映画

週刊うるとら★ラッキー☆シネマ★

上映中の新作映画やビデオレンタル中のオススメ作品など
あなたのシネマライフを応援するメールマガジンです。
読者投稿も掲載しますのであなたもライターデビューしませんか?

全て表示する >

週刊うるとら★ラッキー☆シネマ★ Vol.1009(2019/1/19)

2019/01/19

  ****************************
  *■□■■□□■■■*週刊うるとら★ラッキー☆シネマ★*
  *■□■■□□■☆彡*          第1009号*
  *■■■■■■■■■*2019/1/19       *
  ****************************
※このメールは等幅フォントでご覧ください。
==【もくじ】========================================================
  □週刊うるとら★ラッキー☆シネマ★第1009号
  ■映画インプレッション『へレディタリー/継承』
   ■TAK・Gのフィルム・コラム(Vol.661)
  ■石男的衛星電影案内(Vol.939)
  ■編集後記
====================================================================
■映画インプレッション(新作映画)by.STONEMAN
  『へレディタリー/継承』
  監督:アリ・アスター 主演:トニ・コレット
--------------------------------------------------------------------
  ☆第34回サンダンス映画祭で評判を呼んだ、新鋭アリ・アスター監督
  によるサスペンス・ホラー。亡くなった祖母から忌まわしい“何か”
  を受け継いでしまったことから、恐ろしい出来事に見舞われる家族の
  姿が描かれます。

  グラハム家の祖母エレンが亡くなった。娘のアニーは、過去の出来事
  がきっかけで母に愛憎入り交じる感情を抱いていたが、エレンの遺品
  が入った箱には、私を憎まないでというメモが挟んであった。そんな
  なか、アニーは、夫のスティーブ、高校生の息子ピーター、そして人
  付き合いが苦手な娘チャーリーとともに粛々と葬儀を行う。祖母を亡
  くした喪失感を乗り越えようとする一家だったが、グラハム家で奇妙
  な出来事が頻発し始める…。

  ホラー映画監督でもある三宅隆太監督が「今世紀で一番怖い映画」と
  評しただけあって、トラウマ級に怖い作品でした。じわじわ来る嫌な
  感じでゾクゾク背筋が寒くなる展開で、本当に怖い体験をさせられる
  作品です。

  これが長編デビュー作というアリ監督は相当なシネフィルだそうで、
  『ローズマリーの赤ちゃん』や『悪魔の追跡』、『キャリー』などの
  ホラー映画のみならず、マイク・リー監督の『秘密と嘘』、『人生は、
  時々晴れ』、ニコラス・ローグ監督『赤い影』、アン・リー監督『ア
  イス・ストーム』などに加え、日本の古典ホラー『雨月物語』や『鬼
  婆』などにインスパイアされて本作を撮ったそうです。

  『シックス・センス』のトニ・コレットが2人の子供を持つ母親を鬼
  気迫る表情で演じていましたが、彼女の顔芸だけでCGや特殊メイク
  を使わなくても怖すぎでした。彼女の悲鳴というか慟哭も耳に残りま
  した。虫嫌いの人には正視できないシーンもあります。

  公式サイト > http://hereditary-movie.jp/

  STONEMAN推薦度★★★★ 地獄の家族トラウマ度★★★☆
   (10点満点:★=2点・☆=1点)

====================================================================
■TAK・Gのフィルム・コラム(Vol.661)
  『蜘蛛の巣を払う女』
  監督:フェデ・アルバレス 主演:クレア・フォイ
--------------------------------------------------------------------
  ☆スウェーデンのジャーナリスト、スティーグ・ラーソン作のミレ
  ニアム・シリーズから、「ドラゴン・タトゥーの女」のヒット作に
  続く「蜘蛛の巣を払う女」。企業に絡む犯罪を、天才的ハッカーの
  リスベットが、社会派雑誌の編集者ミカエルとともに解明していく
  のだけれど、シリーズ3部作後、リスベットはミカエルの元から去
  っているところからの、新たなるストーリーの展開。前原作らのノ
  オミ・ラパスから、ハリウッド・リメイク版のルーニー・マーラー
  に続いての新たなるヒロインの登場か、まだまだ新手の俳優、クレ
  ア・フォイが自らの殻を破っての役柄へ体当たり的挑戦です。次に
  控えている「ファースト・マン」でのほうがすでに名を高めている
  ものの、このリスベット役は当たり役でした。

  これまでの功績が称えられ信用を得たリスベットの元に著名な科学
  者フランス・バルデル博士から緊急な連絡が入ります。自らが長年
  研究し作り上げた核攻撃プログラムは、その功績以上に危険が伴う
  もので、今後の様々な機関が狙い、とてつもない手段として利用さ
  れるのではと博士自身がそのプログラムの行く末を危惧し、阻止し
  ようと、信頼したリスベットへ依頼してきたものの、すぐにそれを
  阻止するものがリスベットに接近していくのだった・・・。それど
  ころか、リスベットが、危険人物化のように操られていき、事態は
  ますます彼女にとって困難になっていき、その中で、悲しい自らの
  家庭の実態が浮揚していきます・・・。

  ストーリーはしょっぱなからインパクトの強い事態から描かれてい
  き、リスベットの悲しい虐待のあった幼少時代の過去から描かれて
  いて、作品は重い雰囲気で展開していきます。これでのシリーズと
  幾分変わらず、ヒロイン、リスベットの陰りのある人となり、面影、
  きゃしゃな体つきに似合わず、大胆な敵への向き合い方は、統一的
  で、シリーズへのイメージの固執感は異なりません。が、当作のリ
  スベット役クレア・フォイのシャープなアクションと台詞回しに比
  べ、少し愛くるしさの除くつぶらな瞳が、これまでのリスベットよ
  り柔らかさがにじみ出ています。

