社会・社会学

暦のツボ

「○○の日」って、誰がどうやって決めたの?「旬の魚」って、どんな魚なの?生活や食、歴史の視点から、暦や記念日に関する疑問を一歩踏み込んでズバッと解決!年中行事の由来や背景も、民俗学的にサラッと解説!さぁ、暦の「謎学」を楽しもう。

全て表示する >

KOYOMI_Tsubo[Jan-2] 2019 謹賀新年!

2019/01/10

         あけましておめでとうございます。

       2019年最初の『暦のツボ』をお届けします。
       本年も、どうぞ宜しくお願いします <(_ _)>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      「SHICO 2019年版カレンダー」好評発売中! 
       全品送料0円キャンペーンもスタート!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「SHICO公式ネットショップ」では、2019年度版SHICOカレンダーを
 好評発売中です。

 そして、本日、1月10日(木)より、「全品送料0円キャンペーン」が
 スタートしました!
 SHICOカレンダーの全品を、本州・四国・九州地域へは、
 なんと「送料無料」でお届けします!!
   ※北海道・沖縄地域へは、送料900円(税込)でお届けします。
   ※代引き手数料は別途かかります。ご了承ください。

 ☆=============================================================☆
  【 SHICOショップからのお知らせ 】
 「タイポLL」が完売。
 「スタンドタイポ タテ・White」「陰暦」「七十二候カレンダー」
 「和モダン・京の木版画」「博物画屏風」「和紋カレンダー」
  も残りわずかになりました。お早めにお買い求めください!
 ☆=============================================================☆

  ▼「SHICO 2019カレンダーサイト」
 http://www.koyomi-shico.jp/

  ▼「SHICO 2019カレンダー公式ネットショップ」
 http://www.koyomi-shico.jp/shop/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
---------------------------------------------------------------------
■この日の由来  2019年  1月11日〜 1月20日分    January / 睦月
---------------------------------------------------------------------


11日(金) 大安 [旧暦十二月六日]

  【鏡開き】
   その年の年神さまに供えた鏡餅を小さく割り、お汁粉などにして食べる
   行事。元々は武家社会の行事で、具足開き(鎧や兜に供えた餅を雑煮な
   どにして食べた)といった。そのため、鏡餅は刃物で切ると切腹のよう
   だと手や木槌で割り、開くようになったことから鏡割りでなく、鏡開き
   という。

  【蔵開き】
   商売をする家では新年初めて蔵を開き、商売繁盛を祈る行事をこの日に
   行う。鏡開きのように鏡餅を割って食べる。

  【厚生省発足記念日】
   1938年(昭和13年)に国民の体力向上をはかるために厚生省が発足したこ
   とによる。2001年(平成13年)からは労働省と統合され「厚生労働省」と
   してスタートした。

  【塩の日】
   1569年(永禄11年)に上杉謙信が宿敵武田信玄に塩を送り、「敵に塩を送
   る」という言葉のもとになった。新潟県糸魚川市と長野県松本市を結ぶ
   「塩の道・千国街道」によって塩が運ばれた。


12日(土) 赤口 [旧暦十二月七日]

  【稲荷の奉射祭(ぶしゃさい)】
   京都の伏見稲荷神社にて、邪気を祓うために神矢を射る神事が行われ
   る。矢の当たり方によって今年1年が占われる。

  【スキー記念日】
   1911年(明治44年)のこの日、新潟県高田の陸軍歩兵連隊においてオース
   トリアのレルヒ少佐が初めてスキー指導したことによる。

  【かるた名人位・クイーン位決定戦開催】(1月上旬の土曜日)
   滋賀県大津市の近江神宮において、小倉百人一首かるた競技の日本一を
   決める名人位とクイーン位の決定戦が開催される。


13日(日) 先勝 [旧暦十二月八日]

  【ピース記念日】
   1946年(昭和21年)のこの日、タバコの「ピース」が発売されたことにち
   なんで愛煙家が制定。10本入りで発売され、当時の価格は7円であった。

