映画

Movie-Highway INFORMATION

総合映画サイト、Movie-Highway が発信!試写会NETを吸収して、新たな映画の楽しみを創ります!!

全て表示する >

Movie-Highway INFORMATION

2007/02/14

。.::・'゜★。、::。.::・'゜。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 Movie-Highway INFORMATION
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★。、::。.::・'゜。、::。.::・'゜☆。.:.::・'.:: [Vol.167 2007.2.13]


┏☆  特報  .::。::・☆ ─────────────────────┓

 キャメロン・ディアス×ジュード・ロウ出演の
                    ラブストーリー『ホリデイ』。
        こちらの試写会に10組20名様をご招待!

       詳細はコチラ ⇒ http://www.linda-project.com/movie/

┗─────────────────────────、::。.::・'゜☆┛


 ┌────────────────────────────────┐
  ■ Movie-Highway >>>>>>>>>> 新着情報
 └────────────────────────────────┘

 □Mini Theater Complex
 │
 ├【公開中の注目作】
 ├●「となり町戦争」新宿ガーデンシネマ 他
 ├●「あなたになら言える秘密のこと」TOHOシネマズ六本木ヒルズ 他
 ├●「華麗なる恋の舞台で」Bunkamura ル・シネマ 他
 |
 │ http://movie-highway.com/mini_t/com_lineup.html
 │
 ├【近日公開作品】
 ├●「joe kid on a STING-RAY - the HISTORY of BMX」
 |          2月17日よりシアターN渋谷にて1週間限定
 ├●「さくらん」2月24日よりシネクイント 他
 ├●「NARA:奈良美智との旅の記録」2月24日シネマライズ 他
 │
 │ http://movie-highway.com/mini_t/com_lineup_next.html
 │ http://movie-highway.com/mini_t/com_lineup_future.html
 │
 ├【The Rise】
 ├●「ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド」
 ├●「善き人のためのソナタ」
 ├★<ライズ エックス>
 │ 「マジシャンズ」
 │
 │ http://www.movie-highway.com/mini_t/rise_main.html
 │
 └【試写会NET】
  「ナイト・ミュージアム」東京:5組10名様
  「フランシスコの2人の息子」東京:10組20名様

   https://shishakai.net/

 ┌────────────────────────────────┐
  ■ Theater CLIP >>>>>>>>>> 公開中・公開間近の作品を紹介
 └────────────────────────────────┘
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  『さくらん』
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 バシッと心に響き、勇気が満ちる、極彩色エンタテインメント

 <監督>蜷川実花
 <原作>安野モヨコ
 <出演>土屋アンナ/椎名桔平
    成宮寛貴/木村佳乃
    菅野美穂/石橋蓮司
    夏木マリ/市川左團次
    安藤政信/永瀬正敏
    美波/遠藤憲一/小泉今日子 他
 
 2月24日(土)より、シネクイントほか全国ロードショー
 ================================================================

  「てめえの人生、てめえで咲かす」
         恋に揺れ、愛を選び、自分らしく本気で生きる青春

 ================================================================

 ●Introduction >>>>>>>>>> イントロダクション 
 いま最高にかっこいい女たちが、この映画で勝負する
 主人公きよ葉・日暮を演じるのは、モデル、女優、そしてロックアーテ
 ィストと、多彩な才能を発揮している土屋アンナ。彼女の自然体であり
 ながら、エネルギッシュでパワフルな生き方は、まさしく主人公きよ葉
 ・日暮そのものだ。スタイリッシュなかっこよさの中に、女性らしい繊
 細さ、美しさ、そして強さをもつ彼女のキャラクターは男女問わず、今
 まさに圧倒的な支持を得ている。江戸に生きた、吉原が誇る花魁の、誰
 にも媚びない"かっこよさ""粋""張り"を土屋アンナは体現し、演じる。