  以前のジャーナリスト役、ミカエル・ニクヴィストやハリウッド
  ・リメイク版でのダニエル・クレイグの渋さやプロフェッショナル
  感に比べ、今回のミカエルの柔らかさ感は、フォイに合わせたから
  か、今旬のスヴェリル・グドナソン(「ボルグ/マッケンロー 氷の
  男と炎の男」でボルグを熱く、かつ、セクシーに演じあげた。)が、
  いかにもセンシティブなマスコミ人的な存在として投入されていて、
  これまでのどのシリーズ作品より繊細な出来上がり。

  リスベットの過去が少しずつフラッシュバックで挿入され、今起き
  ている悪事に関連していることが徐々にわかる過程で、リスベット
  の悲しい過去や家族とのつながりや真実が露呈されていきます。こ
  れらの展開がうまくドラマティックに描かれていて、良質な小説を
  読んだような気にさせられます。監督は、意外にも「死霊のはらわ
  た」のフェデ・アルバレス。製作総指揮デヴィッド・フィンチャー。

====================================================================
■石男的衛星電影案内(Vol.939)1/19〜1/25 by.STONEMAN

  ★今週の石男が選ぶオススメの1本
  <NHK・BSプレミアム> デジタルBS-103ch
  1月21日(月)21:00
  『それでも夜は明ける』('13 アメリカ)
  監)S・マックイーン 主)キウェテル・イジョフォー
  ※愛する家族と幸せな生活を送っていた黒人音楽家ソロモンは、突然
   誘拐され、奴隷として売られてしまう。農園での労働を強いられ、
   差別と虐待を受けながらも、人間としての尊厳を守り続けるが…。
   19世紀、奴隷制度廃止前のアメリカを舞台に、自由の身でありな
   がら12年間の奴隷生活を強いられた黒人男性の実話を、B・ピッ
   ト製作、S・マックィーン監督が描き、アカデミー作品賞はじめ3
   部門を受賞した衝撃の伝記ドラマ。

  <GYAO!・無料動画> http://gyao.yahoo.co.jp/
  『0.5ミリ』('13 日本)
  監)安藤桃子 主)安藤サクラ、柄本明
  ※「冥土の土産におじいちゃんと寝てあげてくれない?」ある日、ヘ
   ルパーのサワは派遣先の家族から驚きの依頼を受ける。その当日に
   事件に巻き込まれ、気がつけば「家ナシ・金ナシ・仕事ナシ」。人
   生崖っぷちに立たされたサワは、ワケありじいちゃんを見つけては、
   おしかけヘルパーをして生き抜くことに…。老いは誰にでも等しく
   訪れる。高齢化社会へと突入し、身近な人や自分自身の老いに戸惑
   いながら生きている私たちに「死ぬまで人間は懸命に生き抜くんだ!」
   と叫ぶサワの姿が、“生きること”“人生をまっとうすること”の
   本当の意味を教えてくれる。
   ★2/16まで無料配信中

*********************************************************************
■編集後記
  ☆年末に広島FMの「シネマ☆ボックス」電話出演して昨年のベスト
  3を紹介しましたが、先週の放送で『若おかみは小学生』を私の紹介
  を聞いてご覧になった人が、この映画を見て泣いたそうで、紹介して
  くれたことを感謝されるメッセージがありました。まさに紹介した甲
  斐がありました。こちらもとても嬉しいです。

  明日20日は、ひろしま通認定試験があるので今年も受験してきます。
  今回のテーマ問題は広島の江戸時代の歴史なので、合格点が取れるか
  不安です。

  http://www.ulc-stone.com ULCホームページ
  
==================================================================
【おすすめラジオ番組】
  広島FM放送「シネマ☆ボックス」土曜21時オンエア
  ★映画情報満載のラジオ番組です。radikoタイムフリーなら全国で聞
   くことが出来ます!

==================================================================
  *****************************************************
  当メルマガのfacebookページを作りました!
  http://on.fb.me/g2LofS「いいね!」を押して下さい!
  *****************************************************
  https://twitter.com/stoneman_ulc
  ↑ツイッターはこちら!フォローよろしくお願いします。
  *****************************************************
  ★ULCホームページ★(再開しました!)
  http://www.ulc-stone.com
  *****************************************************
  ●○●○●読者ボランティア・ライター募集中●○●○●
  映画の感想を投稿してくれるライターさんを募集中
  http://form1.fc2.com/form/?id=893941
  ↑詳しくはこちらのメールフォームからメールして下さい!
  *****************************************************
========================================================================
========================================================================
■週刊うるとら★ラッキー☆シネマ★ Vol.1009(2019/1/19)
■発行:ULC (Ushimitu Listeners Club) http://www.ulc-stone.com
■編集長:STONEMAN (from HIROSHIMA city)
■問合せ先(ご意見ご感想も)> http://form1.fc2.com/form/?id=893941
■購読&解除はそれぞれの配信サービスにてどうぞ。
【まぐまぐ】ID:0000025922
  http://www.mag2.com/m/0000025922.htm
【メルマ!】ID:m00017409
  http://melma.com/backnumber_17409/
========================================================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-04-18  
最終発行日:  
発行周期:週一回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。