映画

週刊うるとら★ラッキー☆シネマ★

上映中の新作映画やビデオレンタル中のオススメ作品など
あなたのシネマライフを応援するメールマガジンです。
読者投稿も掲載しますのであなたもライターデビューしませんか?

全て表示する >

週刊うるとら★ラッキー☆シネマ★ Vol.589(2011/1/1)

2010/12/31


  **************************** 
  *■□■■□□■■■*週刊うるとら★ラッキー☆シネマ★* 
  *■□■■□□■☆彡*           第589号* 
  *■■■■■■■■■*2011/1/1        * 
  **************************** 
※このメールは等幅フォントでご覧ください。 
==【もくじ】======================================================== 
  □週刊うるとら★ラッキー☆シネマ★第589号 
  ■映画インプレッション『相棒−劇場版II−警視庁占拠!特命係の一番長い夜』
  ■TAK・Gのフィルム・コラム (Vol.255)
  ■「エンジンのかからない映画レビュー」第62回目
  ■石男的衛星電影案内(Vol.521) 
  ■編集後記 (映画ベスト&ワースト2010)
====================================================================
■映画インプレッション(新作映画)by.STONEMAN
  『相棒−劇場版II−警視庁占拠!特命係の一番長い夜』
  監督:杉田成道 主演: 役所広司
--------------------------------------------------------------------
  ☆2000年のドラマ初放送から数えて、10周年を迎えた「相棒」が、再び
  スクリーンに帰ってきました!舞台は日本警察の要所・警視庁本部。警
  視庁始まって以来の大事件が勃発します。

  日本警察の要所・警視庁本部内で、前代未聞の人質籠城事件が発生。人
  質は、田丸警視総監(品川徹)、長谷川副総監(國村隼)を始めとした
  幹部12名。現場となった会議室は機動隊と特殊捜査班SITによって完全に
  包囲されるが、犯人の動機は不明。要求もないまま、いたずらに時間が
  過ぎていく。いち早く事件に気づいたのは、特命係の神戸尊(及川光博)
  と杉下右京(水谷豊)。右京は会議室内の様子を把握することが肝心と、
  鑑識の米沢守(六角精児)や元特命係の陣川公平(原田龍二)の協力を
  得て、誰も予想しなかった奇策に出る…。

  前作は映画的なエンターテイメントなアクション的な見せ場に拘ってい
  たようですが、本作ではアクションシーンはわずかに抑えられていて
  『相棒』らしく刑事コロンボ的な推理劇に徹していました。謎が解けて
  いくと警察庁と警視庁の対立の構図が事件に関わっていることが明らか
  になっていく展開になっていました。

  脚本は、「相棒」の生みの親である輿水泰弘&前作『相棒−劇場版−絶
  体絶命! 42.195km 東京ビッグシティマラソン』を大ヒットに導いた戸
  田山雅司の2人。前作に続いてメガホンをとるのは和泉聖治。

  キャストはもちろん、水谷豊、及川光博という主役コンビに、岸部一徳
  ら人気レギュラーキャストも総出演。さらに、小西真奈美、小澤征悦、
  宇津井健、國村隼ら実力派俳優陣がゲスト出演していました。個人的に
  は丘みつ子と江波杏子が気になりました。

  ちょっとネタバレですが、かなり尻切れトンボ状態でエンドロールを迎
  えます。劇場版3作目に続くのかもしれませんね。

  公式サイト http://www.aibou-movie.jp/

  STONEMAN推薦度★★★☆ 右京さん身軽過ぎ度★★★☆
   (10点満点:★=2点・☆=1点)

==================================================================== 
『相棒−劇場版II』−オフィシャルガイドブック 
 http://amzn.to/gZ0Qrw (←amazonでチェック!)

==================================================================== 
■ TAK・Gのフィルム・コラム(Vol.255)
  『白いリボン』
  監督;ミヒャエル・ハネケ 主演;クリスティアン・フリーデル
------------------------------------------------------------------------------
  ☆第二次大戦前のドイツの片田舎、まだ穏やかな雰囲気の、とある日
  の出来事から始まる。医者が往診から戻って帰宅し患者を診ようと急
  いでいたところ、自宅の目の前で乗っていた馬が転倒し大怪我を負っ
  てしまう。針金が張られていたのだった。また、領主の工場で働く女
    性が事故死してしまったり、キャベツ畑があらされてしまったり。
  さらには、幼い子供が行方知れずとなり、見つかったときには大きな
  怪我を負っていた。とうとう、警察にも関与させたけれども、犯人が
  見つからないまま、村の人々の間には怪訝な空気が広がってく・・・。

  村内の様々な家族と人々の間の細々とした出来事が、絡まりすぎるこ
  となく丁寧にかつ巧みに描かれている。時代背景に合ったモノクロで
  描かれたため、幼い子供たちの純真な表情もが大人たちの表情とも変
  わらない重く厳しく険しい感じがしてならない。それが、解き明かさ
  れない事件への不安感をより大きく感じさせられる。

  まさにヒットラーが台頭する以前だが、ナチズムの兆しを表し、人間
  の根底にある善悪を問うように描いている。また、当時のドイツでの
  家長の尊厳がひしひしと描かれていて、ときに痛いほどの言葉が出て
  くるのには驚かされる。

  ハネケ監督独特な世界観を漂わせながら、無駄な音楽が一切省かれ、
  厳しい表情の子供たち、哀しい状況の大人たちが、モノクロのシーン
  と美しい情景の中に描かれ、とても上品な作品に仕上がっている。
  2009年カンヌ映画祭、パルム・ドール賞獲得作品。

==================================================================== 
ミヒャエル・ハネケ DVD-BOX1
 http://amzn.to/idfYWY (←amazonでチェック!)

