トップ > ライフスタイル > 生活の知恵 > キリスト教案内マガジン「愛の道」

キリスト教案内マガジン「愛の道」

RSS

 プロテスタント・キリスト教会の引退牧師が発行するマガジンです。教会に行ったことがない皆様や、信仰暦の新しい皆様にも、聖書の信仰と文化、教会の様子などを、楽しく、分かりやすくお伝えして、キリスト教入門の役目を果たしたいと願っています。 ご感想、ご希望をお寄せ下さい。



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


メルマガ情報

最終発行日:
2016-12-01
発行部数:
116
総発行部数:
11033
創刊日:
2003-10-01
発行周期:
月一回発行
Score!:
96点

最新のコメント

  1. 結婚は、愛の学校。という言葉はとてもよいですね。世間では、忍耐。とかマイナスな言葉が使われがちですが、愛の学校
    の方が良いです!

     2015/7/1 このコメントがついた記事>>

  2. 高齢にも拘わらず、毎月の発行に対する情熱に敬意を表します。

     2014/8/6 このコメントがついた記事>>

  3. クリスマスについての解説で、アメリカの商業主義・・等書かれていたことは遺憾でした。私が住んでいたアメリカではクリスマスは厳かに、静かに、救い主イエス様の誕生を祝うものだったからです。恋人の祭典化している日本の商業的クリスマスとは違い、教会と家庭で信仰をもってクリスマスを祝う姿に、これが本当のクリスマスだと感動したものです。

     2013/12/2 このコメントがついた記事>>

  4. 毎月1回の発行は、かなりの労力と頭脳を要すると思いますが、それを実行していることに、敬意を表します。

     2013/9/7 このコメントがついた記事>>

  5. 最近、身近な人が次々亡くなり、病気の人も多く、死について考えさせられる日々を送る中、今日のメッセージを読んで、改めてキリストにある死の希望、安らぎを教えて頂いて、心の中に光が注がれるようでした。感謝いたします。

     2013/9/2 このコメントがついた記事>>

  6. 愛の教え、圧巻でした。特に、「神の愛は、父の愛です。そう考えると、罪びとのために独り子を犠牲に差し出した父の心も、父の御心を理解して、自らを犠牲に捧げた御子キリストの心も分かる」というところに感動しました。

     2013/7/2 このコメントがついた記事>>

  7. 一方日本人キリスト者は、すべての人の中に仏性があるという仏教徒から学ん
    で、一人一人の人の中に「神様の像」を見て、敬う心をもっと養うべきです。
    人が死んでから手を合わせるのでなく、生きているうちに、本当に尊び、敬う
    宗教伝統を、キリスト者は身に付け、表していかなければなりません。←主人の両親と同居している身として考えさせられますした。心から敬意をもって愛することの難しさを痛感しております。

     2012/7/2 このコメントがついた記事>>

  8. プリントアウトして読み返します。
    聖書の成り立ちをまた感謝して覚えました。異教徒との関係には納得しました。
    一日になかったので心配しましたが、安心しました。

     2011/10/29 このコメントがついた記事>>

  9. 今月も「愛の道」をありがとうございます。上田通信もまた楽しみの一つです。

     2011/5/2 このコメントがついた記事>>

  10. 読むと、いつも聖い光を浴びているような心地良さを感じます。伝道のための参考にもなります。感謝。替え歌の素朴な信仰の証にも感動しました(*^。^*)いつも、本当にありがとうございます。

     2010/11/4 このコメントがついた記事>>

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. 毎日の聖書

    最終発行日:
    2016/12/02
    読者数:
    423人

    聖書のことばには、神様の力があります。 あなたを慰め、励まし、支え、力づけます。 祝福された豊かな人生を得るために、どうぞ、毎日、聖書のことばに触れてください。

  2. 成長するクリスチャン

    最終発行日:
    2016/10/09
    読者数:
    271人

    子供の成長を願わない親はいませんね。同じように神様は、その子となったクリスチャンが、聖書の全てのみ言葉を栄養にして、大人に成長するように願っておられます。これは成長なさりたいクリスチャンのための励ましのメ−ルマガジン です。

  3. 賢者の道

    最終発行日:
    2016/11/30
    読者数:
    140人

    日本の失われた20年。明るい兆しが見え始めたとはいえ、実感できるまでには、時間がかかりそうです。複雑化した現代社会で生き残るためには、「知恵」が必要です。古代イスラエルの歴史、賢者の知恵=「聖書の教え」をご一緒に学びたいと思います。どうぞ、お楽しみに!

  4. クリスチャン・ライフ

    最終発行日:
    2016/08/28
    読者数:
    34人

    クリスチャンライフとは、現代の私たちが忘れている本来の生活様式です。牧師の話、菜食の話、子育ての話、健康管理の話など、日常の生活の中で役に立つ記事をお届けいたします。きっとあなたの人生が変わりますよ

  5. 【使命・天職】【ビジョン】に導く【神の愛】!

    最終発行日:
    2016/11/23
    読者数:
    50人

    青年よ大志を抱け!【聖書】を通じて【神の愛】を学び、自分の心に抱く【ビジョン:理想・夢・志】に【ミッション:使命・天職】を発見し<不屈の楽天主義・楽観論>の【パッション:受難覚悟の情熱・熱望・気迫】で前進することを総合的に支援します!

発行者プロフィール

タック

タック

http://www.calvin.org/nagano/

日本キリスト改革派教会引退牧師。自然科学、文学、諸宗教、日本文化、歴史、障碍者福祉、児童福祉などに関心を持ち学ぶ。改革派信仰の中に、救いの確信と諸学問の調和、愛の実践原理を見出す。生涯地方都市での伝道、精神障碍者、児童福祉のボランティア活動、フィリピンの学校援助などに努力。

過去の発行記事