政治・経済

『時事用語のABC』 by JLogos

現代社会のキーワードをわかりやすくコンパクトに解説します。政治経済の基礎用語から、法律・教育・IT分野の専門用語まで。雑学や豆知識、そして一般教養にいかがですか? これで時事問題も解決! 就職活動や各種資格試験の受験対策としてもご利用ください。


全て表示する >

[時事用語] リスボン条約

2009/11/06

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 無料版「時事用語のABC」 2009年11月 6日発行 第1234号(21,842部)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは、檀です。

現在、松山大学の学生が卒業研究のテーマとして、TVドラマ視聴とインターネッ
トにおける情報発信に取り組んでいます。そこで、インターネット利用者の視
聴動向について分析するため、多くの皆様にアンケートのご協力をお願いしま
す。お忙しい中、貴重な時間をいただくことになりますが、どうぞよろしくお
願いします。

アンケートフォーム
→ http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~12060892/enquete/enquete.html

●今日のキーワードは「リスボン条約」です。
――――――――――――――――――――――――
EU加盟国で唯一批准していないチェコのクラウス大統
領は10月30日、近く批准書類に署名する意向を示した。
――――――――――――――――――――――――
§リスボン条約【りすぼん・じょうやく】
(Treaty of Lisbon)

欧州連合(EU)における次世代の基本条約のこと。

現行のEU体制は、2003年に発効したニース条約によっ
て規定されている。ニース条約の発効当時に比べてEU
加盟国が増えたことを受けて、円滑かつ迅速な意思決
定が求められるようになった。

そこで、議決手続きの改革などを盛り込んだ欧州憲法
条約が提案されたが、2005年にフランスとオランダの
反対によって未批准に終わった。

リスボン条約は、欧州憲法条約を修正し、欧州理事会
常任議長(EU大統領)の創設や意思決定の迅速化に向
けた組織改革を図っている。欧州憲法に代わるものと
して、2007年12月にEU加盟27か国がポルトガルの首都
リスボンで調印した。リスボン条約が発効するにはEU
全加盟国の批准が必要とされる。

EU加盟国で唯一批准していないチェコのクラウス大統
領は10月30日、憲法裁判所が「リスボン条約は憲法に
矛盾しない」と判断したことを受けて、近く批准書類
に署名する意向を示した。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《読者ツール》
――――――――――――――――――――――――

◆ホームページ… http://www.mag2.com/m/0000022774.html
◆広告掲載のお問い合わせ… abc@sm.rim.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「時事用語のABC」は、政治経済の基礎用語から最新時事用語まで、幅広い
分野から取り上げたキーワードをわかりやすく解説するメールマガジンです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-08-31  
最終発行日:  
発行周期:毎週月曜日+臨時増刊号  
Score!: 69 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。