映画

週刊うるとら★ラッキー☆シネマ★

上映中の新作映画やビデオレンタル中のオススメ作品など
あなたのシネマライフを応援するメールマガジンです。
読者投稿も掲載しますのであなたもライターデビューしませんか?

全て表示する >

週刊うるとら★ラッキー☆シネマ★ Vol.1041(2019/8/31)

2019/08/31

  ****************************
  *■□■■□□■■■*週刊うるとら★ラッキー☆シネマ★*
  *■□■■□□■☆彡*          第1041号*
  *■■■■■■■■■*2019/8/31       *
  ****************************
※このメールは等幅フォントでご覧ください。
==【もくじ】========================================================
  □週刊うるとら★ラッキー☆シネマ★第1041号
  ■映画インプレッション『ロケットマン』
   ■TAK・Gのフィルム・コラム(Vol.691)
  ■石男的衛星電影案内(Vol.971)
  ■編集後記
====================================================================
■映画インプレッション(新作映画)by.STONEMAN
  『ロケットマン』
  監督:デクスター・フレッチャー  主演:タロン・エガ−トン 
--------------------------------------------------------------------
  ☆グラミー賞に5度輝くなど、イギリスを代表するミュージシャン、
  エルトン・ジョンの半生を映画化した人間ドラマ。両親から満足な愛
  情を注がれずに育った少年時代から、音楽の才能を認められ、瞬く間
  にスターダムをのし上がっていく様などが描かれます。『キングスマ
  ン』シリーズのタロン・エガートンがエルトンを演じました。

  イギリス郊外ピナー。家に寄りつかない厳格な父親と、子供に無関心
  な母親。けんかの絶えない不仲な両親の間で、孤独を感じて育った少
  年レジナルド・ドワイト。唯一神に祝福されていたのは彼の才能…天
  才的な音楽センスを見出され、国立音楽院に入学する。その後、寂し
  さを紛らわすようにロックに傾倒する少年は、ミュージシャンになる
  ことを夢見て、古くさい自分の名前を捨てることを決意する。新たな
  彼の名前は「エルトン・ジョン」だった…。

  エルトン自身が製作総指揮を手掛け、『ボヘミアン・ラプソディ』の
  最終監督を務めたデクスター・フレッチャーが監督がミュージカル要
  素を入れた演出でエンターテイメントとして楽しい作品に仕上がって
  いました。

  主演のタロン・エガートンは『キングスマン』のスパイ役とはまた違
  った雰囲気で数々の名曲群を圧巻のパフォーマンスで歌い上げました。
  口パクでなく生歌を選んだのは成功でした。

  実際のエルトンの衣装をそっくりに再現しているのを見るだけで楽し
  い作品でした。

  公式サイト > https://rocketman.jp/ 

  STONEMAN推薦度★★★☆ 買い物依存症は治らない度★★★☆
   (10点満点:★=2点・☆=1点)

====================================================================
■TAK・Gのフィルム・コラム(Vol.691)
  『トム・オブ・フィンランド』
  監督:ドメ・カルコスキ 主演:ペッカ・ストラング
--------------------------------------------------------------------
  ☆第二次世界大戦の最中、自らの性を抑圧して生活しながらもの、
  時として感情や欲望のままに彷徨う事があったトウコ。フィンラン
  ドでは、厳しくも同性愛には禁じられていた当時、トウコは唯一の
  家族である妹にもその真実を隠し、さらには、その嗜好で趣味であ
  る絵画に、思い切り投影させていきました。彼の絵は、背徳的でそ
  の当時のフィンランドではとても表立って発表されるべきものでは
  ありませんでしたが、秘かに徐々に世に出回りはじめ、同性愛者間
  で多大にブームとなり、アメリカでは雑誌の表紙を飾るまでに至り
  ました。トウコの勇気ある生き方が、ゲイカルチャーのフリーダム
  を一気に押し上げ、彼らにポジティブに生きる糧とさえなっていく
  のでした。

