名言

しもさんの「気になる一言」

私の琴線に触れた何気ない一言をメルマガとして毎日配信します。

全て表示する >

[No.5620]古ごろも ここに納めて 天翔けん

2017/03/09

2017年03月09日(木) 古ごろも ここに納めて 天翔けん

お世話になった沼津に住む伯母が他界したため、
昨日の通夜から、本日の本葬、告別式、火葬まで参列し、
亡骸に「お疲れ様でした」と声を掛けた。
さて今回の話題は、火葬を待つ間に斎場周辺を歩いていたら、
隣接する市営墓地に、作家であり、沼津市名誉市民でもある、
芹沢光治良先生の墓を見つけた。
「芹沢光治良・その家族の墓」と書かれた墓碑には、
「古ごろも ここに納めて 天翔けん
一九八二年 八十五翁 光治良」と彫られていて、写メに収めた。
帰宅後、ネットで調べたが、実はその解説は見つからない。
「古ごろも」は「古衣」だろうから、その人の辿った人生、
歴史みたいなものだろうと想像がつくので、
流れから考えると「人間として生きた歴史を、この墓に納骨し、
天に飛翔(飛び立つ)」というような意味だろうか。
実は、この「天翔」が気になっていたのは、ちょっぴり訳がある。
地元の「なんすん農協」が運営する葬祭ホール名が「天翔苑」、
この芹沢光治良氏の墓碑から、名前をいただいたとなれば、
粋な計らいだなぁ、と感じたから。
今度「天翔苑」の関係者に、名前の謂れ、尋ねてみようかな。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎日の日常生活から、私のアンテナにひっかかった言葉をご紹介します。

********************しもさんの気になる一言************************
発行者… しもさん
「気になる一言」 http://www.enpitu.ne.jp/usr4/40832/diary.html
配信システム  melma!( http://melma.com/ )
御意見・お問合せ shimo357@yahoo.co.jp

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-11-06  
最終発行日:  
発行周期:毎日発行  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。