出産・育児

しりけん通信

静岡県中部で活動する女性グループ「シーズリサーチ研究所」です。
会の活動報告をはじめ、最近気になっている事など、子育て中のお母さんたちが作るメルマガです。

全て表示する >

しりけん通信

2008/02/06

お待たせいたしました
「しりけん通信」です。

この前の日曜日は節分でしたね〜
最近は豆まきをやらないおうちが増えているようですね。
管理人の自宅近くでも豆まき用の豆を買っていく人は少ないです。
我が家もまいた後が大変なので、豆は買いませんでした。

代わりに最近人気があるのが「恵方巻き」。もともと関西の風習らしいのです
が、スーパーや持ち帰り寿司などでたくさん売っていましたね。
「恵方」って方角が細かくて、「今年はどっち?」などと買い物しながら確認
していく人もちらほら・・・

みなさんは「丸かぶり」しましたか?


□■□ ↓目次↓
■□   ・うちっち来てGO!〜受け入れバグース(最高)!〜
□    ・愛と美の伝道師
     ・エトワールへの道
     ・U〜MY もんだィ、こりゃ♪
     ・最近はまっていること
     
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

   ◆◇うちっち来てGO!〜受け入れバグース(最高)!〜 2◇◆
+−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−+
 ぱぐさんに続いて、ホームステイの受け入れの話。
海外の人々を家に招きもてなす、小さいころからの夢だった私。ま〜現実はそ
んな優雅なものではないけれど、人を通してその国を知る、世界がぐっと近く
なる感覚は貴重な体験です。それを少しおすそ分けしちゃいま〜す。
 
ステイ中は手料理を食べてもらうわけですが、ホームステイを希望しているか
らといって、みんなが日本料理を好きなわけではないんですよね。まあ料理は
そんなに得意ではないので、えらそうに言えた義理ではないのですが、「おい
し〜!」と食べる人もいれば、箸もつけない人もいます。
やはりニコニコとたくさん食べてくれる人がいい。

食べ物で苦労した思い出は、ベジタリアンのドイツ人エステン(仮名)を受け
入れた時。受け入れが始まったとき、ちょうど二人目妊娠中でつわりの真っ最
中。ただでさえ食べ物を受け付けないのに、ベジタリアンのメニューまで考え
るなんて・・・。しかも、彼女は卵、牛乳、肉、魚がダメ。一緒の鍋で煮るの
もダメだから、野菜料理だけの料理を一品用意。カツオダシはダメだから、昆
布かしいたけ。
だから毎日かぼちゃの煮物。これは大好物だったから喜んで食べてくれました。
回転寿司では「ナスの漬物」と「かんぴょう巻き」オンリー。ソーメンだって
しょうゆ+水で食べるのよ。めんつゆはダシが入っているからね。

このエステン(仮名)スラリと背が高くてとてもきれい。性格もよく迷惑もか
けず、食べ物以外はまったく問題なかったです。その後、もう一度家を訪ねて
くれたのですが、その時はつわりもなかったのでいろいろ作ってあげました。
その後、彼女は同じくベジタリアンの彼と結婚。めでたしめでたし。

 あとはマレーシア人のイパ。彼女は私が作ったものを何一つ食べてくれませ
んでした。インド系のマレーシア人だから、ヒンズー教。食事のとき、左手は
使いません。使うのはトイレでおしりを拭く時。つまり「不浄の手」というわ
け。
だからなのか、私が両手を使って料理をするのが信じられないようす。特にお
にぎりを握ったときは「え〜!!!」とほとんど叫びに近い声。
もういいよ、と思った私。結局自分で持ってきたお湯を注いで食べるインスタ
ント食品と、片手で作った卵料理を食べてました。私にも片手で作る方法をレ
クチャーしてくれたけど、やらないし。でも不思議なもので、ステイがすごく
楽しかったようで、時々手紙をよこし、「あの時は楽しかった。また日本に行
きたい。会いたい。子供は大きくなったか?」など書いてきます。ヒンズー教
のインドネシア人は料理食べてくれたから宗教は関係ないかもね。

悲惨だと思うでしょ?大変だと思うでしょ?でもやっぱりゲストがいなくなる
と、またやりたいと思ってしまうの。やっぱりやめられないわ。次回は楽しい
受け入れの話ね!(ゴジゴジ)

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

   ◆◇愛と美の伝道師◇◆
+−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−+
今日は節分。私から南南東に座る夫の背中にむかって恵方巻きをばくばく食べ
ながら「愛する夫の厄を祓ってくださいね」と祈った愛ある妻な私。さて今回
は色気。

