音楽

ドイツ発『劇場訪問記』〜もっとオペラを楽しもう〜

皆さんオペラやオペレッタ見たことありますか?私も日本では見たことありませんでした。ドイツに住んで十数年、私が今までに観賞したオペラ、オペレッタ、ミュージカル、バレエ、演劇の紹介です。

全て表示する >

ドイツ発『劇場訪問記』〜もっとオペラを楽しもう〜

2015/09/22

こんばんは、マリナです。先々週の木曜日夜、いつものようにコーラスの練習
に行く途中の広場に出店が出ていたので、なんの催しかな?とネットで検索し
たら、ビール市場というドイツ各地で世界のビールを紹介する催しが、今週末、
この町で開催されるということでした。

日曜日に夫と行って、ベルギーとクロアチアのビールを飲んできました。ベル
ギーのビールって、アルコール度が高いんですね。6度〜15度と色々な種類
がありました。ビールグラスがワイングラスの形(聖杯型というらしい)で、国
によって違うのが面白いと思いました。

日本でも、東京都港区の六本木ヒルズアリーナで15〜23日、「ベルギー
ビールウィークエンド東京2015」がある。そうですね。


日曜日からオクトーバーファストも始まりましたが、今年はちょっと肌寒いか
もしれません。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆☆☆今回の目次☆☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★オペラ(63)『愛の妙薬』ドニゼッティ


   ●クラシック・ニュース

    <ウィーン国立歌劇場、2020年まで音楽監督不在>   9月8日

    <ベルリン国立歌劇場、ホール天井工事が終了した> 9月9日


   ●R.シュトラウス『バラの騎士』動画配信
   
   ●ドイツ発『劇場訪問記』のサイトご紹介


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★★★オペラ(63)★★★ 

    『愛の妙薬』ドニゼッティ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前回の配信、『トリスタンとイゾルデ』の中に出てくる「愛の薬」、これを
テーマにしたオペラが今回ご紹介する作品です。

日本語訳だと、「愛の薬」は「媚薬」になるのでしょうが、「愛の妙薬」とい
うタイトルも素敵ですね。

この作品も、この劇場で2回目の演出となります。以前の演出はドイツ語であ
らすじ通りのオーソドックな演出でしたが、今回(2014年)はイタリア語上演
でちょっと趣向凝らした演出て、楽しかったです。

とはいえ、舞台の様子などあまり思えていないので、覚えている範囲で書きま
すね。


前回の演出のバックナンバー

http://www.doitsu-theater.com/article/424792750.html


作 曲: Gaetano Donizetti(ガエターノ・ドニゼッティ)
原 作: Daniel Aubel(ダニエル・オベール)のオペラ「媚薬」
     (「Le philtre」1831年、パリ)台本:Eugeme Sscribe
台 本: Felice Romani(フェリーチェ・ロマーニ) イタリア語
初 演: 1832年、ミラノ



【 あらすじ 】(ご存知の方はとばして下さい)

村の純情な農夫のネモリーノは、若くて美しい農場主アディーナに憧れている
が、自分から声も掛けられずにいつも蔭からそっと見ているだけだ。

第一幕(農場入り口の広場)

アディーナは読んでいた本が面白いと笑い出し、一同に「トリスタンとイゾス
デ」の一部を朗読して聞かせ、こんな素晴らしい愛の妙薬があったらと言う。
そこへ兵隊達が登場し、引率者のベルコーレ軍曹が美しいアディーナに目を付
け、早速気が利いた口説き文句で結婚を申し込む。まんざらでもない様子のア
ディーナは考えさせてと答える。皆が退場し、アディーナと二人になったネモ
リーノは勇気を出してアディーナに声を掛けるが、全然相手にされない。

そこへインチキ薬売りのドゥルカマーラがやって来た。インチキ薬売りの弁舌
あざやかな語りに村人達は先を争って薬を買い求めている。ネモリーノは薬売
りにイゾルデが飲んだような妙薬を売ってくれと頼み「愛の妙薬」と称する安
ワインを売りつけられる。薬売りはその薬は飲んでから一日経つと効き目が現
れると説明する。ネモリーノは居酒屋に入ってその薬を飲み干し、アディーナ
が現れても、明日になれば薬の効果が出ると自信満々で皮肉を言い合う。そこ
へベルコーレがやって来てアディーナに求婚する。アディーナはネモリーノへ
の当てつけにそれを承諾してしまう。

ところがそこへ伝令が「軍隊は明日出発」という命令書を持って来たので、今
日中に結婚式を挙げようとベルコーレが言い出す。ネモリーノは薬の効き目を
信じているので結婚は明日まで待てないかとアディーナに必死で言い寄るが、
皆に馬鹿にされて笑われる。アディーナは皆を結婚披露宴に招待する。


第二幕(アディーナの結婚宴会場)

結婚式の準備が整いベルコーレが公証人を連れてくるが、アディーナは結婚誓
約書にサインすることを躊躇している。ネモリーノはもう1本愛の妙薬を買う
お金のために、恋敵のベレコーレの軍隊に入隊する契約をして支度金を受け取
る。

