映画

週刊うるとら★ラッキー☆シネマ★

上映中の新作映画やビデオレンタル中のオススメ作品など
あなたのシネマライフを応援するメールマガジンです。
読者投稿も掲載しますのであなたもライターデビューしませんか?

全て表示する >

週刊うるとら★ラッキー☆シネマ★ Vol.637(2011/12/3)

2011/12/03

  **************************** 
  *■□■■□□■■■*週刊うるとら★ラッキー☆シネマ★* 
  *■□■■□□■☆彡*           第637号* 
  *■■■■■■■■■*2011/12/3      * 
  **************************** 
※このメールは等幅フォントでご覧ください。 
==【もくじ】======================================================== 
  □週刊うるとら★ラッキー☆シネマ★第637号 
  ■映画インプレッション『映画 怪物くん』
  ■TAK・Gのフィルム・コラム (Vol.302)
  ■石男的衛星電影案内(Vol.568) 
  ■編集後記 
====================================================================
■映画インプレッション(新作映画)by.STONEMAN
  『映画 怪物くん』
  監督:中村義洋 主演:大野智
--------------------------------------------------------------------
  ☆2010年4月に、藤子不二雄(A)原作の人気漫画を嵐の大野智主演で
  実写ドラマ化した「怪物くん」。この怪物くんが、ドラマと同じキャ
  ストで3D映画化。監督は『ゴールデンスランバー』『ちょんまげぷ
  りん』の中村義洋。

  悪魔族の王子・デモキンとの戦いを終え、怪物ランドに帰ってきた怪
  物くんは、ついに怪物ランドの王位継承式を迎える。だが、国民の前
  に颯爽と現れた怪物くんを前に、拍手、拍手の大喝采のはずが、まさ
  かの大ブーイング。国民はいつもわがままな怪物くんの王位継承を反
  対しているのだ。そんな国民に我を忘れた怪物くん。ドラキュラ、オ
  オカミ男、フランケンのお供たちが必死に止めるのも聞かずに、つい
  に怪物ランドを飛び出して人間界へ大脱走してしまい…。

  怪物くんが今回大暴れするのは、インドを彷彿とさせる「カレーの王
  国」。“伝説のカレー”を食すため、姫と王子と共に、王国の危機に
  立ち向かう。カレーの王国のために戦ううち、怪物くん自身も、自己
  中心的な身勝手さを捨て、新大王としての自覚や信念を確立していく
  ストーリーです。

  主演の大野智はもちろん、八嶋智人、上島竜兵、チェ・ホンマンの3
  人が演じるお供たちのナイス・コンビネーションもドラマのままで、
  見るものを楽しませてくれました。逆にいえば映画ならではのビック
  なゲストが登場を期待していたのですが…。

  劇場版の一番のセールスポイントは3Dなので、せめて3Dで見るこ
  とをオススメします。
  
  公式サイト http://www.kaibutsukun-movie.com/index.html

  STONEMAN推薦度★★ ドラゴンがロバ度★★★☆
   (10点満点:★=2点・☆=1点)

==================================================================== 
『怪物くん』DVD−BOX
  http://goo.gl/6GgKJ(←amazonでチェック!)

==================================================================== 
■TAK・Gのフィルム・コラム(Vol.302)
  『ラブ&ドラッグ』
  監督;エドワード・ズウィック  主演;ジェイク・ギレンホール
----------------------------------------------------------------------
  ☆自信過剰で巧みな話術で女性客を魅了して、家電製品をみごとに販
  売していくジェリー(J・ギレンホール)は、シカゴで優秀な医師の
  両親をもち、姉も医療関係者である。弟ジョッシュ(ジョシュ・ギャ
  ッド)はかなりなコンピューター・ギークだが、すでに一儲けし美し
  い妻を迎えているといったところだ。このセールスの手腕を利用して、
  ジェリーも医療関係の仕事、製薬の販売セールスに就くことにした。
  結局は、以前と同じ手法で、病院で働く女性を味方に付けて何とか売
  り上げを伸ばそうとしていた。そんな時、一人の女性マギー(アン・
  ハサウェイ)に出会う。パーキンソン氏病を患う美しいアーティスト
  のマギーは、そんな病気のそぶりも見せようとせず勝気で気ままに生
  きているかのようにも見えるのだが・・・。

  1996年、今の若者たちにとってもあまり遠くない時代のストーリ
  ーで、かつ、テロや災害などといった問題をテーマとはせず、パーキ
  ンソン氏病を取上げ、その病と闘い力強く生きる人々へのエールを挿
  入したラブ・コメディ。監督は、「ブラッド・ダイアモンド」や「ラスト
  ・サムライ」と力強い作品を製作してきたE・ズウィック監督で、初期
  の「きのうの夜は・・・」を思い起こせば、この胸キュンなラブ・スト
  ーリーもうまく作り上げられるのも納得。

  ジェイミー・レイディの『涙と笑いの奮闘記 全米セールスNo.1に輝い
  た〈バイアグラ〉セールスマン』が原作で、医療業界を赤裸々に綴られ、
  ジェリーとマギーの官能的でほろ苦い恋愛を描くコメディだが、ギレン
  ホールとハサウェイは「ブロークバック・マウンテン」での共演から久
  しぶりの共演だ。R指定の17歳以下はお断りの映画で、セックスやド
  ラッグのシーンも多いながら、この主演カップルの爽やかさぶりと小気
  味のいい会話が連なり、まったく不快感もなく楽しめる作品。

==================================================================== 
『涙と笑いの奮闘記―全米セールスNo.1に輝いた“バイアグラ”セールスマン』
 http://goo.gl/aLPmE(←amazonでチェック!)

