名言

しもさんの「気になる一言」

私の琴線に触れた何気ない一言をメルマガとして毎日配信します。

全て表示する >

[No.5805]普段着の芸から、時には余所行きの芸へ

2017/09/10

2017年09月10日(日) 普段着の芸から、時には余所行きの芸へ

二つ目の頃から応援している、沼津市出身の噺家(落語家)、
三遊亭橘也改め「三遊亭朝橘真打昇進披露興行」が
沼津文化センター(大ホール)1500人超満員で開催された。
三遊亭圓橘、三遊亭鳳楽、三遊亭好楽、三遊亭円楽など、
お馴染みの師匠たちが顔を揃え、華やいだ興行となった。
特に楽しかったのは、仲入り後の「真打昇進披露口上」、
兄弟子や師匠たちの口上は、彼を励ます言葉に溢れていた。
中でも、直属の上司(笑)、三遊亭圓橘師匠の口上は、
真打としての心構えを、短いフレーズで表現してくれた。
(間違ってたら、ごめんなさい・・(汗))
真打になったからには、二つ目とは違い、
「普段着の芸から、時には余所行きの芸へ」と。
もちろん観客の私たちにはわかりにくい芸の世界だけど、
私たちの会社員にも通じる考え方ではないか、とメモをした。
真打といえば、会社の管理職に相当するのだから、
出席する会議も、紹介される人も、今までとは違ってくる。
時には、慣れない挨拶や、判断・行動もしなくてはならない、
その自覚こそが、管理職として成長するコツですよ、
そう言われたような気がして、一言に採用した。
あっという間の3時間、1500人の笑いの渦に包まれたが、
「大切なのは、真打になってからのこれから」
「真打はゴールではなく、スタート」という言葉を、
支える私たちの心構えとして、応援を続けていこうと思う。 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎日の日常生活から、私のアンテナにひっかかった言葉をご紹介します。

********************しもさんの気になる一言************************
発行者… しもさん
「気になる一言」 http://www.enpitu.ne.jp/usr4/40832/diary.html
配信システム  melma!( http://melma.com/ )
御意見・お問合せ shimo357@yahoo.co.jp
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-11-06  
最終発行日:  
発行周期:毎日発行  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。