映画

週刊うるとら★ラッキー☆シネマ★

上映中の新作映画やビデオレンタル中のオススメ作品など
あなたのシネマライフを応援するメールマガジンです。
読者投稿も掲載しますのであなたもライターデビューしませんか?

全て表示する >

週刊うるとら★ラッキー☆シネマ★ Vol.522(2009/9/26)

2009/09/26

  ****************************
  *■□■■□□■■■*週刊うるとら★ラッキー☆シネマ★*
  *■□■■□□■☆彡*           第522号*
  *■■■■■■■■■*2009/9/26       *
  ****************************
                         ※このメールは等幅フォントでご覧ください。
==【もくじ】========================================================
  □週刊うるとら★ラッキー☆シネマ★第522号
  ■映画インプレッション『カムイ外伝』
  ■TAK・Gのフィルム・コラム (Vol.189)
  ■石男的衛星電影案内(Vol.456)
  ■編集後記
====================================================================  
■映画インプレッション(新作映画)by.STONEMAN
  『カムイ外伝』
  監督:崔洋一 主演:松山ケンイチ
--------------------------------------------------------------------
  ☆『血と骨』の監督・崔洋一が人気脚本家・宮藤官九郎と共に脚本を
  担い、主演に若手No.1の存在感と演技力を誇る松山ケンイチを迎え、
  伝説の漫画家・白土三平の名作忍者コミックの実写化に挑戦しました。

  貧しさゆえに幼くして忍びの世界に足を踏み入れたカムイは、強靱な
  意志と優れた忍術を身につけて成長する。しかし、理不尽な殺戮に明
  け暮れ、厳しい掟に縛られた年月を経た後、自ら選んだ世界を捨てる
  覚悟を決める。それは即ち裏切り者として追われる身となることだっ
  た。逃亡を続けるカムイは、偶然命を救った漁師の半兵衛一家のもと
  に身を寄せるが、半兵衛の妻は抜忍として身を潜めるかつての仲間ス
  ガルだった…。

  長大な原作の中から「スガルの島」編を選び、沖縄ロケをはじめとし
  た過酷な撮影を敢行し、ダイナミックなアクション大作を完成させま
  した。孤独なヒーローを演じた松山ケンイチは、なんと役作りにトレ
  ーニングを1年前から取り組んだだけにキレのあるアクションを見せ
  てくれました。激しいアクションの裏には撮影中にケガをしてしまっ
  て撮影が一月近く中断してしまったこともあったようです。

  熱愛報道で話題になった小雪との共演ですが、劇中では恋人役ではな
  くて、カムイへの恋心に身を焦がすサヤカ(大後寿々花)の母親役で
  した。

  肉体を使ったアクションもさることながら、VFXも要所で使われて
  いて忍術を使うシーンなど見所満載です。そして、驚くクライマック
  スへと怒涛の展開へと最後まで手に汗握る作品に仕上がっていました。

  公式サイト http://www.kamuigaiden.jp/top.html

  STONEMAN推薦度★★★☆ 松ケンなりきり度★★★☆
                                 (10点満点:★=2点・☆=1点)

====================================================================
映画 カムイ外伝 ドキュメント 松山ケンイチ≒カムイ [DVD]
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B002EP7NDQ/ulcstone-22/ref=nosim

====================================================================
■ TAK・Gのフィルム・コラム (Vol.189)
  『ココ・アヴァン・シャネル』
   監督:アンヌ・フォンティーヌ   主演:オドレイ・トトウ
---------------------------------------------------------------------

  ☆『ドライ・クリーニング』、『恍惚』で知られるアンヌ・フォンテ
  ィーヌ監督が、姉妹(カミーユ・フォンテーヌ)で共同執筆した脚本
  で、シャネルの生涯を描く。原作は、エドモンド・シャルル・ルー。

  近日上映されているクリスチャン・デュゲイ監督の『ココ・シャネル』
  では、シャネルにシャーリー・マクレーンという大御所の大女優を起用
  したことで魅了したものの、シャネルの存在以上にシャーリーンの個性
  が前に出すぎた感があったし、英語で表現するだけで”シャネル”のイ
  メージがことごとく薄れたのに対して、フォンティーヌ監督作品は、シ
  ャネルのフランスの美しい言語の響きを漂わせるだけで随分と空気が違
  う。さらに、余計なナレーションが無かったことで多少理解しがたいシ
  ーンはあったにせよ、生々しいシャネルの生き様がドラマ仕立て臭くな
  く人間臭さを押し出し、ひたすらに人の力をも借り出して成功に導いた
  彼女の生き様が泥臭く感じられ、見ごたえはある。が、トトゥ以外の役
  者の知名度の低さや、ヨーロッパ映画の硬派なイメージで、文学作品並
  みの緊張感を生んだようだ。