一方村の娘達は、ネモリーノが金持ちの叔父さんの遺産を相続して金持ちにな
ると噂話している。もう一本薬を買ったネモリーノは、急に娘達からちやほや
され始めて薬が効いてきたと喜んでいる。その様子を見たアディーナと薬売り
は驚き、アディーナは薬売りから「愛の妙薬」を買うためにネモリーノが軍隊
に入隊したことを聞き感動する。薬売りはアディーナにもその薬を売りつけよ
うと言葉巧みに口上するが、アデーィナは薬に頼らずとも自分の眼や微笑みを
信じると断る。

アディーナはネモリーノの契約書をベレコーレから買い戻し、ネモリーノに渡
す。しかしネモリーノは「愛してくれなければ、兵隊になって死んでしまう」
と契約書をつき返すので、とうとうアディーナも彼の深い愛情に負け二人で永
遠の愛を誓い合う。ネモリーノは叔父さんの遺産を相続して金持ちになり、薬
屋は薬を全部売り尽くして、全て旨くいった。


【 雑 談 】

この作品、ドイツ人も大好きですね。物語として展開が早くて楽しいし、オペ
ラ・ガラコンサートでもよく歌われるテノールのアリア、ネモリーノの「人知
れぬ涙」やアディーナとネモリーノのデュエットも有名です。

休憩を入れて2時間半かからないので、オペラ入門の作品としてもお勧めです。


Youtubeにアップされている2005年の動画
ネトレプコ&ヴィラゾンの掛け合いがコミカルで楽しい作品です。

https://www.youtube.com/watch?v=0m4AkN3DLTk



最初のコーラス、私もニューイヤーコンサートで歌ったことあります。イタリ
ア語の早口は苦手ですが、リズムに合わせて楽しくごまかして口開けてました
(笑)



私が見た作品は、劇場のサイトに作品紹介の動画と画像があります。

http://www.landestheater-detmold.de/programmtickets/monatsplan/details
/tid/4783/titel/lelisir-damore-der-lie.html

※ リンクが長いので、コピー&ペーストしてください。



劇場の動画や画像を見ていただくとお分かりだと思いますが、今回の舞台は、
サーカス一座になっています。。

アディーナは、アクロバット?のスター。サーカス一座の中でも一番人気者で
す。ネモリーノはさえないピエロ。村人の役もサーカス一座のメンバーになっ
ています。

カラフルな衣装の女性たち、男性の中には数人アクロバットがいて、高い棒の
上に登ったり、体操のように床をジャンプしたり転がったりしていました。ア
ディーナも綱渡り(実際は板の上を歩いていますが)しながら歌ったりと演出
にも凝っていて、楽しい作品になっていました。

ベルコーレは軍隊の隊長、ここは変えようがないみたいですね。

薬売りはサーカス一座にやってきた、新参のマジシャン。黒いマントを翻して
色々と手品を見せてくれて、観客もサーカスを見に来ているように一緒に楽し
んでいました。

ネモリーノ、一幕の終わりで顔を白く塗られて、大砲に入れられて飛ばされて
いました。


二幕、あんまり記憶にないのですが、アディーナが赤い大きな風船にネモリー
ノの兵隊になる契約書を結びつけて、風船をあげたり下ろしたりして歌ってい
るシーンが印象に残っています。



以前は、数年前に見た作品もよく覚えていたのに、最近は記憶力が落ちてきま
した。二回ぐらいみたら、一回目に見逃していたところも補充できると思いま
す。その点、動画だと何度も見直すことできるからいいですね。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ●クラシック・ニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<ウィーン国立歌劇場、2020年まで音楽監督不在>

                       9月8日 ウィーン発

ウィーン国立歌劇場総支配人ドミニク・マイヤー氏は、2020年まで新しい音楽
監督を執らないことを公表しました。昨年シーズン始めに音楽監督はフラン
ツ・ウェルザー=メストが突然辞任した後、すぐに後任をみつけることは困難
であること。また特に、新しく就任する音楽監督が、すでに決定している公演
プログラムを変更する可能性もあることも問題となるからです。オーケストラ
は特に音楽監督不在でも問題ありません。


<ベルリン国立歌劇場、ホール天井工事が終了した>

                       9月9日 ベルリン発

2010年から改装工事中のベルリン国立歌劇場のホール天井工事がようやく
終了した。5メートルの高さがある天井部分の音響改良工事が必要とされてい
た。観客席で設置されていた足場も取り払われている。

3年の予定で始まった改装工事は色々な問題発生で延長され、工事費用も2億
4千万ユーロが4億ユーロ(540億円)超えている。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ●R.シュトラウス『バラの騎士』動画配信
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
もっと早く配信したかったのですが、遅くなってすみません。

9月22日まで、以下のサイトで『バラの騎士』が見れます。

http://concert.arte.tv/de/der-rosenkavalier-von-richard-strauss-beim-f
estival-von-glyndebourne