  【咸臨丸出航記念日】
   1860年のこの日、江戸幕府の軍艦「咸臨丸(かんりんまる)」が日米修好
   通商条約を批准するために品川沖を出航したことにちなんで。勝海舟、
   福沢諭吉、ジョン万次郎らが乗船し、サンフランシスコへ。

  【初虚空蔵】
   毎月13日は虚空蔵菩薩の縁日であるが、年始のこの日のことをこう呼ぶ。

  【三十三間堂の通し矢】(1月15日に近い日曜日)
   京都市の三十三間堂で、京都の初春の風物詩である通し矢が催される。
   弓道愛好家らが「大的全国大会」で腕前を披露するが、成人式を迎えた
   袴姿の女性らによる通し矢として有名である。

  【お年玉つき年賀はがき抽せん会】(1月中旬の日曜日)
   年賀はがきのお年玉賞品抽せん会が行われる。年賀はがきは正しくは
   「お年玉付郵便葉書」という。
   郵政により初めて発行されたのは昭和25年用で、賞品は特等がミシン、
   1等が純毛洋服地など時代を感じさせるラインナップ。


14日(月) 友引 [旧暦十二月九日]

  【成人の日】(1月第2月曜日)
   各地で新成人を祝うイベントが行われる。ハッピーマンデー法の制定に
   ともない、2000年(平成12年)より1月第2月曜日に設定された。

  【十四日年越し・小年】
   1月15日の小正月の前日にあたるため、この日は年越しの日とされてい
   た。今では小正月の習慣があまり行われていないため、十四日年越しの
   習慣もすたれてしまっている。

  【タロとジロの日】
   南極の昭和基地に置き去りにされたカラフト犬、「タロ」と「ジロ」の
   生存が1959年(昭和34年)のこの日確認された。「愛と希望と勇気の日」
   ともよばれる。


15日(火) 先負 [旧暦十二月十日]

  【小正月】
   7日までの松の内を「大正月」と呼び、15日を「小正月」という。松の
   内に忙しく働いた主婦をねぎらう意味で、この日を「女正月」という地
   方もある。

  【松過(まつすぎ)】
   京阪地域ではこの日、門松などの新年の飾りを取る。

  【左義長、どんど焼き】
   正月の注連飾りや門松を燃やす小正月の行事。

  【厄神詣】(〜1月19日)
   京都・八幡市に所在する石清水八幡宮の祭礼。御守や神矢を焚き、厄が
   祓われる。1月18日には青山祭が行われ多くの人を集める。

  【いちごの日】
   「1」「15」を「いい」「いちご」と語呂合わせして全国いちご消費拡
   大協議会が制定。


16日(水) 仏滅 [旧暦十二月十一日]

  【仏正月】
   年が明けて、初めて墓参りやお寺参りをする日。

  【藪入り】
   住み込みで働く人達が実家へ帰ること。もっとも現在では週休制が当た
   り前で、この言葉も死語となりつつある。その起源は藪深い里へ帰るこ
   とからとか、宿下がりの意味があるとか諸説ある。

  【閻魔詣り、初閻魔】
   仏教では今日と7月16日を「閻魔賽日(えんまさいじつ)」とし、地獄の
   釜の蓋が開いて、鬼も亡者も休む日とされる。そのためこの日に寺院の
   閻魔堂にお参りする人が多い。

  【禁酒の日】
   1920年(大正9年)の今日、アメリカ合衆国で禁酒法が施行された。清教徒
   (ピューリタン)の影響が強かったアメリカでは、アルコールに対する強
   い批判があった。


17日(木) 大安 [旧暦十二月十二日]

  【冬土用の入り】
   立春(2月4日)の前日までを冬土用という。

  【湾岸戦争開戦の日】
   1991年(平成3年)のこの日、アメリカを中心とした多国籍軍がイラクに
   対して空爆を開始、戦闘が本格的になった。

  【阪神淡路大震災記念日、防災とボランティアの日】
   1995年(平成7年)のこの日、兵庫県南部を中心としてM7.2の地震が発生。
   この「阪神淡路大震災」では死者約6300人、30万人以上の方が避難所で
   生活を行なった。これをきっかけに国内でボランティア運動が活発にな
   り、12月に「防災を呼びかけ、ボランティア精神を普及するため」に閣
   議了解された。なお、1月15日〜21日までを「防災とボランティア週間」
   としている。

