映画

週刊うるとら★ラッキー☆シネマ★

上映中の新作映画やビデオレンタル中のオススメ作品など
あなたのシネマライフを応援するメールマガジンです。
読者投稿も掲載しますのであなたもライターデビューしませんか?

全て表示する >

週刊うるとら★ラッキー☆シネマ★ Vol.746(2014/1/11)

2014/01/11

 **************************** 
  *■□■■□□■■■*週刊うるとら★ラッキー☆シネマ★* 
  *■□■■□□■☆彡*           第747号* 
  *■■■■■■■■■*2014/1/11       * 
  **************************** 
※このメールは等幅フォントでご覧ください。 
==【もくじ】======================================================== 
  □週刊うるとら★ラッキー☆シネマ★第747号 
  ■映画インプレッション『ブリングリング』
  ■TAK・Gのフィルム・コラム(Vol.409)
  ■石男的衛星電影案内(Vol.678)
  ■編集後記 
====================================================================
■映画インプレッション(新作映画)by.STONEMAN
  『ブリングリング』
  監督:ソフィア・コッポラ 主演:エマ・ワトソン
--------------------------------------------------------------------
  ☆『ヴァージン・スーサイド』や『ロスト・イン・トランスレーショ
  ン』のソフィア・コッポラ監督が描く、ハリウッド・セレブの豪邸に
  侵入しては窃盗を繰り返すというティーンの男女が巻き起こした実在
  の連続窃盗事件をベースにした青春ドラマです。

  ハリウッド・スターやセレブらが多く住むアメリカ・カリフォルニア
  州ロサンゼルス市カラバサス。学校を退学し1年間の自主学習を経て
  新しい学校へ転入したマークは、登校初日から周囲にバカにされてし
  まう。唯一レベッカだけが彼に優しく声をかけ、ファッションやブラ
  ンドについて話し合ううちに二人は意気投合。クラブへ繰り出したマ
  ークやレベッカ、クロエは、そこでニッキーとサムに出会う。ある日、
  パリス・ヒルトンがラスベガスでパーティーをするとの情報を入手し
  たマークとレベッカは、彼女の自宅やその周辺の様子をインターネッ
  トで調べて侵入。豪華な家の様子などをニッキーに話したところ、ニ
  ッキーは泥棒したいと言い出す…。

  ふとしたことから犯罪に手を染めていく若者たちの姿と、現代社会の
  問題を独自の視点で描き出していました。大胆な手口で窃盗団と化し
  ているにも関わらず、ほとんど罪の意識もなく逮捕されて初めて事の
  重大さに気付くのは、アメリカだけでなく日本の若者にも通じること
  かもしれません。

  全編が豪華なファッションやPOPな音楽で彩られ、犯罪なのに楽し
  い事をやっている錯覚に陥ってしまいそうになってしまいます。エマ
  ・ワトソンも子供だと思っていたらもう23歳なんですね…。

  公式サイト  http://www.bitters.co.jp/tamako/

  STONEMAN推薦度★★★ ハーマイオニーやさぐれ
度★★★☆
   (10点満点:★=2点・☆=1点)

==================================================================== 
『ブリングリング』(映画原作) ハヤカワ文庫 
 http://p.tl/UK5o(←amazonでチェック!)

==================================================================== 
■TAK・Gのフィルム・コラム(Vol.409)
  『私はロランス』
  監督;グザヴィエ・ドラン 主演;メルヴィル・プポー
--------------------------------------------------------------------
  ☆モントリオールで一緒に暮らす普遍的なカップル、ロランス(M・
  プポー)とフレッド(スザンヌ・クレマン)。ロランスは、大学で国
  語の教鞭をふるい、フレッドは映画の製作に携わり、二人は仲睦まじ
  く暮らし愛し合っているかのようだった。しかし、ロランスにはどう
  しても打ち明けたいことがあった。彼の身体は男性にもかかわらず女
  性の心を持ち備えていたのだった。ロランスが、フレッドへ打ち明け、
  社会的にもカミングした後・・・はたして、二人の行く末は・・・。

  プボーが男性として魅力的過ぎて、見る側の女性はフレッドへ深く共
  鳴し、理解すのだろうかと思われた映画の冒頭・・・しかしながら、
  フレッドは、困惑と混乱によって半ばヒステリックになっていく。
  理性を顧みずしまいには本能のままに行動していくフレッドにたいし
  て理解できないではないが、ときとして見苦しささえ感じられる。
  こんな、生々しい女性の感情や欲望、性同一障害の男性の感性を緻密
  にほろ苦く描いたのは、まだ若干24歳の監督グザビエ・ドラン。

  幼少期から子役として演技をしてきたが、2009年、20歳で映画
  『マイ・マザー』で監督・脚本家としてデビュー。カンヌ国際映画祭
  の監督週間で上映され、たちまち数々の国々でも上映された。
  長編2作目『胸騒ぎの恋人』も翌年のカンヌ国際映画祭のある視点部
  門で上映され、またその2年後の2012年にも本作がカンヌ映画祭
  のある視点部門で上映され、今年は、東京国際映画祭、ヴェネツィア
  国際映画祭『トム・アット・ザ・ファーム』でも上映された。
  来月から「胸騒ぎの恋人」(2010)がようやく劇場公開される。

  ともかく、冒頭を何気ない日常の風景を斬新なカメラワークとアップ
  ビートなサウンドで始めたかと思うと、クラシカルとアバンギャルド
  が混在するような色彩と画風で大変魅了される。思い直したように別
  れてはまた再開する二人の麗しく出会って田舎町を闊歩するときのシ
  ーンはこれまでの見たこともない画期的なカラーと創造。空からカラ
  フルな洋服が降ってくるって誰が思いつくでしょうか。ロランスがか
  つてフレッドと幸せに暮らしていた時、選択したての服を投げ散らか
  す癖、それが知らぬ間に身についたフレッドのささやかな愛の証が表
  現されているのに気付く。

  どの性であってもかつて愛し合い別れる二人の様は似たり寄ったりで
  ・・・それでも、ラストシーンに彼らの出会いを織り込んだのはメラ
  ンコリックで涙を誘う。

  ドランのますますの活躍に目が離せないことでしょう。

==================================================================== 
『夏物語』 [DVD] メルヴィル・プポー主演作 
 http://p.tl/63bS(←amazonでチェック!)