※ リンクが長いので、コピー&ペーストしてください。


Festival von Glyndebourne

    Teodora Gheorghiu - Sophie
    Lars Woldt - Baron Ochs auf Lerchenau
    Kate Royal - Feldmarschallin
    Tara Erraught - Octavian
    Michael Kraus - Herr Faninal
    Miranda Keys - Jungfer Marianne Leitmetzerin
    Christopher Gillett - Valzacchi
    Helene Schneiderman - Annina
    Gwynne Howell - Notar
    Andrej Dunaev - Sanger
    Robert Worle - Wirt
    Scott Conner - Polizeikommissar


    Dirigent/-in : Robin Ticciati
    Kostume : Nicky Gillibrand
    Chor : The Glyndebourne Chorus
    Komponist/-in : Richard Strauss
    Szenenbild / Bauten : Paul Steinberg
    Libretto : Hugo von Hofmannsthal
    Licht : Mimi Jordan Sherin
    Inszenierung : Richard Jones
    Orchester : London Philharmonic Orchestra
    Regie : Francois Roussillon




またクラシックニュースや動画情報など、、Faceebookページで発信します。


ドイツ発『劇場訪問記』のページ

https://www.facebook.com/pages/%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E7%99%BA%E5
%8A%87%E5%A0%B4%E8%A8%AA%E5%95%8F%E8%A8%98/1143355029011360?pnref=lhc

※ リンクが長いので、コピー&ペーストしてください。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ●ドイツ発『劇場訪問記』のサイトご紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
前回の配信でもご紹介しましたが、いままで発行してきたメールマガジンの
バックナンバーをまとめたサイトを立ち上げました。


   ドイツ発『劇場訪問記』〜もっとオペラを楽しもう〜

   http://www.doitsu-theater.com/


まだ全てのバックナンバーをアップし終わっていませんが、あと、オペラやオ
ペレッタなどカテゴリ別の目次を作っているところです。これもまだ順番など
整理していないので、しばらくお見苦しい状態ですが、どうぞご勘弁下さい。


最新の音楽情報、ニュースなどはメルマガ発行だと遅くなりますので、こちら
でご紹介していきますので、時々覗きに来てくださいね。

あと、前述のようにFacebookページも作っています。こちらにも最新の情報を
発信していきますので、ページに「いいね」していただけると、私の投稿はあ
なたのFacebookに届きます。

これから、できるだけ頻繁にドイツからクラシック音楽情報をお届けして行き
たいと思いますので、よろしくお願いします。



【 おわりに 】 

今年は日本も早く涼しくなっているようですが、こちらも日中17度夜10度
とだいぶ涼しくなってきました。もう暖房も入れています。

日本でも報道されていると思いますが、ヨーロッパに押し寄せてきている難民
のニュースが毎日トップです。戦後最大の難民流入、ドイツ国内で戦争が起こ
っているような騒ぎです。何万人もの難民が一度に入国してきて、すぐに宿泊
施設が準備しないといけない割り当てられた地方自治体も大わらわです。

もちろん私が住んでいる地域にも難民施設がありますし、これからもっと増え
るでしょう。現在急ピッチで住居の工事が進んでいるそうです。


先日夫が行きつけの飲み屋で聞いていた話では、この近郊の町の公営住宅を難
民施設として明け渡すために、現在入居している住民、ドイツ人だろうが、外
国人だろうが関係なしに引き払ってもらうことが決まったとか。

いままで住んで住民にとっては、突然のことでショックな話でしょう。こうい
う話が増えてきたら、ドイツでも不満が出てくるでしょうね。


ドイツ統一後25年になりますが、地方自治体の財政が困窮すると一番最初に
削られるのが文化面への補助金です。そのため、オーケストラが潰れたり、統
一されたり、劇場も経営困難になるとバレエ団がなくなったりと、人員整理さ
れました。これから劇場経営もまた苦しくなるでしょう。


日常生活のストレスを忘れるために行く劇場、豊かな国を支える豊かな心を育
てる場をなくして欲しくないですね。



それでは、またこのメールでお会いできますように。


   このメールに関する皆様からのご意見・ご感想をお待ちしています。

   アドレスはこちら matsuno_marina@hotmail.com
   タイトルは    「愛の妙薬」でお願いします。

----------------------------------------------------------------------
スポンサーリンク

■ 抜群の価格競争力と製品の信頼性【デル・オンラインストア】

http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2HSLYV+AOM4NM+3AXY+65ME9

■ 若見え肌ヘッドファーストフェイシャル エステ体験【エルセーヌ】

http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2HSLYV+AQZV2Q+1HK2+2HBNW2

■ 高濃度プラセンタ含有!美容酵素飲料【果熟酵素フルーツダイヤ

http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2HSITW+1ZG1DE+2LSE+61RIA

■ 毎日飲むだけ、超マイナスイオン水【まいにちイオン水】

http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2HSJM9+2MNXYQ+3BCY+5YRHE

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-05-22  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。