さて、この場で愛と美を論じながら,実は「色気」の無い私、「色気って何だ
ろう」と考えるんでございますよ。仕事仲間の飲み会で酔っぱらった隣の男性
が「○○さんは触れるけどTさん(私)は怖くて触れない」とのたまいました。
気を遣って触る振りをするあたりがよけいに痛い。びしびしその手を払いまく
って赤く腫れさせた私もシャレがきかないわよねえ。「怖い」ってなんだよう
っ。でも、わかる気がするんですわ。(決してセクハラとかそういう事ではな
く。)色気って、ゆるーいところにあるのよね。夫以外の男性には鎧ガンガン
に着てるんでしょうね、私、、、

「色気」。元々色っぽい人っていますよね。たとえは古いですがマリリン・モ
ンロー系の記号で表せるような直球な色気。私の色気と無縁な人生でも、思い
起こせば「匂い立つ色気」を持つ女性が一人だけいました。(めったにいないで
すよね?え、ちがう?私が無縁なだけ?) 彼女は不倫もするしファンの男性も
多かった。しかも偉い人ばかり。まあ、女性には彼女を嫌う人もありましたが、
私は彼女をあっぱれな上げまんとして認めておりました。

しかし元来そんなたっぷりの色気を持たない女性はどうしたら色気が出るのか。
子どもも生んだし今更色気なんていらないわよ、と思う方もいらっしゃるでし
ょうし、似合わないムンムンの色気は気持ち悪くもあります…。でもやっぱり
ね、生き物として心も肌も潤っていた方が、人生が豊かになりそう、栄養がた
まりそうな気がするのね。(乾いた土に一生懸命肥料やっても効果ないですも
のね。)うーん。こうなったら「色気」を「魅力」に置き換えましょう。(あ、
逃げた)多少の似合っている色気はその人を魅力的に見せます。逆に魅力的な人
はぜったいにふとした折にセクシーな一面をかいま見せます。例えば一心にそ
ば粉を練り、旨いそばを作るおやじにもたまらない色香が感じられます。記号
的色気と違って魅力のある素敵な人はすっごくたくさんいます。ってことは、
努力すればそれくらいにはなれるってことですよね。魅力的だとなにがいいか
というと、人生がうまく回ります。だれだって魅力的な人が好きだから。助け
たくなるし味方になりたくなります。

ではでは、「心がうるおう、その人に合った色気が身につく」とは。私自身は
「物事を受け入れるキャパシティを広くする=ゆるい、隙間を作る」「自分の
信じた道を一生懸命生きる」ことによって生まれてくるのではないかなあ、と
思ってます。「そんなこと?」と思っても。結構難しいと思います。相反する
ように思えるこの二つをバランスをとりながら何年も地道に努力。私のまわり
にいるチャーミングな人たちは転んでも擦りむいても問題の壁が立ちはだかっ
てもこの二つがあるから、助けられもするし転んだだけ魅力的になっていって
いるような気がします。

魅力を身につける最大の難関は、自分の生きる道を見いだすこと。これが難し
い。私自身、いつも何かと何かの間で揺れ動いてしまいガツッ!と生き方を決
めることができません。やりたいと思うことがあってもつい、基本的に怠け者
だし人に合わせて遠慮して行動するのをあきらめてしまいます。「子どもがい
るから」とか「家族に迷惑だし」とか。でも、そこが私のストレスのないスタ
ンスですからそのような位置が合っているのかもしれません。そして現実、私
のその方面の色気はばっちり身についているようでうちの子ども二人と夫には
モテモテです… ^_^;)。でも、仕事上の野望はあるのであとの人生そこをゴー
ルにもがいてみましょうか… まあ,道というものは見えてくる時に見えてく
るのでしょうね。性的魅力を超えた(この辺でもうマリリンはあきらめている)
絶対的魅力を身につけチャーミングな女性目指して日々精進いたしましょうネ。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
∴∵∴≪PR≫∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴

「しりけん通信」では購読者を募集中! 読んだ感想も大歓迎です。

シーズリサーチ研究所HPまで。
http://she-s.ciao.jp
e-mail she-s@zd.ciao.jp 
∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

   ◆◇エトワールへの道 3◇◆
+−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−+
 注)エトワール フランス語。パリ・オペラ座バレエ団で最高位のバレリー
         ナさんのことです。
         どっかの洋菓子屋の名前じゃなくってよ。

第3幕 大人バレエだ!

