名言

しもさんの「気になる一言」

私の琴線に触れた何気ない一言をメルマガとして毎日配信します。

全て表示する >

[No.5665]たちまち縮んで豆粒のピストルになった

2017/04/23

2017年04月23日(日) たちまち縮んで豆粒のピストルになった

書籍「詩集 故郷への水へのメッセージ」
(大岡信著・花神社刊・141頁)から。
先日他界した詩人、大岡信さんの作品を読み直していたら、
面白い視点を幾つか見つけた。
機会あれば、1つずつ紹介したい。
まずは「産卵せよ富士。」という詩、の一部。
「(5) 小浜池にも柿田川(かきだがわ)にも、
鮠(はや)・丸太・鮎のきらめき
きみの流れで泳ぐとき
ぼくらのふくらんだちんぽこも
たちまち縮んで豆粒のピストルになった」とある。
「ちんちん」ではなく「ちんぽこ」というのがいい。
それに、冷たい川に入り、たちまち縮む「ちんぽこ」の
表現がたまらなく可笑しいが、
こればかりは、体験した人でなくてはわからないな、と
大先生なのに、妙に親近感を覚えてしまった。(汗)
私たちも小さい頃、裸で柿田川に入ると、唇が紫色になったし、
ウィンナーソーゼージのように縮んだことを覚えている。(笑)
「きれい」より「冷たい」で思い出される柿田川である。

P.S.
何度も確認したが、ルビは「かきだがわ」だった。
いつから「かきたがわ」になったんだろうか。
調べてみよ〜っと。 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎日の日常生活から、私のアンテナにひっかかった言葉をご紹介します。

********************しもさんの気になる一言************************
発行者… しもさん
「気になる一言」 http://www.enpitu.ne.jp/usr4/40832/diary.html
配信システム  melma!( http://melma.com/ )
御意見・お問合せ shimo357@yahoo.co.jp

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-11-06  
最終発行日:  
発行周期:毎日発行  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。