 ●Story >>>>>>>>>> ストーリー
 男と女の求める全てがあった吉原遊郭。
 あまたの廓に数え切れない程の遊女、そして花魁がひしめく中、のちに
 伝説となったひとりの花魁がいた。「なめんじゃねぇよ」と言い放ち、
 気に入らない遊女に跳び蹴りを食らわす豪快な遊女"きよ葉"。のちの花
 魁・日暮である。桜が満開の季節、大門をくぐり、女衒のお蘭によって
 吉原<玉菊屋>に連れて来られた、たった8歳の少女は"きよ葉"と名づ
 けられる。
 門外の桜は満開なのに、廓の中の桜は一本も咲いていない。逃亡して暴
 れるきよ葉に「吉原に桜が咲いたら、ここから出してやる」とたしなめ
 る店番の清次だったが、きよ葉はきっぱりと「てめえの足で吉原を出て
 やらあ」と言い放つ。
 本気で人を恋し、人に愛され、自分の道を自分で決めようともがく。性
 愛と純愛の狭間を、清々しく生き抜く主人公の姿は、もっともっと自由
 な世界に生きているはずの私たちの胸をえぐるだろう。2007年、新時代
 の青春映画が、咲く--。

 ●Production Note >>>>>>>>>> プロダクションノート
 <明るく色鮮やかに、ヒリヒリと切なく残酷に>
 2002年ころ、蜷川実花さんに監督していただく企画を豊島(現社長)と
 打合せ。
 具体的な内容を決め提案するつもりが、ロケットカンパニー大山さんに
 ご紹介いただくチャンスがあり、中目黒の事務所にて初打合。幸運にも、
 ちょうど実花さんも新しい挑戦を考えている時期であった。写真でも表
 現されているような"鮮やかな色彩にあふれているのに、どこか切なく
 ヒリヒリした青春映画"を作ろうということで意気投合。題材となる物
 語探しがはじまる。

 <「さくらん」しかない!>
 物語探しの打合せを行うものの、なかなかベストなものが見つからず。
 安野モヨコさんの「さくらん」は当初より、案として出たものの、その
 スケール感、時代劇であることの予算的なこと、ラブシーンの演出があ
 ることから、なかなか難しいと考えていた。が、やはり「さくらん」し
 かないと。さまざまな困難にも挑戦することを決める。2004年秋、安野
 モヨコさんの映画化ご快諾の報とともに本プロジェクトの開発はスター
 トした。

 <さくらの咲くころ、脚本開発本格始動>
 魅力的な主人公の生き様を書ける脚本家はいるのか。タナダユキさんは、
 まさに性にまつわることをモチーフにしながら、普遍的なテーマを描こ
 うとしている若手映画作家。実花さんとも年齢的に近く感覚も共有でき、
 製作中の良き相談相手たりうるのではないかと、脚本家としてオファー。
 新しいチャレンジにタナダさんも御快諾。約4ヶ月ほどのプロット打合
 せを経て、桜が舞い散る2005年春、本格的に脚本開発が始まった。同じ
 頃、安野モヨコさんと「さくらん」映画化に関する打合せを行い、コミ
 ックの設定、これからの物語をお聞きするとともに、蜷川さんの世界で
 自由に作って欲しいとの心強い要望をいただく。また、江戸吉原のスケ
 ール感を体感するため、博物館および現代の吉原近辺をシナリオ・ハン
 ティング。「図説 浮世絵に見る江戸吉原」(河出書房新社刊)の著者
 である藤原千恵子先生に江戸文化の時代考証をしていただく。ムードメ
 ーカーAP小川も開発より参加。そして、時に12時間を超えるディスカ
 ッションを何度も経て、"自分で考え、自分で行動し、時には傷つき、
 もがく姿さえ清々しく魅力的な青春映画"をコンセプトに開発は進み、
 タナダさんの手による素晴らしい脚本がまとまった。
  