====================================================================
==================================================================== 
■石男的衛星電影案内(Vol.568) 12/3〜12/9 by.STONEMAN 
    
  ★衛星各局・今週の石男が選ぶオススメの1本 
  <NHK・BSプレミアム> デジタルBS-103ch 
  12月4日(火)22:00 
  『お葬式』('84 日本) 
  監)伊丹十三 主)山崎努、宮本信子
  ※人生で初めて喪主として葬式を出すことになった俳優夫婦の夫。し
   らない作法に右往左往しながら通夜・葬儀を終えるまでの数日間を
   ユーモラスにつづる。伊丹十三監督の記念すべき監督デビュー作で、
   日本アカデミー賞では作品賞ほか主要5部門を受賞。キネマ旬報日
   本映画ベストワンにも輝いた名作。次々と登場する名優たちの演技
   も見もの。

  <WOWOWシネマ> デジタルBS-5(191)ch 
  12月4日(日)23:00 
  『ハーモニー 心をつなぐ歌』('10 韓国)
  監)カン・テギュ 主)キム・ユンジン
  ※こそ泥から殺人まで、さまざまな事情で罪を犯し、服役することに
   なった囚人女性たちが、所内で結成した合唱団の練習を通じてそれ
   ぞれの人生を交錯させていく。主演は人気TVドラマ「LOST」で国際
   派のスター女優となったキム・ユンジン。刑務所内で子どもを出産
   し、規定により生後18カ月に達すると引き離されてしまう我が子に
   精一杯の愛情を注ぐヒロインを好演する。共演には「ユア・マイ・
   サンシャイン」のナ・ムニなど。あまり見ることのない、韓国の女
   子刑務所の内部や囚人たちの生活ぶりも興味深い。

  <チャンネルNECO> SKY PerfecTV! 633ch 
  12月5日(月)00:50ほか 
  『DokiDokiヴァージン もういちど I LOVE YOU』('90 日本) 
  監)中原俊 主)中山忍 林泰文
  ※童貞喪失の絶好のチャンスを目前に天国に召されてしまった高校生
   の魂が、なんと女子高生のカラダに甦ってしまう。女の子のカラダ
   に甦った奇妙な童貞クンと、彼女(彼?)の親友の女子高生との甘
   酸っぱい関係をビビッドに綴った青春グラフィティ。

==================================================================== 
『Doki Dokiヴァージン もういちどI LOVE YOU』 [DVD]
 http://goo.gl/wg19Z(←amazonでチェック!)

********************************************************************* 
■編集後記 
  ☆先週広島で開催された「ダマー映画祭」に参加してきました。今年
  で3回目でしたが、一番の盛り上がりを見せていました。特に豊川悦
  司がゲストのトークショーは広島クレドホールが立見が出る程の客入
  りでした。「人と人をつなぐ」がテーマの映画祭だけに必ず観客との
  質疑応答があったりするのが良かったです。来年も開催されることを
  祈ってます。

  先週の「TAK・Gのフィルム・コラム」にて私がデータを取り違え
  てしまい古いデータを載せてしまうミスがありました。誠に申し訳ご
  ざいませんでした。
 
==================================================================== 
==================================================================== 
STONEMANオススメ曲
 ミドリカワ書房NEWアルバム『愛にのぼせろ』
 http://amzn.to/qpLCzm

==================================================================== 
【amazonで買い物される時は下のURLからお入り下さい!】 
 http://bit.ly/aSrd4k (売り上げの一部がカンパとなります)

==================================================================== 

  ***************************************************** 
  当メルマガのfacebookページを作りました!
  http://on.fb.me/g2LofS「いいね!」を押して下さい!
  ***************************************************** 
  https://twitter.com/stoneman_ulc
  ↑ツイッターはじめました!フォローよろしくお願いします。
  ***************************************************** 
  http://mixi.jp/view_community.pl?id=881459 
  ↑mixi「うるとら★ラッキー★シネマ」コミュニティ 
  ***************************************************** 
  ★ULCホームページ★(仮稼働中) 
  http://www.ulc-stone.com 
  ***************************************************** 
  ●○●○●読者ボランティア・ライター募集中●○●○● 
  映画の感想を投稿してくれるライターさんを募集中 
  mailmaga#ulc-stone.com(#を@に変えて下さい) 
  ↑詳しくはこちらまでメールして下さい! 
  ***************************************************** 
======================================================================== 
■週刊うるとら★ラッキー☆シネマ★ Vol.637(2011/12/3) 
■発行:ULC (Ushimitu Listeners Club) http://www.ulc-stone.com 
■編集長:STONEMAN (from HIROSHIMA city) 
■問合せ先(ご意見ご感想も)> mailmaga#ulc-stone.com(#を@に変えて下さい) 
■購読&解除はそれぞれの配信サービスにてどうぞ。 
【まぐまぐ】ID:0000025922 
  http://www.mag2.com/m/0000025922.htm 
【メルマ!】ID:m00017409 
  http://melma.com/mag/09/m00017409/ 
【メイラックス】ID:MM3E96CCB3C7B20 
  http://www.mailux.com 
========================================================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-04-18  
最終発行日:  
発行周期:週一回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。