名言

しもさんの「気になる一言」

私の琴線に触れた何気ない一言をメルマガとして毎日配信します。

全て表示する >

[No.6338]何かが壊れ元へ戻れなくなった。これこそ革命なのかも

2019/02/24

2019年02月24日(日) 何かが壊れ元へ戻れなくなった。これこそ革命なのかも

映画「グッバイ・ゴダール!」(ミシェル・アザナビシウス監督)から。
冒頭、ゴダールの賛辞が文字となって飛び込んでくる。
「ジャン=リュック・ゴダール。映画の概念を変えた男だ。
野放しの独創性が放つ魅力。予期せぬおかしさで裏をかく。
物語をずらして政治を語る面白さ。つまり若さと自由だ。」と。
そのゴダールがのめり込んでいった「革命」がテーマとなっている。
日常の生活の中でラジオから流れるのは、革命的な潜水艦の情報は、
「『戦慄号』は穏やかな航行と力強さを兼ね備えます。
静寂の戦いこそが『戦慄号』の特徴と言えるでしょう。
これぞ『戦慄号』の暮らしなり」という意味ありげなフレーズ。
さらに「革命」に対する表現が、所々に散りばめられているのも気になる。
「いいかい、革命は靴と同じ。
左と右があるから・・裸足で歩きたくなる」
「フランスもそうなるさ」「そうかな」「便を出せば、胃も軽くなる」
「学生運動の『運動』こそが重要だ、『学生』ではない」
「何かが壊れ元へ戻れなくなった。これこそ革命なのかも」
そして、最後に「これぞ『戦慄号』の末路なり」のフレーズが現れる。
『戦慄号』(静寂の戦い)イコール「革命」ということなのか。
私には、ちょっと難しいテーマだったかもなぁ。(汗) 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎日の日常生活から、私のアンテナにひっかかった言葉をご紹介します。

********************しもさんの気になる一言************************
発行者… しもさん
「気になる一言」 http://www.enpitu.ne.jp/usr4/40832/diary.html
配信システム  melma!( http://melma.com/ )
御意見・お問合せ shimo357@yahoo.co.jp

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-11-06  
最終発行日:  
発行周期:毎日発行  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。