映画

週刊うるとら★ラッキー☆シネマ★

上映中の新作映画やビデオレンタル中のオススメ作品など
あなたのシネマライフを応援するメールマガジンです。
読者投稿も掲載しますのであなたもライターデビューしませんか?

全て表示する >

週刊うるとら★ラッキー☆シネマ★ Vol.599(2011/3/12)

2011/03/11


  **************************** 
  *■□■■□□■■■*週刊うるとら★ラッキー☆シネマ★* 
  *■□■■□□■☆彡*           第599号* 
  *■■■■■■■■■*2011/3/12       * 
  **************************** 
※このメールは等幅フォントでご覧ください。 
==【もくじ】======================================================== 
  □週刊うるとら★ラッキー☆シネマ★第599号 
  ■映画インプレッション『戦火の中へ』
  ■TAK・Gのフィルム・コラム (Vol.265)
  ■「エンジンのかからない映画レビュー」第68回目
  ■石男的衛星電影案内(Vol.530) 
  ■編集後記 
====================================================================
■映画インプレッション(新作映画)by.STONEMAN
  『戦火の中へ』
  監督:イ・ジェハン 主演:チェ・スンヒョン、クォン・サンウ
--------------------------------------------------------------------
  ☆朝鮮戦争勃発から60周年に当たる昨年、113億ウォンの巨費を投じて
  製作された戦争大作です!

  1950年6月25日、北朝鮮の奇襲によって始まった朝鮮戦争は、わずか3日
  でソウルが陥落。国連軍の支援を受けながらも韓国軍は敗走を続け、全
  滅の危機に瀕した8月には最後の砦、洛東江を死守するため、軍司令部
  のある浦項に駐留する部隊にも招集がかかる。そして、軍司令部が設置
  された浦項女子中学校の守備に残されたのは、戦闘経験がほとんどない
  71人の学徒兵。部隊を指揮するカン・ソクテ大尉(キム・スンウ)が守
  備隊のリーダーに任命したのはオ・ジャンボム(チェ・スンヒョン)と
  いう物静かな学生だった。気が弱いジャンボムは、その指示に困惑しつ
  つも、部隊を統率しようと努力するが…。

  朝鮮戦争時、北朝鮮軍の猛攻に立ち向かったわずか71名の韓国軍学徒
  兵たちの実話を、1人の少年が母親に宛てた手紙に基づいて映画化した
  作品で、ハリウッド映画のようなスケールで描く大迫力の戦闘シーンで
  描いた戦争映画でした。監督は『私の頭の中の消しゴム』『サヨナライ
  ツカ』といったラブストーリーでその名を知られるイ・ジェハンです。
  学徒兵を演じる人気アイドルグループBIGBANGのT.O.P(チェ・スンヒョ
  ン)、『美しき野獣』のクォン・サンウの熱演も素晴らしいですが、北
  朝鮮軍の士官をカリスマ性たっぷりに演じたチャ・スンウォンにも注目
  です!

  韓流ブームのせいか戦争映画には珍しく客層が中年女性メインだったの
  には驚きました。もちろん男性も楽しめる男泣き映画でした。

  公式サイト http://www.intothefire.jp/

  STONEMAN推薦度★★★ 実録青春戦記度★★★☆
   (10点満点:★=2点・☆=1点)

==================================================================== 
『私の頭の中の消しゴム』 [DVD]
 http://amzn.to/egf10x(←amazonでチェック!)

==================================================================== 
■ TAK・Gのフィルム・コラム(Vol.265)
  『ツーリスト』
  監督;フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク 
  主演;ジョニー・デップ、アンジェリーナ・ジョリー
----------------------------------------------------------------------
  ☆パリの街中をハイヒールで颯爽と歩く女エリーズ(A・ジョーリー)。
  そして、その彼女を張り込む刑事(ポール・ベタニー)たちは、そ
  の女が接触するであろう男を待ち構えているのだった。金融犯罪を
  図ったアレクサンダーが、姿を変えて現れるだろうと・・・。
  リヨン駅からの列車に乗ってアレクサンダーの体つきに似た男フランク
  (J・デップ)に近づき、アレクサンダーに見立てようとしたものの、
  フランクは、エリーズに惹かれていき、ロシアン・マフィアにアレ
  クサンダーと間違われ追われる羽目に・・・。