 <キャスティング・スタッフィングはじまる>
 魅力的な主人公を演じることができるのは誰なのか。2005年秋、脚本が
 まとまったころ、当初より真っ先に名前が挙がっていた土屋アンナさん
 に主演オファー。事務所にお邪魔したところ、アンナさんもおり、ご本
 人にも企画説明。たいへんな役であるものの、実花さん初監督というこ
 ともあり御快諾。さらに新境地の役的にも挑戦となる菅野美穂さんはじ
 め、夏木マリさん、安藤政信さん、成宮寛貴さん、市川左團次さんなど
 出演者が決定。一方、当初よりイメージと考えていた椎名林檎さんに音
 楽をオファー。初めての映画音楽への挑戦、しかもエンディング曲のみ
 ではなく、劇中の音楽すべてを手がけることが決定。そして、プロデュ
 ーサーに藤田さん、中林さん、撮影にアメリカで活躍する石坂さん、照
 明には巨匠・熊谷秀夫さん、スタイリストに伊賀大介さん、杉山優子さ
 ん、美術デザイナーに岩城さん、製作担当に本藤さん、助監督に山本さ
 んなどなどの参加が決まっていった。

 <夢みる季節は終わりました>
 2006年初頭、いよいよ撮影準備も本格化。子役のオーディションも開始。
 幼いきよ葉役に演技派の小池彩夢ちゃん、しげじ役にそのキュートな山
 口愛ちゃんが決定。また、熱く意気投合、新境地への挑戦となった木村
 佳乃さんはじめ、椎名桔平さん、石橋蓮司さんの出演が、さらにスペシ
 ャル出演として永瀬正敏さん、山本浩司さん、遠藤憲一さん、K.Kさん
 等が決定。チャレンジしてくださる素晴らしい俳優の皆様に感謝!一方、
 開発当初より懸案であった公開規模に比べ、スケール感&時代劇による
 制作予算の大きさ問題との格闘が続いたが、御支援により、ついに破格
 の予算での制作決定。とはいえ、特に美術・衣装・美粧チームにとって
 厳しい予算。美術打ち合わせの度にげっそりしていく美術デザイナー岩
 城さんであったが、大奮闘により大きな縮小やカットなく、ヴィヴィッ
 ドな蜷川ワールドのセットが実現できることになった。平行して製作部
 の活躍により、吉原のメインストリートは、茨城のワープステーション、
 オープニングとラストを飾る桜並木は埼玉県幸手市の名所・権現堂堤に
 決定した。また心強いことに、吉原を彩る"花"に国内外で大活躍中のア
 ーティスト・東さんの参加が、さらに京都の老舗着物メーカーである京
 朋さんの粋なご英断により、主要50着ほどの着物が新技術を駆使して作
 れることとなった。そしてアソシエイト・プロデューサーとして、宣伝
 を兼務する谷島、宣伝経験豊富なAP平野の参加が決定。こうして撮影
 ギリギリまで、連日連夜の準備は続いた。


 オフィシャルサイト → http://www.sakuran-themovie.com/

┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
 ■□ 編集後記
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
 今回のピックアップ作品は、「さくらん」。
 「働きマン」「ハッピー・マニア」のカリスマ漫画家安野モヨコさんの原
 作を、何と世界的フォトグラファーの蜷川実花が初監督作品に選び、今かっ
 こいい女性たちが作り上げたと言う注目作品です!
 漫画原作が溢れている昨今ですが、今回はいつもと違った、ひと味違うも
 のが見れそうな予感が…。
 かっこよくて切ない極彩色の花魁の世界。
 是非とも映画館の大スクリーンで堪能して下さいね!!
 
 提供:こんなサイトを待っていた!_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 Movie-Highway [ http://movie-highway.com/ ]
 Movie-Highway in 試写会NET [ http://shishakai.net/ ]
 ※お問合せ、ご質問は
 info@movie-highway.com までメールにてお問い合わせ下さい。
 なお、こちらでの配信解除はできませんのでご了承下さい!
 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ※このWEEKLY INFORMATION が不要の方は下記にて配信を解除してください。
  説明に従って作業を行えば解除ができます。
  ⇒ http://movie-highway.com/mail_maga/index.html
 ※このメールマガジンは等幅フォント(Macintosh)、固定ピッチ(windows)
  で正しく表示できるように編集しています。
 _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-07  
最終発行日:  
発行周期:隔週発行  
Score!: 79 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。