====================================================================
■「エンジンのかからない映画レビュー」第62回目byかからないエンジン
  http://mentaiazi.blog115.fc2.com/

 『ミカドロイド』(1991年 日本)
 監督:原口智生 主演:吉田友紀
----------------------------------------------------------------------
  ☆作品紹介・・・旧日本軍によって極秘に開発されていた人造人間ジン
  ラ号。だが、戦況の悪化の為計画は中止され、ジンラ号は研究所ごと闇
  に葬られる。そして50年後の現代、些細な事故が原因でジンラ号が復
  活、機関銃と日本刀を武器に、遭遇した人間を無差別に殺害していく。

  旧日本軍によって作られた人造人間が人を襲うホラー・アクション映画
  です。監督は特殊メイクアーティストとして有名な原口智生。主演は「
  俺はあばれはっちゃく」の吉田友紀、共演は「ケンタとジュンとカヨち
  ゃんの国」の桐口依子、他にも、「ウルトラマン」の毒蝮三太夫や、伊
  武雅刀、森本レオ、黒澤清、小人のまーちゃんなど、豪華ゲストも登場

  地下駐車場にて、突然蘇ったロボットから、主人公とヒロインが逃げる
  ろいうのが大まかな話の流れで、細かいジャンルとしては、スラッシャ
  ー映画に近いかもしれません。劇中の殺害シーンや特撮はなかなかの物
  でして、光と影、血しぶきもろもろを駆使し、見ごたえたっぷりの映像
  を見せてくれます。
 
  しかし、脚本の方はいまいちパッとせず、心理描写、人物描写がやや過
  剰に盛り込まれている為、映画全体のテンポが今ひとつです。その人物
  や心理の描写自体も決して良いとは言えず、不必要に思えるものも少な
  くはありません。

  とは言え、映画の出来としては決して悪くはなく、特撮モノが好きな方
  であれば、楽しんでいただけるかと思います。ミカドロイドの一風変わ
  ったデザインも見物です。

==================================================================== 
『ミカドロイド』 [DVD] 
 http://amzn.to/dTNjMD (←amazonでチェック!)

====================================================================
■石男的衛星電影案内(Vol.521)1/1〜1/7 by.STONEMAN 
    
  ★衛星各局・今週の石男が選ぶオススメの1本 
  <NHK・BS−2> デジタルBS-2(102)ch 
  1月3日(月)19:30 
  『アビエイター』('04 アメリカ) 
  監)マーティン・スコセッシ 主)レオナルド・ディカプリオ
  ※映画と飛行機に情熱を燃やし、数々の逸話を残した実業家ハワード・
   ヒューズの破天荒な半生を描いた人間ドラマ。マーティン・スコセッ
   シ監督とレオナルド・ディカプリオが結束し、驚くべき大胆さと破滅
   的なもろさを兼ね備えた青年ハワードの複雑な人間像に迫る。名女優
   キャサリン・ヘプバーンを演じたケイト・ブランシェットがアカデミ
   ー助演女優賞に輝いたほか、撮影、編集、美術、衣装デザインの5
   部門を受賞。

  <WOWOW> デジタルBS-5(191)ch 
  1月1日(土)22:50 
  『インビクタス/負けざる者たち』('09 アメリカ) 
  監)クリント・イーストウッド 主)モーガン・フリーマン
  ※27年もの長い投獄生活から解放された後、1994年、南アフリカ共和国
   初の黒人大統領に選出されたN・マンデラ。長年彼が訴え続けたアパル
   トヘイト撤廃は実現したものの、白人と黒人の間の人種対立のしこり
   がまだ根強く残った1995年。同国で開催されるラグビーのW杯大会を、
   国民統合のための絶好の機会と捉えたマンデラが巧みな統率力で国民
   を1つに導いていく姿を、「グラン・トリノ」の名匠C・イーストウッ
   ドが見事な演出で感動的に描く。主人公マンデラを名優M・フリーマン
   が飄々と好演し、共演のM・デイモンはラグビー選手役を熱演。