  「善き人のためのソナタ」の監督、フロリアン・ヘンケル・フォン
  ・ドナースマルク(独)で、重厚ではあるが温かみのある世界を創
  造したが、今回は、微かなコミカルさを含めて想像力を掻きたてる
  サスペンスで、ハリウッドの第一線を行くA・ジョーリーとJ・
  デップの競演を実現させ、大きな話題となった。

  二人が行き着いたベニスでのハプニングはミステリアスで、危険な
  香りが微かに漂うながらも、その街並みのロマンティックさは、
  二人の関係をも甘美なものにしていくようで・・・しかし、二人の
  真実の姿が謎めいている。ストーリーが突き進むにつれ、見るもの
  の心をさらに惹き付け、想像を掻き立てられる。

  しかしながら、A・ジョーリーは艶めかしすぎ、デップは、数学の
  教師フランクを演じるには、アーティスティックな風貌で、オリジ
  ナルの「アントニー・ジマー」(2005)のソフィー・マルソー
  &イヴァン・アタルのほうが、ヨーロッパの舞台に似合っていそうだ。

==================================================================== 
『ツーリスト』オリジナル・サウンドトラック
 http://amzn.to/dH35gZ(←amazonでチェック!)

====================================================================
■「エンジンのかからない映画レビュー」第68回目byかからないエンジン
  http://mentaiazi.blog115.fc2.com/

 『皆殺しの挽歌』(1987年 インドネシア)
 監督:アリザル 主演:クリス・ミッチャム
----------------------------------------------------------------------
  ☆作品紹介・・・ベトナム帰還兵ブラウンの妻と息子が、東南アジアの
  犯罪組織の手によって惨殺された。復讐に燃えるブラウンは大量の兵器
  を駆使し、組織の人間を一人残らず肉塊に変え、辺りを火の海へと変え
  ていく。
    
  インドネシアで製作されたバイオレンス・アクション映画。監督は「ス
  タビライザー」のアリザル。主演は「リオ・ロボ」のクリストファー・
  ミッチャム。共演は「アメリカンハンター」のマイク・アボット他
  
  インドネシアの映画と聞くと、どうしてもスケールの小さい、いわゆる
  「しょぼい」映画を想像してしまいます。ですが、この映画は全くしょ
  ぼくないです。むしろハリウッド以上にド迫力。そこらじゅうで爆薬が
  炸裂し、マシンガンやらショットガンやらが湯水のごとく使用され、建
  物は悉く燃え、しまいにゃ森林も燃えます。

  もう「ランボー」に勝るとも劣らないアクションっぷりで、ストーリー
  を追っかける暇もないぐらい。ヘリのコックピットをバイクですり抜け
  るというハイレベルなスタントも披露。映画の主人公よりも、本作に携
  わったスタントマンの心配をしてしまいます。

  インドネシア映画の可能性と問題性を垣間見せるアクション大作、お暇
  な方はご覧になってみては?
==================================================================== 
『皆殺しの挽歌』 [VHS]
 http://amzn.to/hUUk0d(←amazonでチェック!)

===================================================================
■石男的衛星電影案内(Vol.530)3/12〜3/18 by.STONEMAN 
    
  ★衛星各局・今週の石男が選ぶオススメの1本 
  <NHK・BS−2> デジタルBS-2(102)ch 
  3月17日(木)24:10 
  『クワイエットルームにようこそ』('07 日本) 
  監)松尾スズキ 主)内田有紀
  ※舞台・映画・小説と、さまざまな分野でマルチな活躍を見せる松尾ス
   ズキが、芥川賞候補となった自身の同名小説を豪華キャストで映画化。
   精神科病棟に強制入院させられた女性が個性的な医師、看護師そして
   患者たちに囲まれた生活の中で、それまでの自分の人生と直面し、再
   生していく様を描く。久々の主演になる内田有紀と、彼女を取り巻く
   豪華な共演陣の演技合戦が見もの。