  【今月今夜の月の日】
   尾崎紅葉作『金色夜叉』中で、お宮の裏切りに激怒した貫一が、すがる
   お宮を蹴り飛ばして言ったセリフ「来年の今月今夜のこの月を、再来年
   の今月今夜のこの月を、10年後の今月今夜のこの月を、僕の悔し涙で曇
   らせて見せようぞ」の“今月今夜”がこの日にあたる。


18日(金) 赤口 [旧暦十二月十三日]

  【都バス開業の日】
   1924年(大正13年)のこの日、東京都営の乗合バスが営業を開始したこと
   を記念して東京都交通局が制定。

  【振袖火事の日】
   1657年(明暦3年)に江戸城天守閣と市街のほとんどを焼失した「振袖火
   事」が起きた日。現在の文京区本郷・本妙寺より出火した。この火事を
   受けて、幕府が消防組織を発足させる。

  【スコットが南極点に達した日】
   1912年(大正元年)のこの日、初の南極点到達をめざしたイギリスのスコ
   ット隊が南極点に達した。しかし、ノルウェーのアムンゼン隊に遅れる
   こと約1ヶ月、2番手に終わった。その後、スコット隊は帰路で力尽き、
   帰らぬ人となった。


19日(土) 先勝 [旧暦十二月十四日]

  【のど自慢の日】
   1946年(昭和21年)にNHKラジオで「のど自慢素人音楽会」が開始され
   たことによる。

  【家庭消火器点検の日】
   全国消防機器販売業協会が1991年(平成3年)に制定した。「119」にちな
   んだもの。

  【明恵忌】
   鎌倉前期の華厳宗の僧、明恵(みょうえ)の命日。享年60。別名「月の歌
   人」とも呼ばれている。生まれは現在の和歌山県・有田。
   新興の浄土諸宗の進出阻止に尽力し、南都仏教の復興に努めた。


20日(日) 友引 [旧暦十二月十五日]

  【大寒】
   24節気のひとつ。小寒から節分までの「寒の内」の真ん中あたり、1年
   で最も寒い時期である。天文学的には、太陽が黄経300度の点を通過す
   る日。

  【二十日正月】
   小正月の最後の日として納めの行事を行うもので、地方によっては骨正
   月、骨おろし、頭正月などとも呼ぶ。正月に使った魚の残った骨や頭ま
   でも食べて、正月を終えるところからきている。

  【流氷観光船運航スタート】(1月20日〜3月31日予定)
   北海道網走市・網走商港で流氷観光砕氷船「おーろら」「おーろら2」
   が運航開始予定。


---------------------------------------------------------------------
■今月のキーワード                                            【1月】
---------------------------------------------------------------------


【健康】  暴飲暴食に注意、ビタミンCの摂取、加湿器のカビに注意、しもや
     け、あかぎれ、感冒、薄着、高血圧、脳卒中、心筋梗塞、気管支
     炎

【花】  ハナウメ、ハナミズキ、ピラカンサス、雪割草、寒菊、福寿草、
      牡丹、冬桜、寒椿

【園芸】 整枝 ハナモモ

     施肥 
     ・環状施肥法
      根の回りに幹の5〜6倍の直径、株立ちのものでは株元直径の3〜
      5倍の直径で、輪状の溝を掘って肥料をすき込む。
     ・ツボ状施肥法
      環状施肥法と同じ位置に、深さ50cmくらいのツボ状の穴を3〜4
      ヵ所掘って肥料を与える。

     病害虫防除
     ウメ、サクラ等の落葉花木は、害虫の卵や巣、病気にかかってい
     る部分を見つけやすい時期、ツツジなどの表皮や枝の分かれ目を
     調べる。


※10日配信分では【健康】【花】【園芸】を、20日配信分では【季語】【誕
  生石】【誕生花】を、月末配信分では【自然】【暮らし】をお届けしてい
  ます。


---------------------------------------------------------------------
■今月の旬                                              【1月の野菜】
---------------------------------------------------------------------