  <チャンネルNECO> SKY PerfecTV! 261ch 
  1月2日(日)20:30ほか 
  『余命1ヶ月の花嫁』('09 日本) 
  監)廣木隆一 主)榮倉奈々 瑛太
  ※2007年4月5日、一組のカップルが都内で結婚式を挙げた。一見、どこ
   にでもいる幸せな二人。けれど、その24歳の愛らしい花嫁は末期のガ
   ンに侵され、「余命1ヶ月」と宣告されていた…。日本中が涙した感動
   の実話を、『雷桜』『ヴァイブレータ』など女性を描くことに定評の
   ある廣木隆一監督が、榮倉奈々と瑛太を主演に映画化。生きること、
   愛することの素晴らしさを丁寧に描き、心揺さぶられる作品となって
   いる。イベント・コンパニオンの千恵は、ある展示会場で知り合った
   太郎とつき合い始める。乳がんであることを告白し、一度は別れを告
   げる千恵だったが、太郎の真摯な思いに心を打たれ、共に生きていく
   ことを決意する。しかしその矢先…。

==================================================================== 
『インビクタス 負けざる者たち』 blu-ray&dvdセット 初回限定生産 
 http://amzn.to/hSm5NZ(←amazonでチェック!)

********************************************************************* 
■編集後記 
  ☆明けましておめでとうございます!今年も当メルマガをよろしくお願
  いします。あと11週で600号を迎えますので、なんとか頑張りたい
  と思っております。2010年の映画のベスト&ワーストを選んで見た
  ので正月休みにDVDレンタル等の参考にしていただければと思います。
  
【STONEMANの独断と偏見の映画ベスト&ワースト2010】

  (外国映画ベスト5)
  1:オーケストラ!
  2:息もできない
  3:ヒックとドラゴン
  4:トイ・ストーリー3
  5:エクスペンダブルズ

  (日本映画ベスト5)
  1:時をかける少女
  2:十三人の刺客
  3:川の底からこんにちは
  4:SRサイタマノラッパー2
  5:ヌードの夜・愛は惜しみなく奪う

  ★ベストの方は特に1位は他の人が1位にしていない作品を推してみま
  した。『オーケストラ!』は批評家の評判は低いのですが、個人的には
  今年一番泣いた映画です。『息もできない』は評判通りの傑作です。日
  本映画の次点は『アウトレイジ』です。

  (外国映画ワースト5)
  1:NINE
  2:かいじゅうたちのいるところ
  3:恋するベーカリー
  4:ベスト・キッド
  5:パーシージャクソン

  (日本映画ワースト5)
  1:矢島美容室
  2:THE LAST MESSAGE 海猿
  3:SPACE BATTLESHIP ヤマト
  4:踊る大捜査線3
  5:さらば愛しの大統領

  ★ワーストは単に私の見たときの体調が影響されているので、あまり参
  考にならないかもしれませんが…。日本映画はTV局タイアップの大作
  が多くランクインしてしまいました。

=================================================================== 
★STONEMANオススメ映画DVD★
2010年外国映画ベスト1
『オーケストラ!』 スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]
 http://amzn.to/g0UEvi (←amazonでチェック!)

2010年日本映画ベスト1
『時をかける少女』 【完全生産限定版】 [DVD]
 http://amzn.to/e1x27g (←amazonでチェック!)

=================================================================== 
★STONEMANオススメ本★
『東京ポッド許可局 〜文系芸人が行間を、裏を、未来を読む〜』新書館

リスナー登録者数14万人を誇る大人気ポッドキャスト放送が、待望の書籍化!
「東京ポッド許可局」とは、マキタスポーツ、プチ鹿島、サンキュータツオら
録り下ろし「書籍版許可局」3回分が収録されたCDも封入!
http://amzn.to/930zfg

==================================================================== 
【amazonで買い物される時は下のURLからお入り下さい!】 
http://bit.ly/aSrd4k (売り上げの一部がカンパとなります)
==================================================================== 

  ***************************************************** 
  https://twitter.com/stoneman_ulc
  ↑ツイッターはじめました!フォローよろしくお願いします。
  ***************************************************** 
  http://mixi.jp/view_community.pl?id=881459 
  ↑mixi「うるとら★ラッキー★シネマ」コミュニティ 
  ***************************************************** 
  ★ULCホームページ★(仮稼働中) 
  http://www.ulc-stone.com 
  ***************************************************** 
  ●○●○●読者ボランティア・ライター募集中●○●○● 
  映画の感想を投稿してくれるライターさんを募集中 
  mailmaga#ulc-stone.com(#を@に変えて下さい) 
  ↑詳しくはこちらまでメールして下さい! 
  ***************************************************** 
======================================================================== 
■週刊うるとら★ラッキー☆シネマ★ Vol.589(2011/1/1) 
■発行:ULC (Ushimitu Listeners Club) http://www.ulc-stone.com 
■編集長:STONEMAN (from HIROSHIMA city) 
■問合せ先(ご意見ご感想も)> mailmaga#ulc-stone.com(#を@に変えて下さい) 
■購読&解除はそれぞれの配信サービスにてどうぞ。 
【まぐまぐ】ID:0000025922 
  http://www.mag2.com/m/0000025922.htm 
【メルマ!】ID:m00017409 
  http://melma.com/mag/09/m00017409/ 
【E-Magazine】ID:stoneman 
  http://www.emaga.com/info/stoneman.html 
【メイラックス】ID:MM3E96CCB3C7B20 
  http://www.mailux.com 
========================================================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-04-18  
最終発行日:  
発行周期:週一回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。