 素晴らしい本を見つけた。
健康ジャーナル社『バレエをやりたい!』と『週末はバレリーナ』
(「大人からのバレエ推進委員会」編・著)
大人になってからバレエを始めたい人に教室の見つけ方から怪我へのアドバイ
ス、発表会への参加、大人のバレエ海外編までがてんこ盛り!特に大人バレエ
にハマッている人の体験談が読み応えあり。子供と一緒に始めたママ、健康の
ために踊りはじめた50代の女性、子供の頃踊っていたが社会人になって再開
したOLさんなどなど年齢も職業も家庭環境も本当に様々な人がバレエに夢中に
なっているのだ。

 どの体験記を読んでも必ず一ヶ所は「そー、そー、そーなんだよー!」とこ
ぶしを握って同意してしまう“ツボ”があるんだよね。私のバレエ熱もついつ
い加速。

この中でジャズダンス上達のためにバレエを46歳になって始めたダンサーワ
タナベさん(男性)は地元のバレエ団「ジゼル」公演のオーディションを受け
合格。「公爵」の役をもらって舞台デビューしたんだそうです。バレエは劇な
ので、舞台の真ん中で踊る主役も大事ですが、踊らないけれどパントマイムで
ストーリーを進める「ジゼルの母親」とか「公爵」もとても大事、というか絶
対必要。こういった役をもらって、プロのダンサーと一緒の舞台に立って一つ
の作品を創っていけるなんていいなぁ。私もチャンスがあったら挑戦してみよ
う!

さらにニューヨークとロンドンの大人のためのバレエ・オープンクラス情報も
ヨダレを垂らしながらチェック!あのアメリカン・バレエ・シアター・スタジ
オでは1995年から大人のためのオープンクラスを開設しているそうです。
出張や海外旅行のついでにオープンクラスに参加する方もいるとか。でへへ〜、
オープンクラス参加のためだけに行っちゃうよ〜、私。
ニューヨークでバレエレッスン〜、いいじゃなーい?

 私は、ここでみんなに宣言しよう!5年以内に「舞台デビュー」と「海外バ
レエレッスン」を実現する!これを目標に生きていきます!で、そのためにい
つでもレッスン、ストレッチ、ポーズ。
歯を磨きながら、台所で大根を煮つつ、職場でコピー機をバー代わりに足は第
1ポジション。(180度開くやつね、私は開かないけど)
 目標のわりにやっていることが地味だが、すべては最初の1歩から、じゃな
い?
それに自分自身が最近とても充実していることに気づいた。子供の成長も嬉し
いし、仕事だっておもしろい。でも、バレエの楽しさはまた格別。できない動
きの方が圧倒的に多いのだけれど、昨日伸びなかった足が今日少しでも伸びる
と「エトワールにまた一歩近づいたわ〜」と一人でニヤニヤ。
エトワールになるには課題山積だが、私はそれをどうやって乗り越えていく
の?まさに主役は私!(ああ、もう突き抜けちゃってるね。もうほっといて。
自分でも制御できない)
 
さて、本格的にはじめるならやっぱり衣装でしょう。
次回は「バレエシューズを買いにいく!」です。ただいまショップを検討中で
す。
と言っても、地方都市じゃ数は少ないですが。バレエショップに行くなんて興
奮して鼻血が出そうです。それでは皆さん、ごきげんよう。 (蚊取り犬)

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

   ◆◇U〜MY もんだィ、こりゃ♪ 番外編◇◆
+−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−+

日々の生活の中で珍しい食材や食べ物に出合うことがあまりない私は、PEN
姐さんの連載を読みながら、へぇ、ほぉと新しい発見をしています。
そんな私が、ずいぶん久しぶりに珍しい食材に出合いました。どうしてもこの
コーナーで紹介したい!と思い、今回はPEN姐さんにこのコーナーを譲って
もらった次第。

さて、私が出合った食材は「フワ」。かわいい名前だけれど、その実態は?
韓国食材の店で、ステーキ肉?でもちょっと違うような、という肉厚なかたま
り肉が90円/gで売られていました。それが「フワ」。豚の肺なのだそう。
「おでんに入れるとおいしいよ」と店のおじさんに勧められ、値段が安いのも
気に入って買ってみました。
翌日、残業で帰りが遅くなることが分かっていたので、同居の義母に「フワで
おでんを作って」とお願いして出勤。フワのおでん、フワのおでんとそりゃも
う1日中楽しみにしてました。
そして、帰宅。すでに他の家族は食事を済ませていました。食卓の上にはグロ
テスクな肉のかたまりが食べ残された皿・・・。「みんな、とても食べられな
いって」。他の家族は、という言い方をしつつ自分も残していた義母。
フワっと、とろけるほどおいしいんじゃないの?一抹の不安を感じながら一口
食べてみたら・・・。うぇ〜っ。ドリフのギャグのように肉を口から出しそう
になりました。なんじゃ、この食感は!?おでん向きと言うから、モツやスジ
のような歯ごたえのある食感と、煮込むことで柔らかくなった肉の旨みを想像
していたので、レバーのような歯ごたえと味に、1日ワクワクしていた気分が、
一気に萎えてしまいました。おでんにレバーはないよな。