  <WOWOW> デジタルBS-5(191)ch 
  3月17日(日)18:20 
  『影の軍団 服部半蔵』('80 日本) 
  監)工藤栄一 主)渡瀬恒彦
  ※江戸時代、徳川家の権力抗争を契機に、伊賀=服部勢と甲賀勢、2派
   の忍者たちが始める死闘をアクション場面たっぷりに描いた痛快娯楽
   編。双方の忍者軍団がアメリカンフットボールのように陣形を組んで
   激突するなど、各見せ場に斬新な趣向がこらされている。監督は2010
   年にリメイクされた「十三人の刺客」ほか、かつて集団時代劇の黄金
   時代を築いたことも忘れがたい名手、工藤栄一。ちなみに本作にイン
   スパイされたであろうTVドラマ「影の軍団」シリーズは、あのクエン
   ティン・タランティーノ監督も大ファンなのは有名。

  <チャンネルNECO> SKY PerfecTV! 261ch 
  3月13日(日)21:00ほか 
  『福沢諭吉』('91 日本) 
  監)澤井信一郎 主)柴田恭兵
  ※一万円札の肖像として、また“天は人の上に人をつくらず、人の下に
   人をつくらず”という名言でおなじみの福沢諭吉。その大衆に愛され
   た魅力的な人物像に迫った感動の伝記ドラマ。1835年、下級武士の家
   に生まれ、差別を憎んで育った諭吉は、27歳の時、自由の国アメリカ
   に渡り西洋文明に開眼する。帰国後、福沢塾を創設するが、時代は倒
   幕に向けて大きく動き出していた。

==================================================================== 
『影の軍団 服部半蔵』 [DVD]
 http://amzn.to/eclT8C(←amazonでチェック!)

********************************************************************* 
■編集後記 
  ☆東北地方太平洋沖地震は大変な地震でした。被災された方には心から
  お見舞い申し上げます。こちらは広島なので全く被害がなかったのです
  が、東京でも交通機関がマヒして帰宅出来なくなった方も多数いらっし
  ゃったようですね。

=================================================================== 
★STONEMANオススメ映画DVD★
2010年外国映画ベスト1
『オーケストラ!』 スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]
 http://amzn.to/g0UEvi (←amazonでチェック!)

2010年日本映画ベスト1
『時をかける少女』 【完全生産限定版】 [DVD]
 http://amzn.to/e1x27g (←amazonでチェック!)

=================================================================== 
★STONEMANオススメ本★
『東京ポッド許可局 〜文系芸人が行間を、裏を、未来を読む〜』新書館

リスナー登録者数14万人を誇る大人気ポッドキャスト放送が、待望の書籍化!
「東京ポッド許可局」とは、マキタスポーツ、プチ鹿島、サンキュータツオら
録り下ろし「書籍版許可局」3回分が収録されたCDも封入!
 http://amzn.to/930zfg

==================================================================== 
【amazonで買い物される時は下のURLからお入り下さい!】 
 http://bit.ly/aSrd4k (売り上げの一部がカンパとなります)
==================================================================== 

  ***************************************************** 
  https://twitter.com/stoneman_ulc
  ↑ツイッターはじめました!フォローよろしくお願いします。
  ***************************************************** 
  http://mixi.jp/view_community.pl?id=881459 
  ↑mixi「うるとら★ラッキー★シネマ」コミュニティ 
  ***************************************************** 
  ★ULCホームページ★(仮稼働中) 
  http://www.ulc-stone.com 
  ***************************************************** 
  ●○●○●読者ボランティア・ライター募集中●○●○● 
  映画の感想を投稿してくれるライターさんを募集中 
  mailmaga#ulc-stone.com(#を@に変えて下さい) 
  ↑詳しくはこちらまでメールして下さい! 
  ***************************************************** 
======================================================================== 
■週刊うるとら★ラッキー☆シネマ★ Vol.599(2011/3/12) 
■発行:ULC (Ushimitu Listeners Club) http://www.ulc-stone.com 
■編集長:STONEMAN (from HIROSHIMA city) 
■問合せ先(ご意見ご感想も)> mailmaga#ulc-stone.com(#を@に変えて下さい) 
■購読&解除はそれぞれの配信サービスにてどうぞ。 
【まぐまぐ】ID:0000025922 
  http://www.mag2.com/m/0000025922.htm 
【メルマ!】ID:m00017409 
  http://melma.com/mag/09/m00017409/ 
【E-Magazine】ID:stoneman 
  http://www.emaga.com/info/stoneman.html 
【メイラックス】ID:MM3E96CCB3C7B20 
  http://www.mailux.com 
========================================================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-04-18  
最終発行日:  
発行周期:週一回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。