名言

しもさんの「気になる一言」

私の琴線に触れた何気ない一言をメルマガとして毎日配信します。

全て表示する >

[No.5915]「私」は本の友人、というあり方です

2017/12/29

2017年12月28日(木) 「私」は本の友人、というあり方です

書籍「読書からはじまる」(長田弘著・NHK出版刊・201頁)から。
以前「友人としての本」という表現を紹介したら、
読者からの反応が大きかったので、懲りずに続けたい。
著者の視点は「私」が「本」を友人と定義するのではなく、
「本」が「私」を友人として加えてくれるか、にある気がした。
「正月がくるたび、ある本を読むと決める。
それだけでも、心の置きどころができるのが本です」
「読書というのは『私』を探している本に出会うという経験です。
どんなときも、わたしたちにとって、未知の親しい友人である本。
のぞむべきは、本は『私』の友人、というあり方でなく、
『私』は本の友人、というあり方です。」
そんなことどちらでもいいんじゃないの?と思うかもしれない。
いやいや、感覚の問題なのかもしれないが、
このニュアンスは、僅かながら違うと理解している。
私のボキャブラリーが少なく、うまく説明できないが、
相手から「友人」と認めてもらえる感覚は、
自分が「あいつは俺の友人」と決めるよりも嬉しいはず。
誰か、この感覚の違い、説明してくれないかなぁ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎日の日常生活から、私のアンテナにひっかかった言葉をご紹介します。

********************しもさんの気になる一言************************
発行者… しもさん
「気になる一言」 http://www.enpitu.ne.jp/usr4/40832/diary.html
配信システム  melma!( http://melma.com/ )
御意見・お問合せ shimo357@yahoo.co.jp

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-11-06  
最終発行日:  
発行周期:毎日発行  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。