  性の枠を超えて、誰もが皆愛を求めているということを、トウコが
  一番言わんとすることなのですが、戦中、戦後にしても、辛辣な経
  験を味わいながらも、愛し愛されるべき人たちとの出会いがあった
  トウコは、ラッキーですが、それも、彼自身が明るくポジティブな
  姿勢があっての成り行きだったのでしょう。今や、ニューヨーク近
  代美術館にも彼の絵は所蔵され、フィンランド郵便の記念切手にも
  なるというほどの著名ぶりです。

  絵が成功を収めた後は、フィンランドでも同性愛が合法化されるも
  その後愛を確かめ合っていたヴァリが喉頭がんで亡くなったり、エ
  イズの発症と蔓延により強くバッシングされた辛い時期もありまし
  たが、トウコ自身は71歳で肺気腫を患って亡くなるまでは、健康
  的に活発に障害を全うしたと言えます。そして、一昨年2017年
  にはフィンランドでも同性婚が認可されました。

====================================================================
■石男的衛星電影案内(Vol.971)8/31〜9/6 by.STONEMAN

  ★今週の石男が選ぶオススメの1本
  <NHK・BSプレミアム> デジタルBS-103ch
  9月2日(月)21:00
  『グラン・トリノ』('08 アメリカ)
  監)クリント・イーストウッド 主)クリント・イーストウッド
  ※孤独だが誇り高く生きる元自動車工の老人ウォルト。妻に先立たれ、
  その偏屈さゆえに息子や孫たちからも敬遠されているが、隣りに住み
  始めたアジア系移民の少年タオや姉のスーと知り合い、いつしか親子
  のような絆が生まれる。しかし、タオたちを執ようにつけ狙う不良グ
  ループの存在を知ったウォルトは、人生をかけ、最後の決断を下す…。

  <GYAO!・無料動画> http://gyao.yahoo.co.jp/
  『ヘイトフル・エイト』('15 アメリカ)
  監)クエンティン・タランティーノ 主)サミュエル・L・ジャクソン
  ※舞台は山の上のロッジ、登場人物はワケありの7人の男と1人の女。
  人種も境遇もバラバラの8人、わかっているのは全員が嘘をついている
  ということだけ。犯人は? 動機は? 8人の本当の関係とは? 実
  はオープニングから、すべての会話と視線、何気ない身振りに、巧妙
  かつ緻密な伏線が仕掛けられている。タランティーノ印のブラックな
  笑いと過剰なアクション満載の謎解きに挑め!
  ★9/5まで無料配信中

*********************************************************************
■編集後記
  ☆ペナントレースも終盤となりまして、広島カープは4連覇どころか
  CS進出さえも黄信号な気がしてきました。やはりバティスタのドー
  ピング問題が大きいですね。なんとかCSで勝ち抜いて下剋上を果た
  してもらいたいです。
  
==================================================================
【おすすめラジオ番組】
  広島FM放送「シネマ☆ボックス」土曜21時オンエア
  
==================================================================
  *****************************************************
  当メルマガのfacebookページを作りました!
  http://on.fb.me/g2LofS「いいね!」を押して下さい!
  *****************************************************
  https://twitter.com/stoneman_ulc
  ↑ツイッターはこちら!フォローよろしくお願いします。
  *****************************************************
  ★ULCホームページ★(再開しました!)
  http://www.ulc-stone.com
  *****************************************************
  ●○●○●読者ボランティア・ライター募集中●○●○●
  映画の感想を投稿してくれるライターさんを募集中
  http://form1.fc2.com/form/?id=893941
  ↑詳しくはこちらのメールフォームからメールして下さい!
  *****************************************************
========================================================================
========================================================================
■週刊うるとら★ラッキー☆シネマ★ Vol.1041(2019/8/31)
■発行:ULC (Ushimitu Listeners Club) http://www.ulc-stone.com
■編集長:STONEMAN (from HIROSHIMA city)
■問合せ先(ご意見ご感想も)> http://form1.fc2.com/form/?id=893941
■購読&解除はそれぞれの配信サービスにてどうぞ。
【まぐまぐ】ID:0000025922
  http://www.mag2.com/m/0000025922.htm
【メルマ!】ID:m00017409
  http://melma.com/backnumber_17409/
========================================================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-04-18  
最終発行日:  
発行周期:週一回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。