名言

しもさんの「気になる一言」

私の琴線に触れた何気ない一言をメルマガとして毎日配信します。

全て表示する >

[No.5845]三成はかみそりであっても、鉈や斧ではないのだ

2017/10/19

2017年10月19日(木) 三成はかみそりであっても、鉈や斧ではないのだ

書籍「関ヶ原(中)」(司馬遼太郎著・新潮文庫刊・538頁)から。
「(大阪にいる東軍の大名たちの)人質をおさえるおさえぬかで、
この戦いの勝負が決まる」と、石田三成は考えた。
しかし、人質であった細川忠興の妻、細川ガラシャが自害した報を耳にして、
その作戦が「愚であることをみずからさとった」として、
「気がつけば、すぐ転換することだ」と、人質作戦を中止した。
その時の判断を、作者は表現している。(信長・秀吉なら)
「とった以上は、その間、細川夫人のような事態がぽつぽつしても、
おどろかなかったにちがいない。
無視し、黙殺し、あくまでもその政策を推しとおし、すくなくとも、
『驚いて中止する』というようなことはなかったであろう。
智謀は、あるいは治部少輔様のほうがすぐれているのかもしれないが、
そこがちがうのだ。やはり器量のちがい、というほかないかもしれない。
刃物でいえば、三成はかみそりであっても、鉈や斧ではないのだ。
鉈や斧ならば、巨木を伐り倒して、どのような大建築を作事することができるが、
かみそりはいくら切れても、所詮はひげをそるだけの用しかできない」
厳しい言い方だが、非常にわかりやすい。
大将には「泰然自若」としていて欲しいのは、いつの世も同じである。 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎日の日常生活から、私のアンテナにひっかかった言葉をご紹介します。

********************しもさんの気になる一言************************
発行者… しもさん
「気になる一言」 http://www.enpitu.ne.jp/usr4/40832/diary.html
配信システム  melma!( http://melma.com/ )
御意見・お問合せ shimo357@yahoo.co.jp

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-11-06  
最終発行日:  
発行周期:毎日発行  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。