョ噛み
 「スマホがあったら、ナビで家まで行けるんやろか?」


 ◆採点してください(あなたの★の数は?)
  http://form.mag2.com/niauareara


 ━━━━━━━━━━━━━


 ★…「 ずっと聴こえる 」…★


 私が小学二年生くらいの時。

 母方の曾祖母が亡くなり、葬式のため母の実家に泊まりことに。

 母の実家に着いた日の夕方頃だったと思う。



 ずっとだった……私にだけ、不気味な呻き声が聴こえる。



 母や叔母に話しても、従兄達の悪戯だろうと取り合ってくれなかった。

 だが、呻き声は夜になっても断続的に聴こえ続けていた。



 寝る前には聴こえなくなりホッとしたが、目を閉じるとまた呻き声が……。

 怖いので、無理やり早く寝ようしたが、夢の中で呼ばれた気がした。



 「ママ?」

 夢見心地のままそう答えて起き出そうとしたようだ。

 「どうしたの?」

 叔母が呼び止めてくれたので、我に返った。



 私は知らないまに、呼ばれるように外に出ようとしていたようだ。

 あの呻き声が関係あるのか、今でも覚えてる不思議な出来事だ。



 ★★★☆☆(Level3.0)
 投稿:K・Oさん(女性)


 ◆雲谷斎のイッチョ噛み
 「もし行ってたら何を見たんやろ? 投稿に深みが出たかも」


 ◆採点してください(あなたの★の数は?)
  http://form.mag2.com/niauareara


 ■前号メルマガに寄せられたご感想と採点はこちら。
  http://www.e-oma.com/mm-kanso.html




 ∵∵∵【怖い話・不思議な話 投稿募集】∵∵∵

 五つ星級の投稿は、逢魔プロジェクトの出版物に内定します。
 ■投稿 oma-pj@e-oma.com




 ∵∵∵【逢魔プロジェクトNEWS】∵∵∵


 ◆イベントNEWS


 【雲谷斎のツイキャス】

 野放しになった雲谷斎がしゃべり倒すツイキャスあほラジオ。
 13回目は『ゆく年くる年号』12月27日(水)22:00〜23:00予定
 ・雲谷斎のツイキャス
  http://twitcasting.tv/omaproject/



 【逢魔が時チャンネル】

 逢魔プロジェクトが制作する、youtube のオモシロ怖いチャンネル。
 闇語りバラエティ、逢魔怪談朗読、京都怪談、京都魔界ツアー。
 ・逢魔が時チャンネルを見る(youtube)
 https://www.youtube.com/channel/UC8gm_7u3j_AxvdHpjwf7QDw



 ◆出版物NEWS

 【怖すぎる実話怪談−怨嗟の章】
 三木大雲、宇津呂鹿太郎、いたこ28号・・・。
 怪談界の著名人による特別寄稿ページが怖さの競演です。


 【逢魔怪奇探偵団−プロローグ編】
 【逢魔怪奇探偵団 事件簿1−県立心霊小学校】
 2冊セット500円!
 実話怪談とフィクションの融合したエンタメホラー小説。


 【闇語りバラエティ第1回】DVD 500円
 【闇語りバラエティ第2回】DVD 500円
 怪談、お笑い、ゲストトーク、京都魔界ツアーも!120分

 ■お求めは、いずれも逢魔が時売店でどうぞ。
  http://www.e-oma.com/btn-top.html



 ◆読者の声コーナー

 毎号楽しみにしてます。ライブとかにもいつか行ってみたいです。
 ・月あかりさん(女性・福島県)
  ↓↓↓
 思いたったら吉日、来年はぜひぜひ遊びに来てくだされ。雲谷斎


 初めまして。怪談や奇談が好きな、オネェです。

 ・アリ姐さん(男性・埼玉県)
  ↓↓↓
 オネェ界にもオモロイ怪談がありそうやなぁ。雲谷斎



 ◆逢魔メンバーズNEWS

 どんどん逢魔メンバーズへ入る読者が増えています。
 メンバー登録(無料)および登録メルアド訂正
 https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=omaproject



 ∵∵∵【雲谷斎の編集後記】∵∵∵

 12月2日、東京闇語りスペシャルvol.12盛況に終わりました。
 1部のみんなで語る怪談会は、宇宙人系とか聞いたこともない話が
 テンコ盛りでした。2部は西浦和さんをゲストに、ガチ怪談、心霊
 写真、動画、謎の声など盛り上がりました。これで逢魔プロジェク
 トの今年のイベントは終了です。ではまた、来年お会いしましょう。

 ■逢魔が時物語ホームページ http://www.e-oma.com

最新のコメント

  • コメントはありません。