そして、残された肉。「いつものおでんの肉がよかった」と娘たち。だろうよ、
私もそう思うよ。韓国食材店のおじさんは韓国人。おじさんとは食の好みが違
ったみたい。韓国人はこの肉をおでんに入れておいしいの?
どうしよう、この肉。捨てるなんてもったいない。でも、このままじゃ誰も食
べない。

そうだ、レバーに近いならレバーとして食べよう。そう思い、甘辛く濃いめの
味付けで煮直してみました。う〜ん、レバーに比べてクセを感じる。でも、お
でんよりはよっぽど食べられる。恐る恐る箸をつけた娘たちも、何とか食べて
くれました。一番喜んだのは義父。「イルカのようで懐かしい」と。イルカと
いうのもまた違う気がするけど、いいや食べてくれれば。

その後、ネットで「フワ」を調べてみると、静岡おでんに欠かせない具だって。
韓国人の好みじゃなくて、静岡人の好みだったの?聞いたことないぞ。おでん
に入れちゃダメでしょ。とパソコンの前で1人唸ってしまいました。
考えてみれば、私の感覚では「おでんはウチで食べるもの」なので、静岡おで
んを外で食べたことがなかった。フワって普通におでんの中に入っているの?
じゃあ、義母が作ったフワ入りおでんは何が間違っていたのだろう?疑問が残
る。
他には、焼きとん(豚肉の串焼き)のメニューにフワがあり、それもおいしい
のだそうです。煮るより焼く方がまだおいしいんじゃないか、という気がしま
す。気がするだけで、メニューにあっても選ばないかもしれません。

ところで、小学6年生の時、生まれて初めてピータンを食べました。横浜中華
街で初めて本格的な中華料理店で食事をした時のこと。すごく大人になったよ
うな気になって、ピータンも食べてみた。お腹をこわしました。それ以来、ピ
ータンは食べていません。
それまで好き嫌いがなかったのですが、嫌いな食べ物を聞かれたらピータンと
答えようと思うようになりました。しかし、嫌いな食べ物を聞かれることはな
かった。また、ピータンが嫌いと言っても、給食で出ることはなかったので、
その後の人生で困ることもありませんでした。

長年、嫌いな食べ物はピータン1つだけだったけれど、今回の出合いで30年
ぶりにもう1つ、「おでんに入っているフワ」を加えるかも。でも、食べ方が
間違っていたのなら、食べ直してみたい。フワのおいしい食べ方を知っている
かたがいたら、ぜひ教えてほしいものです。(のりたまこ)

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

     ◆◇最近はまっていること◇◆
+−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−+

それはスカイプ。
デザイナー兼SEの友人が17年ぶりにアメリカに帰るというので、今後のために
ダウンロードした。要はインターネットを使った電話です。
これが思いのほか便利だし、楽しい。
通常の電話ほどは技術が完成していないのか、音声に多少のノイズがはいった
り聞き取りにくかったりすることもある。でも最近のパソコンはマイクはもち
ろんカメラ付きのものも多いから、ライブカメラで相手の様子が見えたりして
それもまたおもしろい。
今までその半分アメリカ人の友人とはよほどの用事がない限り電話をするよう
なことはなかったけど、スカイプならする。
PCの操作で細かいこと聞いたり、17年ぶりのアメリカはどうだ?などといって
からかったり・・・。

先日は会社の本社と営業所すべてにIP電話を導入ませんかという営業があり、
すでに申込書を書く寸前だった。でもよくよく考えてみれば、電話するときに
はほとんどが各自PCの前から。
受話器持って電話するより、スカイプでマイクに向かって話した方が便利。
IP電話断った。

スカイプなら

で、このURL開けてみてよ。このサイトでさ〜・・・

な〜んて、こともできる。

兼高かおる世界の旅は何年前だっけ?
子ども心にガイコクってすごいところだな〜なんて思っていたのに、今ではタ
ダで地球の反対側にいる相手の様子も見られるし話しもできる。
地球は小さくなったのだ。

*スカイプをダウンロードしたい方は検索画面で
skype
と入れてください。
スポンサーサイトにいくと自分のマシンにあったダウンロードページが現れま
す。
ちなみにお試し通話はイギリスにつながります。(まー)

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

あとがき

インフルエンザが先月くらいからはやっていますよね。
もうピークは過ぎたようですが、まだまだ油断出来ないですよね。

薬局では風邪薬と共に花粉対策グッズがたくさん並んでいます。
例年医者に行くほどではないですが、花粉症になる我が家。
そろそろ鼻がグズグズいい始めているので、早速マスクとミント系の飴を購入
しました。
この時期、カバンにいつでも飴が入っています〜

次号は3月5日ごろ発行です。
次回もお楽しみに!!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-05-15  
最終発行日:  
発行周期:月一回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。