  この作品で、A・トトゥは『アメリ』のスウィートなイメージを一掃さ
  せ、女としての性を利用しながらも男に引けをとりたくないという負け
  ん気のある力強い眼差しをもった一女性シャネルのサクセス・ストーリ
  ーを確固として演じている。しかし、ラスト・シーンは、シャネルが美
  しいままの成功者としての像で終わらせたフォンティーヌ監督作品はあ
  えてハリウッド風なのに反し、デュゲイ監督は、寂しく一人、シャネル
  の嫌いな日曜に他界するという自伝映画らしいエンディングを撮った。

====================================================================
オリジナル・サウンドトラック「ココ・アヴァン・シャネル」
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B002DRAS4G/ulcstone-22/ref=nosim

====================================================================
====================================================================
====================================================================
■石男的衛星電影案内(Vol.456)9/26〜10/2 by.STONEMAN

  9月28日(月)21:00 BS-11(衛星第2)
  『ジュラシック・パーク』('93 アメリカ)
  監)スティーブン・スピルバーグ 主)サム・ニール
  ※M・クライトン原作・脚本による壮大な物語を、スピルバーグ監督
   が映画化して大ヒットしたアドベンチャー巨編。恐竜の血を吸った
   蚊の化石からDNAを採取し、クローン恐竜を作りだすことに成功
   した科学者たち。その恐竜たちが生息する島を“ジュラシック・パ
   ーク”と名づけて開園間近というときに、コンピューターに問題が
   発生し、制御されていた恐竜たちが人間に襲い掛かる…。CGを駆
   使して動き回る恐竜は圧巻。

  9月29日(火)21:00 BS-11(衛星第2)
  『ロスト・ワールド ジュラシック・パーク』('97 アメリカ)
  監)スティーブン・スピルバーグ 主)ジェフ・ゴールドブラム
  ※世界中で大ヒットしたスピルバーグ監督による「ジュラシック・パ
   ーク」の続編。前作の悲劇から4年が経ち、絶滅したと思われた恐
   竜たちがコスタリカ沖の孤島で増殖を続けていた。そこは、“サイ
   トB”と呼ばれる研究者たちが極秘で遺伝子工学の研究をしていた
   場所だった。4年前の事件で生き残った数学者のマルコムは生態観
   測チームと共に現地に向かったが、そこは想像をはるかに超えた凶
   暴な恐竜たちが暴れまわる島だった…。

  9月30日(水)21:00 BS-11(衛星第2)
  『マイノリティ・リポート』('02 アメリカ)
  監)スティーブン・スピルバーグ 主)トム・クルーズ
  ※監視社会の恐怖を描いたトム・クルーズ主演の近未来サスペンス。
   2054年のワシントンでは、テクノロジーの発達によって犯罪が
   予知され、人々は罪を犯す前に逮捕されるようになっていた。とこ
   ろが、予知システムを信頼し任務を遂行していた捜査官アンダート
   ンが、殺人犯として「予告」されてしまう。身に覚えのないアンダ
   ートンは、追手を振り切って逃亡。追跡されながらも真実を暴こう
   と、調査を始めるのだが…。

  10月1日(水)21:00 BS-11(衛星第2)
  『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』('02 アメリカ)
  監)スティーブン・スピルバーグ 主)レオナルド・ディカプリオ
  ※16歳のフランクは、両親の離婚がきっかけで家を飛び出し、詐欺
   師となる。パイロットになりすまし、提携する航空会社の飛行機で
   世界を飛びまわる彼を、やがてFBIが追いかけるようになるが、
   正体をつかませないフランクは、その場の雰囲気で医者や弁護士に
   化け逃げ続ける。実在の詐欺師の半生を、レオナルド・ディカプリ
   オ、トム・ハンクス二大スターの共演で描いたスピルバーグ監督の
   痛快作。