==================================================================== 
====================================================================
■石男的衛星電影案内(Vol.677) 1/4〜1/10 by.STONEMAN 
    
  ★衛星各局・今週の石男が選ぶオススメの1本 
  <NHK・BSプレミアム> デジタルBS-103ch 
  1月14日(火)21:00
  『太秦ライムライト』('13 日本) 
  監)落合賢 主)福本清三
  ※京都・太秦の日映撮影所で、半世紀近く続いた時代劇ドラマが打ち
   切りに。後続番組は若者向け時代劇で、映画職人の出番はない。そ
   んな中、駆け出し女優の伊賀さつきは、斬られ役一筋の大部屋俳優、
   香美山清一と出会う。さつきは、時代劇が減っても志を失わない香
   美山の生き方にひかれ、二人は殺陣(たて)の稽古をする師弟関係
   となる。やがて、香美山の指導でさつきはチャンスをつかむが、老
   いた香美山はついに引退の日を迎える。

  <WOWOWシネマ> デジタルBS-5(191)ch 
  1月11日(土)23:30
  『だいじょうぶ3組』('13 日本)
  監)廣木隆一 主)国分太一
  ※ノンフィクション「五体不満足」の乙武洋匡が3年間に及ぶ小学校教
   師の体験をもとに綴った同名小説を、「余命1ヶ月の花嫁」の廣木隆
   一監督が映画化。自身をモデルにした先天性四肢切断の先生役を乙
   武洋匡本人が演じ、俳優初挑戦ながらナチュラルな好演を見せた。
   児童たちの戸惑いや、教員・保護者たちからの反発に遭いながらも、
   やがて強い絆で結ばれる教師と教え子との姿に、教育の本質とは何
   かを考えさせる感動作となった。

  <チャンネルNECO> SKY PerfecTV! 633ch 
  1月11日(土)21:00ほか 
  『つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語』('12 日本) 
  監)行定勲 主)阿部寛
  ※大人の男女の恋愛を描き続ける直木賞作家・井上荒野の同名原作を、
   『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲監督が完全映画化。阿部寛
   と超豪華女優陣が織り成す官能ラブ・ストーリー。艶という女と駆
   け落ちした松生春二は彼女の不貞に悩まされてきた。そんな艶が病
   に冒され昏睡状態に。松生は過去に艶が関係を持った男たちに彼女
   の危篤を知らせるが、その報せは男たちをとりまく女たちに大きな
   波紋を広げていく。

==================================================================== 
『つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語』[DVD]
 http://p.tl/Uq2K(←amazonでチェック!)

********************************************************************* 
■編集後記 
  ☆今週末は大寒波が押し寄せて、とても寒いですね。こんな時こそ暖
  かい映画館で映画を観るのが一番ですね。そういえば、キネマ旬報の
  ベストテンが発表されましたが、ベストテン1位の「ペコロスの母に
  会いに行く」は、広島では現在、横川シネマで上映中です。森崎東監
  督のハートフルコメディですお見逃しなく!
  
  ***************************************************** 
  当メルマガのfacebookページを作りました!
  http://on.fb.me/g2LofS「いいね!」を押して下さい!
  ***************************************************** 
  https://twitter.com/stoneman_ulc
  ↑ツイッターはこちら!フォローよろしくお願いします。
  ***************************************************** 
  http://mixi.jp/view_community.pl?id=881459 
  ↑mixi「うるとら★ラッキー★シネマ」コミュニティ 
  ***************************************************** 
  ★ULCホームページ★(休止中) 
  http://www.ulc-stone.com 
  ***************************************************** 
  ●○●○●読者ボランティア・ライター募集中●○●○● 
  映画の感想を投稿してくれるライターさんを募集中 
  stoneman#ulc-stone.com(#を@に変えて下さい) 
  ↑詳しくはこちらまでメールして下さい! 
  ***************************************************** 
========================================================================   
【STONEMAN2013年ベスト1】
『きっと、うまくいく!』 Blu-ray
 http://p.tl/uxH2

======================================================================== 
■週刊うるとら★ラッキー☆シネマ★ Vol.746(2014/1/11) 
■発行:ULC (Ushimitu Listeners Club) http://www.ulc-stone.com 
■編集長:STONEMAN (from HIROSHIMA city) 
■問合せ先(ご意見ご感想も)> stoneman#ulc-stone.com(#を@に変えて下さい) 
■購読&解除はそれぞれの配信サービスにてどうぞ。 
【まぐまぐ】ID:0000025922 
  http://www.mag2.com/m/0000025922.htm 
【メルマ!】ID:m00017409 
  http://melma.com/mag/09/m00017409/ 
【メイラックス】ID:MM3E96CCB3C7B20 
  http://www.mailux.com 
========================================================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-04-18  
最終発行日:  
発行周期:週一回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。