名言

しもさんの「気になる一言」

私の琴線に触れた何気ない一言をメルマガとして毎日配信します。

全て表示する >

[No.5658]知ってる者には、責任がある

2017/04/16

2017年04月16日(日) 知ってる者には、責任がある

映画「僕のうしろに道はできる 奇跡が奇跡でなくなる日に向かって」
(岩崎靖子監督)から。
「ドキュメンタリー映画」の宿命で、評価が分かれるに違いない。
主人公・宮田俊也さんの入院生活を通して、彼の頑張っている姿に感動し、
なんでも諦めずに、続けることを学んだ人は、それを実践すればいい。
もう1人の主人公、養護学校教諭の山元加津子さんの熱心な介護と、
どんな状況の人でも、意識がある限り、想いは伝わるという信念を持ち、
そのことを知りながら、伝えなかった私が悪かった、と全国を講演している、
彼女の強い想いに、揺れ動かされて、行動するのもいい。
いや、彼のあんな姿を見るのは辛い・・と、予告編を見ながら、
本作は見ないという選択した人も、それはそれであり、だと思う。
私は好奇心旺盛だから観たけれど、観ない人を責める気にもならない。
こういった「ドキュメンタリー映画」は、作品を観ることにより、
何かを感じ、翌日からの行動が変わる人がいる。
それが、このジャンルの映画の醍醐味ではないだろうか。
ただ、これは絶対、伝えなくちゃいけない、広めなければいけない、と気負い、
強要するものでもないからこそ、難しいとも言える。
私にできることは「知ってる者には、責任がある」という、かっこちゃんと、
それを支えようとしている「自主上映会」を開催してくれた人たちを応援すること、
言い換えれば「支えようとしている人を支える人」になりたい。
「籠に乗る人、担ぐ人、そのまた草鞋(わらじ)を作る人」という言葉があるが、
まさしくその「草履を作る人」になりたいと思う。
もしかしたら、その草鞋を作る人を支える誰かでもいいかなぁ。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎日の日常生活から、私のアンテナにひっかかった言葉をご紹介します。

********************しもさんの気になる一言************************
発行者… しもさん
「気になる一言」 http://www.enpitu.ne.jp/usr4/40832/diary.html
配信システム  melma!( http://melma.com/ )
御意見・お問合せ shimo357@yahoo.co.jp

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-11-06  
最終発行日:  
発行周期:毎日発行  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。