【薺(なずな)】
 正月の七草の一つ。七草粥に入れて食す。花は春に咲き、ぺんぺん草とも呼
 ばれる。

【芥子菜(からしな)】
 ピリッとした辛みと香りがあり、葉や茎は漬物に、種子は香辛料(マスター
 ド)に利用される。ザーサイは茎を漬物にしたもの。

【白菜(はくさい)】
 春と秋〜冬の年2回収穫されるが、11月終わりから2月までは甘みが出て一
 番おいしく、鍋物の需要も高く出荷量が多い。白菜は見るからに栄養分が少
 なく感じられるのだがビタミンCはみかんと同じくらいで、カルシウムの量
 は人参やセロリ程度は含んでいる。そのうえ大量に食べてもカロリーは少な
 いので太らない。のぼせを下げて便通をよくするので、高血圧の人におすす
 めである。

【菠薐草・法蓮草(ほうれんそう)】
 年中出回ってはいるが、根元が赤くなる冬が旬。冬場のほうれん草の赤い根
 元は栄養価が高く、貧血症に効果があるマンガンが含まれる。

【大根(だいこん)】
 産地と品種を変えて1年を通して出回っているが、多く出回るのは10月〜3
 月。デンプンを消化する働きをもつアミラーゼを含んでいるので、ご飯のお
 かずにピッタリである。

【京菜(きょうな)】
 京菜は水菜の一種で、京都が原産地といわれる。出盛り期は1月〜3月。京菜
 にはカロチンやビタミンCが多く含まれており、関西や九州では新鮮なもの
 を鍋物(クジラ肉や油揚げと煮る)に用いたりする。霜が降りた頃のものは味
 も風味もよい。

【芹(せり)】
 春の七草の代表的な水菜。旬は早春から初夏。葉にはビタミン類も含まれて
 おり、食欲増進や冬場のビタミン補給に役立つ。また、発汗作用や補湿作用
 もある。

【ブロッコリー】
 冷涼な気候を好むブロッコリーの旬は、冬から春先。ビタミン類、鉄分をふ
 んだんに含み栄養価が高い。ゆですぎるとビタミンの損失が大きくなるので
 気を付ける。


※10日配信分では「旬の野菜」を、20日配信分では「旬の果物」を、月末配
 信分では「旬の魚」をお届けしています。


---------------------------------------------------------------------
■こよみこらむ
---------------------------------------------------------------------

 2019年は亥年。「亥」は「閡(がい)」で、とざすという意味を持ち、種の中
 に草木の生命力が閉じ込められている状態を表しているとされます。草木の
 成長サイクルを12段階に分けた符号である十二支。その最後である「亥」
 だから、次のサイクルに入る直前で芽吹きまで生命が凍結されているような
 感じ?

 亥の年は、天災や天変地異が多いイメージがあります。かの「関東大震災」
 が1923年(大正12年)の癸亥、「阪神大震災」も1995年(平成7年)の乙亥で、
 「日本海中部地震」も1983年(昭和58年)の癸亥です。そして江戸時代まで
 さかのぼると、富士山の宝永大噴火が1707年の丁亥で、桜島の安永大噴火
 も1779年の己亥。

 でも、個人的に“亥年=天変地異”というイメージが強いのは、ひとえに
 荒俣宏原作の映画『帝都物語』の影響。陰陽師の土御門家一門総帥・平井
 保昌が帝都破壊の日を命を賭して占った後、突如現れた魔人・加藤保憲が
 平井を踏みつけながら、“亥の年、亥の月、亥の刻”の天変地異(つまりは
 関東大震災)を告げるシーンが残忍で強烈すぎました・・・

 関東大震災は、正確には亥の年、亥の月、亥の刻でなかったらしいんです
 けど、“亥の年”であることはホントです。また、前述のように、大きな
 天災が比較的多かったのも事実。己亥(つちのとい)である2019年、大き
 な災厄が無く、皆さんにとって良き一年となりますよう、祈りたいと思い
 ます!

                 (SHICO 酒井 ☆ tsubo@koyomi.com)

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-02-20  
最終発行日:  
発行周期:毎10、20日、月末  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。