  ★衛星各局・今週の石男が選ぶオススメの1本
  <WOWOW> BS-5ch. デジタルBS-5(191)ch
  10月1日(木)24:00
  『ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発』('08 日本)
  監)河崎実 主)加藤夏希
  ※怪獣映画ブームの頂点ともいえる1967年に松竹が製作、怪獣や宇宙
   船の斬新な美術デザインと松竹的ドラマ演出のミスマッチでカルト
   作となった「宇宙大怪獣ギララ」。本作は、その「ギララ」を41年
   ぶりに復活させた注目作だ。「いかレスラー」「日本以外全部沈没」
   の異才・河崎実監督が、微妙なギャグや社会風刺をとりまぜながら、
   前作以上にB級テイストあふれる怪作に仕上げた。コント集団ニュ
   ースペーパーらの演じる各国首脳そっくりさんの繰り広げる珍騒動
   に加え、謎の《タケ魔人》に扮するビートたけしら豪華なゲスト出
   演陣も見どころ。

  <チャンネルNECO> SKY PerfecTV! 261ch
  9月27日(日)21:00ほか
  『クワイエットルームにようこそ』('07 日本)
  監)松尾スズキ 主)内田有紀
  ※“大人計画”の松尾スズキが、芥川賞候補にもなった自身の同名小
   説を、監督・脚本も務めて映画化した人間ドラマ。舞台が精神病院
   というヘヴィな設定でありながら、独特のユーモアで観終わった後
   に何とも言えない心地よさが残る作品。仕事や恋愛に行き詰ったフ
   リーライターの明日香は、ある日目覚めると白い部屋で拘束されて
   いた。そこは“クワイエットルーム”と呼ばれる閉鎖病棟内の保護
   室だった…。

====================================================================
クワイエットルームにようこそ 特別版 (初回限定生産2枚組) [DVD]
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0011JPENC/ulcstone-22/ref=nosim

*********************************************************************
■編集後記
  ☆広島の方にお知らせです!本日より1週間、横川シネマにて上映さ
  れる『月下の侵略者 −文禄・慶長の役と「耳塚」』というドキュメ
  ンタリー映画を是非ご覧ください。私も上映中は劇場にて受付を手伝
  ったりしているかもしれません。

====================================================================
STONEMAN オススメDVD
『愛のむきだし』
237分の衝撃!実話をベースに描く、無敵の“純愛”エンターテインメント
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B002AE5A7M/ulcstone-22/ref=nosim

====================================================================
  *****************************************************
  http://mixi.jp/view_community.pl?id=881459
  ↑mixi「うるとら★ラッキー★シネマ」コミュニティ
  *****************************************************
  ★ULCホームページ★(仮稼働中)
  http://www.ulc-stone.com
  *****************************************************
  ●○●○●読者ボランティア・ライター募集中●○●○●
  映画の感想を投稿してくれるライターさんを募集中
  mailmaga#ulc-stone.com(#を@に変えて下さい)
  ↑詳しくはこちらまでメールして下さい!
  *****************************************************
========================================================================
■週刊うるとら★ラッキー☆シネマ★ Vol.522(2009/9/26)
■発行:ULC (Ushimitu Listeners Club)  http://www.ulc-stone.com
■編集長:STONEMAN (from HIROSHIMA city)
■問合せ先(ご意見ご感想も)> mailmaga#ulc-stone.com(#を@に変えて下さい)
■購読&解除はそれぞれの配信サービスにてどうぞ。
【まぐまぐ】ID:0000025922
  http://www.mag2.com/m/0000025922.htm
【メルマ!】ID:m00017409
  http://melma.com/mag/09/m00017409/
【E-Magazine】ID:stoneman
  http://www.emaga.com/info/stoneman.html
【メイラックス】ID:MM3E96CCB3C7B20
  http://www.mailux.com
【カプライト】ID:7594
  http://kapu.biglobe.ne.jp/?GL
======================================================================== 
**************************************** 
月下の侵略者 −文禄・慶長の役と「耳塚」 
**************************************** 
9月26日(土)〜10月2日(金) 
横川シネマ!! TEL0982-231-1001 
1:12:00 2:15:10 3:18:20 
**************************************** 
中国、北朝鮮、韓国、日本をオールロケの 
異色の長編ドキュメンタリー映画!!!! 
****************************************

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-04-18  
最終発行日:  
発行周期:週一回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。